読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

第4回 エビ中職員会議特別版(第1部)

20130305
私立恵比寿中学職員
新宿ロフトプラスワン

エビ中職員会議特別版 摩天楼はサブカルに〜やっぱり薔薇が好き〜」

※過去にまとめたものを転載しました
※この回からUSTを含めたナンバリングが無くなりました

        • -

1部内容をまとめました。
大体時系列に並んでるかなと思いますが、流れの都合で前後させてるところもあります。
言い回しによってニュアンスが変わっちゃうところもあると思いますので、その辺は自己責任で。

        • -

イベント開演前のBGMは開場直後がエビ中のメジャー後の曲
一旦かりそめ先生が壇上に現れてPCいじってサクラゴーラウンドを
一瞬流した(チェック?)した後に絶盤ベストのダラがけに(開演まで)

        • -

恒例のプラスワン告知VTR
このイベントの担当者がネイキッドロフトへ異動するそうです

        • -

石崎、キネオの両氏が壇上に上がって今回はノープランであると宣言

校長、江南スタイルに乗って入場、今回も会場をぐるり回って壇上に
よみうりの物販で売るTシャツ(エビィロードロゴの黒、フロントと肩にプリント)と
「EBC」のロゴの入った黒いキャップが今回の衣装

3人そろっていつもの自己紹介からスタート
近藤「新宿歩けばいつも職質」
校長「前回は翌日の北海道旅行の行きの飛行機で吐きまくりだった」
校長「今日はスムーチもいない、森さんもいない」
校長「今、上(控室)にいるの理事長だけ」
校長「スムーチいないけど、帽子とTシャツはよみうりで売ります」

石崎「(校長に)今日は何時に仕事終わったんですか?」
校長「終わってないよ、これも仕事だよ!」

校長:ギネス、石崎:緑茶割り、近藤:生、乾杯でスタート
校長のビール注文に会場がどよめく
校長「冬から(痛風の発作が)出てないから大丈夫」

遠方からお土産(菓子折り?)を持って来たお客さんに校長がギネスを奢る

柏の葉プランター事件にちょっと触れる
ルールを細かく設定していく事には抵抗がある、際限がない
校長「動物を持ってきちゃいけないとか」一部爆笑

柏の葉といえば2部の衣装ということで、柏の葉のVTRを流す
曲中に松野柏木が袖に出て行ったのは、衣装に髪が絡まった為
採用されなかった方の梅衣装について、
校長「クワガタじゃないです、カブトムシです」
この衣装はかりそめ案件、どうしてこうなったのか?
直前までは校長もGOを出していたが、やっぱりNGに

石崎「ちょっとでも爪痕を残したい(という思いから)」
校長「色分けは使いたくない、捻りに捻った結果ああなった」
校長「茶色はない、テレビ映えしない」
校長「結果止めて良かった、すべては結果でしかない」
近藤「それ(衣装の色)わかってただろ」

        • -

前回の職員会議からこれまでの振り返り

メジャーデビューからのイベントの有り方
試行錯誤は繰り返してる
3.11にイベントはやるべきではない
2部制から1部制への転換
さくら学院のイベントと日程が被った時に1部制にした為、非難もあった
校長「(ひよったと言われたことに対して)ひよったって言い方の問題だから」

次回ツアーの「5月3日中部某所」に関しては、
校長「(しゃちほこの)店長に嫌な顔されたから、縫えるように予定を組む」
※同日にしゃちほこのZepp名古屋がある為

Zepp札幌の移動は大変だった、以下キネヲ氏
その日はメンバーの学校があったので夕方の便であわただしく向かった
普段は座席の移動ができるくらいなのに、たまたま混んでいた
メンバーの隣に座る事なんかないのに、乗りこんだらひなたの隣だった
前の座席はいくえ先生だったが、一切後ろを見ない
2時間柏木の隣だったら大変なのが分かってるから席を替わってくれなかった
みぞっちは通路の反対側だったから変わってもらうことはできなかった
ひなたが前の座席のいくえ先生にちょっかいを出していたが、無関係を装って見て見ぬふりした
いくえ先生の隣に座ってた人がピリピリしていたのは気づいていた
何度目かで柏木が怒鳴られたが見て見ぬふりした
ひなたはそれでもお構いなしだった

