ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学について書いています。

思ったことを雑に書きます

2017年2月8日以降っていうのは、
自分が思い描いていた未来とはかけ離れていっている
っていうのは動かしがたい事実で、
自分がそれを受け入れられないのかっていうと、
今はちょっと環境的*1に難しいと感じてはいますが、
結局それは時間が解決するものなのかなとは思っているし
薄情だと思われるかも知れませんが、
人間てそういうものじゃない?っていう所まで
行きついてしまいました。

そこで今感じていることは、
全ての物事には終わりがあるという極めて普通のことです。
永遠なんていうものは存在しないし、
終わりはいつ、どんな風に来るのか分かりません。
もしかしたら突然来るのかも知れません。

ここで可能性のひとつとして遠くない将来、
私立恵比寿中学が終わる」ということが
避けられなくなったことに気が付いてしまったんですね。

アイドルとファンっていうのはどこかチキンレースのようなもので、
どちらかがドロップアウトすることで関係が終わる(薄れる)、
決着がついて過去になって行くということは間違いないと思っています。

やはり永遠なんてものはないので、それはそれで仕方ないし、
自分自身が距離を取っていくことになるかもしれないという
可能性は常にはらんでいると思っています。

そんな中で、エビ中に対しては、
運動体としての面白さみたいなものだったり、
藤井校長とゆかいな仲間たちのやることを見続けたいな
っていう感覚になっていました。

そこに存在するメンバーというのが、
その大きな要因ではあるという前提ですが。

私立恵比寿中学は形を変え続けるグループ」である
ということを、いつの日にか自分に都合よく忘れて、
(状況的に)もうメンバーチェンジはないんだろうな、
と思っていると、簡単に足をすくわれるという出来事が起こって、
それを思い出すということを繰り返してきていました。

そして、それはいつも突然に来るし、
今回もそういうことではありました。

ただ「そういうこと」では流しきれない、
考えうる一番キツい内容が起こってしまったので……。

この流れの中で、もう転入はないんだろうなという空気を感じて、
結果的に緩やかに終焉へと向かっていくんだろうなって
思ってしまったことで、ああこの時間は長くは続かないんだな……って。

まあこれはただの可能性なんで、
もっともっと続いていくのかも知れませんが。

実際、真山さんが転校するときがそういう時かなって、
もう何年もうっすら思い続けてきながら、それがいつになっても
グループは残るんだろうし、どういう気持ちで見るのかな?
そもそも見るのかな?みたいなことを考えたり、忘れたりしてきましたが、
期限が見えた(と感じた)時から、どういう距離感をとっていけばいいのか
分からなくなっちゃったなっていう。

ただ「この瞬間を楽しもう」って思ったところで、
着席指定席から立ち上がろうとは思わないですし、
ツアー全通だ!ともなりませんし、なれませんので、
どっちみち、そんなに変りはしないんですが。
こちらの気持ちの問題というかなんというか。

結局は今まで通りの熱量では見るとは思いますが、
想像力を現実が追い越している今の距離感が、
縮まるのか、さらに離れていってしまうのかは分からないなって。

とはいえ、手元にあるツアーのチケットはオーラスの1枚だけなんで、
この目で現実を見るのは数か月後になっちゃうんですよね。

最近よく思うんですが、自分が離れた場所が
酷いことになればいいなって思うことってやっぱり稀で、
多くの場合は「そちらはそちらで楽しくやっていってほしいな」って
思って暮らしています。

たまに酷い目にあえばいいのにって思わないこともないですが。

「つまんなくなった=自分に合わなくなった」っていうだけだと思うし、
今この瞬間が最高って思っている人も否定できないから、
どうにもならなくなって、(悪い意味で)消えたりしなければいいなって。

自分好みに変えることなんてできないんだから、
嫌いにならない距離感を保つことも大事なんじゃない?っていう風に、
自分が好きだったものには特にそう思っています。

*1:過去に収録したものを見ると引き戻されて、どうしてこうなった?って相変わらず思ってしまっているので、まだまま時間がかかりそうだなっていう風には思っています