ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学について書いています。

チャイム!

このCDが出る頃といえば、
開催されるほとんどのイベントを見に行く感じになっていました。

それは基本的には隔週で週末の都内で開催という、
こちらにあまり無理がなく単純に見に行きやすかったことも
あったと思います。

ただ、1枚目の「えびぞりダイアモンド‼」は傑作でしたし、
当時のカバー曲も良かったですし、イベント楽しかったんですよね。
そもそも「なにがなんでも」が聴きたくて観に行き始めているわけですし。
momoちゃん*1とか、みにちあベアーズとのイベント*2も多かったですし。

この曲の披露と前後して、宇野ちゃん*3の転校と柏木さん*4の転入がありました。
ここでメジャーデビュー期までのメンバーが揃います。

2010年末頃のイベントでは、この曲をやるときだけ
柏木さんがステージに上がって、宇野ちゃんが外れる、
既存曲*5はその逆という感じになっていました。

「チャイム!」は「えびぞりダイアモンド‼」と同様に、
全員にパートがあるわけではなく、主に当時の歌えるメンバーが歌う
パート割りになっています。

安本さんの歌い出しから始まるこの曲は、
なになん・えびぞりまでには感じなかった普遍性であったりとか
なんでしょうか、カップリングの「どしゃぶりリグレット」と合わせて、
このグループだったらなんでもできるんじゃないか*6
みたいな気分になって、一気に視界が開けた気持ちになった曲です。

この後に続くシングルがティッシュ*7で、
正直「うーん」となりましたが、そのまま見続けていられたのは、
この曲の存在があったからだと思っています。*8

当時の3B事情というかこの曲の印象の背景として、
ももパン*9→未来*10でイマイチハネなかったももクロが、
怪盗*11でアイドル史を更新*12していた頃、同じ作家*13のえびぞりで狭い範囲ながらも
話題になっていたところで出したこの曲が、どストレートで、
「この人たち*14こういうこと*15もするんだな!」って思っていた気がします。*16

これが戦略だったのかなんだったのか、私には何も分かりませんが、
この時点で、えびぞり、チャイム、どしゃぶり、とハズレがなかった事は
今だに見ている理由のひとつでは確実にあるなと思っています。

加入当時の柏木さんのイメージはどしゃぶりに譲るとして、
転校間際の宇野ちゃんのイメージも強いですし、
宇野ちゃんを失うエビ中

鏡の前で 今日も願う「昨日より強くなれますように」
いつもの靴を履いたら また右足から 一歩 踏み出そう

って歌うの、凄くないですか?本当に中学生ばっかりのエビ中がですよ?

個人的には初めて経験した転校だったので、
余計に強く記憶に残っているところはあるかと思いますが、
私にとっての「チャイム!」はそんな曲です。

----
チャイム!
作詞:MIZUE
作曲:すみだしんや*17
収録:チャイム!/どしゃぶりリグレット(M01)
発売:2011年1月10日
型番:SDMC-0018
※両A面(チャイム!/どしゃぶりリグレット)
※2018年6月現在絶版「エビ中の絶盤ベスト~おわらない青春~」に収録
----

*1:川上桃子(現 唯月ふうか

*2:所謂スタフェス

*3:宇野愛海 20101123転校発表、20110110転校

*4:20101123のエンディングに登場・転入

*5:えびぞりを含む、それまでイベントで歌っていた曲という意味です

*6:色んなことが出来そうだな、くらいの意味です

*7:ザ・ティッシュ~とまらない青春~

*8:アンセムであるところの「エビ中一週間」がカップリングにあったのも大きいです

*9:ももいろパンチ

*10:未来へススメ

*11:行くぜ!怪盗少女

*12:有名なフレーズ

*13:前山田健一/ヒャダイン

*14:スタダの大人たち

*15:トリッキーじゃない曲を盤にして出す

*16:実際にはももクロの「ピンキージョーンズ」発売後なので、余計にトリッキーなイメージになっていました

*17:ちなみに、エビ中でもお馴染みの3BJr「また明日」、後にAKB48フライングゲット」、乃木坂46インフルエンサー」の作曲をする方