北海道の前の九州、そして後の東京も雪が降って
校長「ホント最近天気悪い」

(福岡はハイタッチがあったのになぜ札幌ではなかったのか?)
校長「廣田が体調を崩したから、やるつもりではあったけど」

Zepp札幌の1部公演中にぁぃぁぃが途中退出して欠席になった件について、以下校長
前日から具合が悪いのは分かっていた
当日も確認したがやっぱり体調が悪いようだった
出る出ないの判断はこっちで判断するが、
最終的な判断は本人に任せている部分もある
見た目でダメな場合は当然止めるが、
この日は結果的に1部の途中で抜けるということになった

ある時、れいなが体調を崩したときに
「(当然の判断として)もう休もうよあとはなんとかから」っていった時に
「自分が居なくてもていいと言われたように感じてショックだった」という話をされた
それで落ち込んだ、ということもあって本人の判断を尊重することにしている
校長「女の子はわかんないな」

校長「今日はこんな感じですよ」

        • -

現場の規模感について、以下校長
(このイベントに)ヤフオクで落として来てる人もいる
需要と供給があっていない
今のサイズ感のまんま、ドームとか目指していかないでほしいと言われている
昔から来てる人が牧歌的な雰囲気がいいというのは当たり前
Twitterに一人いるのよ、なんでこの人こういう事言うの?っていう人が」
(これまでは)自分が会場に入っているからそういう事を言える
みんなオークションで何万とかで買えばいいってもんではない
いつまでもZeppでいいのかっていうとそうではない
牧歌的なだけじゃいられない
(この数回)急に人が増えてるのは分かってる、でも増えた理由は分からない
(3部祭りからでは?)3部祭りで増えるか?
(回数が減ったからでは?)回数が増えれば分散するのは分かる
仮契約の時はハードだった、2回回しもしていたしメンバーの負担を考えると……
(メジャーデビューで変化はあったか?)メンバーも親も環境も含めて変わってると思う
テレビに出てるのを見ると変わる

(テレビに出てるの流れから)メロディックスの事
近藤「今話題の謝罪動画」
以下校長
謝罪動画を撮った日がみぞっちの初日だった
あの頃は(現場後にメンバー含めて)反省会をやっていた
体育会系のノリで(水泳部の部長だったから)
当時は川上さんみたいに戦うチームを作りたかった
(このグループに)反省会が向いてないと思ったのはれいながいた頃
(校長が仕事で)キレたのは2回だけ
(1回目は)新宿で打ち合わせをした時に、メンバーを集めた打ち合わせが早々に終わってしまい、
当時なるみ(宇野愛海)が栃木から来てたのにすぐに用事が済んでしまい、そのことに対してれいなが
「意味ないじゃん」っていったことに対して、メンバーが引きつけを起こすほどキレた
(2回目は)大宮の花道のリハの時、なんでかは忘れたけど(本当は忘れてない)

校長「歌いたいに決まってるよね?」
石崎「オーマイゴーストを?」

ガラケーの人気投票には勝った、時代に逆行したガラケーだけの投票
全社を挙げて頑張った、別部署の人に頼みに行ったりもした
廣田と柏木が出た、萌え台詞対決が鉄仮面の判定で負けになった
あんなの本人達に負けた原因はない

どうして(あの謝罪)動画を撮ろうとしたのか?
運営が血迷った、運営がクソ、クソなのは僕(校長)ですが
あの後、新宿のビアガーデンに飲みに行ったが、
隣のテーブルの喧嘩が楽しくなって止めに入ったりしてた

        • -

ここらでということで12月の真山から、ぁぃぁぃ、瑞季、ひなた4人の生誕まとめVTR

        • -

今後の生誕について

鈴木生誕は4/21の予定
以降は開催についてはイベントの客入りを見て決める
次の鈴木生誕で(運営側からの)生誕ベントは2周終わる
今後もできるかどうかはぶっちゃけわからない
(所謂生誕委員に丸投げすれば?)そういうわけにもいかない
柏の葉でも「あのウチワはどこでもらえるの?」と聞かれた
運営側からの物ではないので「あの辺で配ってるみたいですよ」という返答しかできない
例えばウチワが目に入って怪我をしたという場合にどこに責任の所在があるのか?
アムラックスの頃とはもう違う

フリーライブイベントについて
校長「平等さを求めたらフリーライブなんかできない」

ラゾーナ事件について
冬ツアーではレギュレーションを変えたくなかった、デフスターに頼み込んだ
整列に関する所謂ヲタノート問題はもうどうにもできない
立場ごとに意見はある、どこを取ってもdisはある

