ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学とukka(ex:桜エビ~ず)について書いています。

見ました「シン・EVERYTHING POINT 1/2」

仕事が午前まで続いたこの日、ちゅうおん2021*1 のdisc3、「シン・EVERYTHING POINT 1/2」をやっと見ることができました。
今回も発売日から日数が経っていません*2ので、ネタバレを回避したい方は以下の内容は読まないようにしていただければと思います。何卒よろしくお願い申し上げます。

今回は安本彩花を欠いたまま行われた6人体制の最後のツアー*3から、新メンバーの加入、安本彩花の復帰、そして新メンバーのステージデビュー戦であるファミえん*4に向かう、今回は主に新メンバーのレッスンを軸にしたドキュメンタリーで今回も監督は近藤キネオ氏だよね。

この「シン・EVERYTHING POINT 1/2」では、激動の2021年から夏までを切り取った前半戦になります。

2020年のツアーは延期に延期を重ねた結果、全公演払い戻しで中止となりましたが、今年(2021年)は6公演とコンパクトながら全国を回る形で行われた春のツアーからスタートして、年始から募集していた新メンバーのオーディションを経て5/5*5の配信ライブでの加入発表から、ファミえんを目指してレッスンを始める新メンバーと久々の合流となった安本さん(4月に悪性リンパ腫からの寛解を発表)を含めたレッスンでは柏木さんが振り写しをしていく様子であったりとか、教育係のかほりこも一緒にレッスンする姿も収められます。

新メンバーの発表の配信が終ったところで会場に来ていた安本さんもステージに上がって挨拶と写真撮影(後に公開される写真ですが、当時は会場に安本さんが来ていることは発表されていませんでした)等をしている場面も見ることが出来ました。

新メンバーがファミえんで披露する20曲以上のレッスンを続ける間、6人はFIRST TAKEのリハーサルをしたり。

www.youtube.com

新メンバーのボイトレとレコーディング(イヤフォン・ライオット)、夏に向けての準備が進んで行けばいくほど、その先の現実を知っている私は切ない気持ちになって行った気がします。目指して進むファミえんはコロナ禍に飲み込まれて中止になってしまいます。あの呼吸のしにくいマスク姿で準備を進めていたのに。(良いことではないと思いますが、呼吸を確保する為にマスクに隙間を空けて肩で息をしている場面などもあるので、大変だったよなと思います)

www.youtube.com

そして夏、(結果的に2年連続で)中止になった夏のファミリー遠足ことファミえんの代わりに配信された「ファミえん28h」*6の最後に本来だったらライブをしていた時間に会場となる予定だった横浜赤レンガで9人体制で初めての楽曲「イヤフォン・ライオット」を踊るという場面から、その後の安本さん復帰戦で新メンバーのデビューとなった@JAM*7、りこちゃん不在の@JAMの「イヤフォン・ライオット」から、そのまま9人揃ったレッスンの「イヤフォン・ライオット」に流れて終わるという構成。完璧な繋ぎで最高だったのではないでしょうか。レッスン風景を見ていて、凄く久しぶりに「4」の数字が踊っているのを見たなと思いましたね。*8
1/2の終盤は、ファミえんが出来なかった赤レンガでちゅうおんの開催を発表して、実現しなかった夏から、実現させたい秋に向かって行くという流れで終了、そして2/2へという感じ。

これまでのEPはツアードキュメンタリー*9なので、ツアーで訪れた各地での食事シーンが多く収録されていましたが、今回はツアードキュメンタリーではないし、主にレッスン風景を追っているので、レッスンスタジオで車座になって弁当を食べる場面が何度か挟まれていて、やっぱり食事のシーンは欠かせないなと思いました。透明プラの弁当箱に詰まった白米がなかなかいい雰囲気を出している。

作品序盤の6Voicesで各会場で披露された各メンバーのコメントや手紙でしたが、その中でも感情的な言葉にならないようにか、柏木さんは書いてきたものを読んでいました。今回の新メンバーの追加に関して、6人になった時に新メンバーを入れないでやりたいということを言ったというのが独り歩きしていて、今回も不満があるんじゃないかみたいな雰囲気がありましたね。その時したかったチャレンジ、新しいメンバーが入る事への期待等を語る場面がありました。でも、これって当時に出してあげた方が良かったんじゃないかなという風には思いました。実際は私は観に行けていない公演*10ですし、これ超重要な場面じゃないですか?と思いました。オーディションの結果発表前のタイミングでしたし。約3年間背負わされて来たものがやっと下ろせたという感じだったのかな。

それとやっぱり基本的にマスクをしているシーンがほとんどで、これから世界がどうなっていくのか分かりませんが、これが2020~2021の世界として時代性を帯びた映像になるのかなという風に思ったりもしました。というか、そういう映像になってほしいなという願望も含めてですが。

最後にもレッスン上で車座になってうどんを食べているカットが入って終わる、EPの美しい終わり方だなと思いました。
続きは来年*11、楽しみに待ちたいと思います。*12

www.youtube.com

*1:エビ中 秋声と螻蛄と音楽の輝き 題して「ちゅうおん」2021

*2:到着が12/21(フラゲ日)、見たのが12/22(発売日)の深夜、これを書いているのが12/24、修正してアップしてるのが日付変わって12/26になってしまいました

*3:私立恵比寿中学 Best at the moment series「6Voices」

*4:毎夏の恒例行事、夏のファミリー遠足

*5:メジャーデビュー記念日

*6:ファミえんの予定されていた日程をブチ抜いて配信された28時間連続配信

*7:中山莉子休演で9人揃わず

*8:全くの個人的な話になりますが、BDを再生していたPS3が元々調子悪かったんですが、いよいよダメな様子で@JAMのチャプターの途中から再生が出来なくなっていて最後が見れなかったので途中まで書いていて、最後の方が思い出せないんだけど寝落ちしてたのかなと思ったら、寝落ちもしてましたが再生もされていませんでした(再生が止まっているのに気づかず寝落ちしていましたが、再度再生したらそこで止まったので、そういうことかと分かりました)さっきやっとPS4で見れたので良かったです

*9:EP劇場版3を除く

*10:4/3福岡

*11:2022年

*12:ちなみにMOVEの大宮公演を新メンバーが見に来てた映像とか無かったなとか、オーディションは映像にまとまらないんだなとか思ったところはありました