ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学について書いています。

「どうせレポとかするんだよね」20171213 真山りか生誕ソロライブ「まやまにあ」マイナビBLITZ赤坂

さて、師走のド平日ですが赤坂に行って参りました。

当日の朝にぬるっと会議が入って若干焦りましたが、
早退する予定時間の前までの会議だったので、助かったなと思いながら、
とはいえ、おかげで自分の仕事は何もできずに職場から逃げ出して
マイナビBLITZ赤坂へ。

電車に乗り込んでみて、ちょっと早すぎるかな?
とは思ったんですが、なんだかんだで出られなくなる可能性があるので、
会議終了即出発をしてしまいました。
ガンバレ、明日の自分。

とはいえ、やっぱり思ってたよりもだいぶ早くて
赤坂に早く着きすぎて、外は寒いし途方には暮れました。

いつぶりか覚えていないくらいぶりの赤坂でしたが、
赤坂サカスへのアクセスの良さは異常ということでしたが、
駅から地上に上がってはみたものの、寒いので結局地下に戻って
暇潰しをしていました。

寒風の入ってこない場所を探して座っていましたが、
ゆってもそこも寒かったですね。眠くてぼんやりしてしまいました。

開場15分くらい前になって、満を持してBLITZの前には行ったんですが、
開場した後でも全然間に合う整理番号だったのでさらに待っている中、
あと1時間は普通に仕事できたなと思いました。

時間が読めない人間として反省しましたが、
赤坂久しぶりだから仕方ないね!

そんなこんなでやっと入場しまして、
ドリチケで交換した水をぶら下げて会場内へ。
場内は懐かしさすらないくらい久しぶりでしたね。

昔より会場が小さくなった気がするのは自分が成長したからでしょうか?
思わず検索しましたが、初めて行ったのは改装前でしたが、
さすがに2008年*1以降にも来ているのでただの勘違いでした。

さて、会場内に入ってざっくりとポジションどりをして
客入れの曲を聴いてたんですが、aikoかかってるなって思ったくらいで
すぐにVTRがはじまりました。

去年の生誕と同様に開演約30分前から約30分間の一人喋りです。
今回はブログで質問を募っていたので、愛用のiPadをスワイプして
ひっかかったものに答える形式。

質問を覚えてる範囲でいくつか。

・オリジナル変身ポーズを見せてください
 →つくばテレビ制作の「ももえび学園」という番組では必殺技*2
  やったなというエピソードから、ゴリゴリの平成仮面ライダー的な変身ポーズ*3を披露
・長く3番をやっているが、本当に好きな数字は?
 →好きな数字は1、みんなの一番になりたい
・どうして星名さんが運転する車に乗ろう*4と思ったのか?
 →星名さんが生誕で流すVTRを鎌倉にドライブして撮影をしたいという希望があり、
  選ばれた相手が自分だった、ただ一緒に行ったのは事務所からのオファーがあったためで
  プライベートなら断っていた可能性がある、安全運転だったとのこと
・「夏の扉*5」の真山ソロバージョンが聴きたい
 →序盤躓きながらも1コーラス程度歌唱 *6
ポケモンGOの進捗、その他おすすめアプリなど
 →夏、横浜のポケGOイベントでTAKUYAに会ったエピソード、
  レベル的にはそんなに上がっていない

最近、藤井さんに「きれいになった、おしゃれになった」と言われて
うれしかったという話に続いて、最近言われてうれしかったことは?みたいな
質問もあったと思いますが、藤井さん以外にも「”最近”きれいになった」と
言われる機会が増えたがが、うれしい反面「最近?(怒)」という風には思っているそうです。

VTRでは唐突にラジオ体操*7が始まり、その途中でぶったぎるように終わって、
また客入れの音楽が流れてきました。
この時は「恋愛レボリューション21*8と再びaikoさん*9だった気がします。*10

VTRが終ったタイミングで円陣の声が聞こえましたが、
また客入れBGMが流れ始めるという微妙な感じになってた気がします。

さて、客電が落ちてebitureが流れてきましたけど、
テンポがちょっと違うなと思いました。

EDMアレンジのebitureに乗って煽りながら出てきた、真山さんが
ステージのセンターに立って、アカペラで
「辛くなって不安になるときに、いつも目の前で揺れる光の海
 ありがとう蛍の光、もう電気をつけて行かなくちゃ」
と「蛍の光(Demo)」の一節を歌って本編スタートでした。

実質1曲目は「春の嵐」で、
この曲は序盤にやりたいんだろうなって思いました。
後半になるとコンディションがアレしますし。
春ツアーでソロ見れなかったので、見られて良かったです。