校長は赤ワインと水を注文

        • -

映像:ロックリー終わりで忍者登場、メンバーを斬って倒れたところからゴーストへ
近藤「これはメンバーが真ん中から順番に斬られて倒れるというところなんですが、
     りなが面白いので、そこを見ながらもう一回見てください」
再度上映、隣が斬られたところでつられて倒れるりななん、忍者あわててもう1回刀を振る
校長「つられちゃうんだよね」
近藤「りな、最近いいよね」
校長「松野はいいよね、昔から楽しそう、だから松野を見てると幸せになる」
近藤「瑞季生誕のクイズで大学いもの話が出た時に誰かにべとべとにしそうって言われて
     強く否定してたけど、お母さんに朝ごはんで食べたハチミツのパンで手がべとべとになってた
     という話を暴露されていた」

        • -

新曲について
校長「両A面の2曲にはタイアップが決まっている
校長「(Lon de Donは)元気出る、勇気もらえる、メッセージ性がない」
校長「ポリシックスの曲はかりそめ先生がいいって言ってるからいい曲
校長「ポリシックスは流しません、大人の事情です
校長「(新曲を流すことについて)こうなることは分かってたんだから、
   初めからこない奴(デフスタッフ)が悪い」
到着していた瀬戸さんが登場、流してもいい旨を伝え壇上へ

「Lon de Don」音源披露

校長「前回で言えばパクチー
校長「誰も傷つけない」
校長「(音源を流したことで)1部はもういいでしょ」

        • -

ミスター松井氏に対して
近藤「松井さんは呼んでも何も生まないことを知っている」
校長「松井さんはエビやりたいって言わなかったら、今頃ワーナーだったかな……」
石崎「争奪戦の末」
校長「俺はよく知らない」
石崎「来てたみたいですよ、クラウンとか」

        • -

ガリ勉役がなぜみれいちゃんになったのか?
瀬戸「頭のセリフ(ガリ勉最高!)の突き抜け方が違ってた」
校長「(全員録ってるのか?)基本アテ書きはしません」
校長「みれいは「知りたいだけなんだ」のところもいい、どんな哲学だよ」
校長「みれいは努力しているところを見せない」
校長「(ガリ勉の主役はあんまり頭良さそうじゃない)みれいは頭いい、
    なつが頭いいっていうけど同じくらいいい」

        • -

だいぶ校長の酔いが回ってきている流れで
校長「正月(のUst)は酷かった」
校長「僕の実家でやってたんですけど、弟の嫁から二度とやめてくれと言われた」
石崎「実家で両親と見てました」
校長「これが俺のやっている仕事だって?」

        • -

ユニットアルバムについて
校長「足りるであろうという枚数は用意しているつもり」
校長「会場の限定販売が良い方法だとは思っていない」
校長「入場料を払わないと買えないのは良くない」
校長「常に話題を提供していくために(はこういった形式もある)」
瀬戸「CDで聴いてみてほしいと思って音源にした」
校長「(配信について)ソニーさんがiTunesに対応したので可能性はある」
校長「こういうのはガチの定例で言う話、これまで気づいてなかった」

BGMでアンタをかける石崎、前山田問題
校長「あんなにいっぱい書けて凄いよね、源泉かけ流しだよね」
校長「前山田さん、カップリングはちょっと」
瀬戸「メジャー以前のエビ中の事もよく知ってらっしゃいますし、これからも一緒にやっていきたい」
校長「瀬戸さんの言ってること半分も分かんない」
校長「情熱大陸見て天才だと思った、マジでガチで」
校長「会社(アーティストとしてスタダに)入った時は俺が担当だったからね」
石崎「嫌だって(言われて外れたの)?」
校長「そういうんじゃない」
校長「Twitterの件、うちは関係ない、どこが関係あるかも知らない」
校長「前山田さんを刺激しないでほしい」

ユニットアルバムから音源を流すという流れで
校長「ヤフオクで落とした人に選曲してもらおう」
13000円で落札した人がぁぃぁぃファンだったのでクロスオーバーの「Kindness」を流す
ユニットを作る時はいろいろある
このユニットは組み合わせ先行
1人が歌っている時に、もう1人がめちゃくちゃ踊る
組み合わせは見たことがない組み合わせになるように考える

        • -

こんなところで1部終了