読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

なにがなんでも(エビ中ver.)

エビ中の初音源になります、
インディーズカバーシングル「朝のチャイムがなりました」収録の曲、
桜っ子クラブさくら組のカバーで歌詞のちょっと大人っぽい部分や、
時代的に合わなくなったところが書き換えられています。
(それでタイトルが「エビ中ver.」ということになっています)

エビ中を初めて見た時にやっていたのがこの曲でした。

この「なにがなんでも」曲自体は記憶にありましたが、
桜っ子クラブにそれほど興味がなかったので、
歌詞のどの辺が変わってるのかを初めて確認しました。

彼との別れ話エピソードが星占いに変わっていたり、
3度目のデートで起こったことがだいぶ違っていたりしますね。
そもそも高校生くらいのメンバーがちょっと背伸びして歌っていた歌詞を
(当時)小学生含むメンバーで歌うにはさすがにってところでしょうね。

あとは電話ボックスのくだりがカラオケボックスに変わっていたり、
消すに消せない伝言ダイアル?のメッセージが携帯のアドレスに変わっています。

カラオケボックスで携帯握りながら歌うって何だよと思っていましたが、
ここは変更された歌詞なんですね。それなら仕方ないか。

この曲はメンバーチェンジが激しい時代によくやられていたということもあり、
時期によってパートが結構変わってた気がします。

結局はこの曲を見て聴いたことでエビ中に興味を持ったので、たまに見れると嬉しいですね。
ステージの上下に分かれて向かい合って歩き出すイントロの動きも良いです。
はじめて見たイベントの後に結構長い期間、フトした時に鼻歌で歌ってました。

個人的には「アドレス消せないとりあえずつなぎとめなくちゃ」の
宇野愛海さんのイメージが強い曲です。*1

        • -

なにがなんでも(エビ中ver.)
作詞:川島だりあ
作曲:織田哲郎
編曲:寺尾広*2
収録:朝のチャイムがなりました!(M01)
発売:2010年2月14日
型番:SDMC-0012

        • -

歌詞比較 A1*3/A2*4 B1*5/B2*6 C1*7/C2*8 D1*9/D2*10

*1:現在のパート割りだと星名美怜パート

*2:桜っ子クラブさくら組版のクレジット

*3:元歌詞:愛しアイツと メイキンラブ

*4:エビ中Ver.:愛しアイツと ハッピーラブ

*5:元歌詞:昔の彼と別れたワ さっきの留守番電話で 1ダースもの2枚目志願 今はアイツに夢中よ

*6:エビ中Ver.:雑誌の占いページ 必死で探すの 5冊目のファッション雑誌で やっと見つけた☆3つ

*7:元歌詞:3度目のデートを部屋でなんて いきなりでしょう そこがまたいい感じ

*8:エビ中Ver.:3度目のデートで手をつないで 照れ笑い そこがまたいい感じ

*9:元歌詞:冗談じゃない 慌てて入ったテレフォンボックス 暗証番号押して メッセージ消すのとりあえず つなぎとめなくちゃ

*10:エビ中Ver.:冗談じゃない 慌てて入ったカラオケボックス 携帯握り歌うけど アドレス消せないとりあえず つなぎとめなくちゃ