シンガロン・シンガソン」は、1/3までは外せないよなっていう感じですね。

最初のMCではハタチの集大成のライブになるけど、
あんまり思い入れがないと言い出してましたね。

OPのebitureはさつき が てんこもり氏にお願いして
mixしてもらったオリジナルで、 アレンジのテーマは「パリピ」、
いわばmayatureであると。みんなノレてなかったねとdisっておられました。

この夏、勇気をもらった曲ということで、
LiSAの「だってアタシのヒーロー。」をカバー。
例えば自分が今21歳だったら、たぶんこんな曲聴いてるよな……
って思いながら聴いてしまいました。
歌詞が良いという話でしたが、ここ最近のエビ中のモードとも近いなと思いました。

ガールズロック的な流れで「君のままで」。
なんか突然フェイクとか入れてましたけど、
この曲はたぶんソロでやりたかったんだろうなって思いました。

グループの曲でもあり、安本彩花のソロ曲でもあるわけですから、
何かエクスキューズがある時にしかソロで歌うことはできないでしょうから。

今年1年は曲に支えられてきた、
(その中でも)「だってアタシのヒーロー。」を 歌いたかった*11

「サドンデス」は自分の推し以外のオタクを
次々OUTにしていくのは痛快ではあったけど、水を飲みながら見ていました。
岡崎体育のライブのVTRにCVで出たお返しに今回用のボイスを用意してもらったとか。
利用できるものは利用すればいいと思います。

「Shen-Shen Passion Night 」年1披露のキョンシー曲。

「PURPLE LOVE」はこういう曲は田村ゆかり楽曲なんだろうな、
と思って聴いていたんですが、その割に歌詞が紫で真山さんに寄っているな、
こんな曲を田村ゆかりさんは歌っているのか!と思っていたら、
春奈るなさんとのデュエット曲で持ち歌でした。さすがに人生甘くないな!

ちなみに帰りの電車内でなんの曲か検索していましたが、
答えが出てこなくて何故だ!と思っていました。

VTR「まやまさんぽ(長崎編)」は、家族と行った
長崎旅行で撮影してきて、編集を自分でやったとか。
映像がスマホ撮影っぽいなと思いました。

内容的には、待ち合わせ場所に突然に長崎を指定してきて、
先に着いたからポケGOをやっていて待たせた挙句、
長崎まで行ったのにリンガーハットでちゃんぽんを食べて、
眼鏡橋周辺を走って終わりというクレイジームービーでした。
待ち合わせで肩を叩いた手(撮影者)がお父さんだと思うとウケますが。

VTR明けはスタンドマイクで聴きなれないイントロ、
下北沢ダイハード」で夏帆のCV歌声として歌った「39クラブ」でした。
これはもうやらないだろうなと思うと、非常に得した気分ではあります。
ドラマは録画だけして見ていませんが、歌の場面は見ました。

「老醜ブレイカー」と「イーアルサディスティック」は
もはや懐かしいというか、やっぱり年に1回しか聴けないからなー。

「Thanks! Merry Christmas K」は「今年も聴けて良かったね」と
言っていました*12が、本当に来年から聴けることなさそうなので。
何回聴いても半分ずつ別の曲にしてくれ……って思っちゃうから、
実質4年、人間的な進歩がない。

れにちゃんからLINEをもらった強さ自慢*13からはじまったMCは、
「正解!越後製菓!」、水を飲みながらのMCが難しい。
「普段は「副音声」廣田あいかがいるから、私喋んなくてもいいかなって」
ステージドリンクは「スポーツドリンク*14」と「水」。

今年は数々の別れがあった もう決まってる別れも先にありますし 。
昔はお別れするのが寂しすぎて、寂しさが怒りに変わってしまって。
寂しさを上手く表現できなかった。

「(普通に)「さよなら」って言えることがとっても幸せなんだなって感じた。
上手にさよなら、バイバイって言えたかな、言えてないこともあるけど……。
(そういう時に)いい曲をいただいたな」、今年のテーマみたいな曲でしたね。

「さよならばいばいまたあした」は、かほちゃんの曲だと
思っているところがあるんですが、真山さんがあんまり声を張らないのが
基本的に好きなので、非常に心地良かったです。

歌う前の「上手にバイバイって言えたかな」っていうところで、
「できるかな?」の「いつか上手に お別れができるかな?」を思い出してました。

「Liar Mask」では池袋のアニメイトを思い出してました。

曲が終って「これが最後の曲でした、言うの忘れてた」だって。
「盛り上がる曲じゃないから別にいいでしょ、そんな真山も好きって言って」
「アンコールあるから、アンコールは(2曲)あるから」といってハケていきました。

真山コールに乗って出てきて、アンコール1曲目は「蜃気楼」。
「蜃気楼」はアンコールでやる曲ではないとは思いますが、
ライトとか手先の振り付けと合わせてくるとやっぱりエグいなっていう。
去年久しぶりに見て感動したのには敵わないなって思いましたが、
年に一回しか見れない出し物だし、これを見せられたら仕方ないかな
っていう風に思いました。でも、やるなら本編で、だとは思います。

最後は「ポップコーントーン」。
蛍の光から本編はずっと別れがテーマになってしまったのは、
今年を象徴する出来事だからに仕方ないですが、最後にポップコーントーンで
真山さんの気持ちが出たのではないでしょうか。

声を張り上げていた*15ので、音程とかアレでしたけど、
最終的には曲もいいし、真山さんも良かったですね。

最後のMCで「ハタチ目前のライブ」とか、
とにかく、今年でハタチなのか21歳なのかあやふやで、
誕生日まであと何日かというところもあやふやで、
しまいには20代最後*16にまでなってましたね。

「お前らが血と肉を捧げるのは誰だ?」「真山ー!」で記念撮影。
「言い方おかしいところは、受けとる側でどうにかして」
「(終れない空気に)明日は武道館のレッスンがあるので」

全編勢いで喋ってるなっていう感じが非常によく出ていました。

去年は、はじめての試みだったこともあって、古参向けメドレーとか
ハタチまでの活動の決算的なところもあったセットリストだったので、
今回はやりたい曲を選んだっていうコメント通りに、エビ中楽曲に関しては
比較的やりたいものをやってるんじゃないかなって思いました。
「貼り紙」と「フユコイ」は去年やったしね。
20161216 - King of Literary exhibition

去年のセットリストから消えたソロ曲は、
「ハチのムサシは死んだのさ」だけで、デュエット曲と「春の嵐」が増えて
持ち曲(実質年一披露曲)は6曲(+39クラブ)ということになりました。
20171213 - King of Literary exhibition


よっぴー*17が「 年一とかじゃなく、もっとやればいいのに! 」って
Tweetしていましたが、逆に今まだ受験生がいたり、
グループの活動が凪ぎの状態に入ることがあるような感じだったら
そういうこともあったかもしれないけど、今やメンバーに学生の方が少ないわけだし
義務教育の子もいないので、グループの活動を優先している以上、
そういう活動の隙間がないんですよね。


お姉さんとこのリーダーみたいに一人だけまとまった仕事があって
他のメンバーの稼働の仕方を考えなきゃならないみたいな状況にもなってないですし。
映画とか拘束期間の短いタイプのドラマ*18とかではなかなかそうはならないから、
やっぱり安本さんに朝ドラ食い込んでもらうしかないなと思います。

音楽ナタリー「エビ中真山りか、やりたいこと詰め込んで“まやまにあ”魅了した21歳生誕ライブ」
natalie.mu

----
エビ中の真山だからこそできる事を
詰め込みました!

主観バリバリ、でも後悔してない!
----
lineblog.me

年明けの武道館、1/3はやっぱり今年と地続き*19で、たぶん1/4が3Bライブ*20みたいな感じなのかな。

一旦そんな感じで。

*1:新規開業

*2:グランドファーザー

*3:恐らく仮面ライダーオーズの変身ポーズがモチーフ

*4:星名美怜生誕で流れたVTR

*5:松田聖子、2011年に「MemorieS~Bitter Sweet Pineapple~」というカバーアルバムに宮崎れいな真山りか星名美怜柏木ひなたの4人で参加、カバーしている

*6:振付けも1度だけ披露した(柏の葉)時のバージョンをやってた気がします

*7:秋田弁のラジオ体操

*8:モーニング娘。

*9:れんげ畑

*10:恋レボ21→21歳、れんげ畑→歌詞に「むらさき、むらさき」だそうです

*11:アニソン(僕のヒーローアカデミアED)ではあったが、アニメからではなくラジオで聴いて気に入った、アニソンを歌えという空気にも対応できる選曲だったとか

*12:20161223 私立恵比寿中学 クリスマス大学芸会2016「エビ中オーシャンズガイド」DAY 2以来

*13:おつよいでしょ?

*14:ポカリ(商品名は伏せてということでしたが)

*15:アウトロの安本パート

*16:20歳最後

*17: ニッポン放送 吉田尚記アナウンサー(ミューコミで共演)

*18:廣田さん、りこちゃんの咲、tvkのかほちゃんのドラマがこのタイプ、真山さんが出ていたとなりの関くんとか

*19:年忘れ大学芸会+かほりこ加入からの体制の終わり

*20:aka俺の藤井