読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

20160613

品川ステラボールに小林歌穂さんのソロライブを見に行ってきました。

エビ中が単独でステラボールを初めて使ったのは
最初の「自習」(20130823 安本、星名P回)だったかと思いますが、
その時点でそこそこ動員のあった会場だったわけではありますが、
当時転入前だったメンバーのソロコンサートで満員になるのって
単純にかほちゃんすごいなと思いました。3年目だよ。

開催が先んじて発表されたので、様子見というか
どんなイベントになるのかなっていうところで
申し込んでしまいましたが、結果見に行ってよかったです。

開催の発表はメールで知った感じなので、なんというか
驚きとかなんとかは非常に薄かったですし、
生誕ソロかーなるほどねーって思ったくらいだったのですが、
その後BTの動画にアップされた意気込み動画を見て、
かなり期待感が持てたんですよね。

そんな感じで、結局最初の偵察気分を抑えて、
思った以上に楽しみにして当日を迎えたわけです。

さて、当日ということですが朝から大雨で、
奇しくも「小林歌穂こそが今のエビ中である」*1という話が
現実味を帯びたなと思いました。

とはいえ、ステラボールの入場待機って何かの時にも
雨が降ってて嫌だなと思った記憶がありますので、
これは会場側の問題かもしれません。

今回FC分の番号は700番くらいまで出ていたようで、
その後ろのぴあ券の列は駐車場に作られていたので
どのくらいいたのかが分かりませんが、最終的にソールドアウトした
との事なので、そちらにもそこそこ居たんでしょうね。
雨の中の待ち時間はキツいですね。

ちなみにFCの結構後ろの方の番号でしたが、
それは正しいので特に文句もありません。

入場してフロアは中央前方と柵が満遍なく埋まっていました。
ただ柵より前にもまだ余裕があるかなという感じでした。
平日開催ということで開場時間に来れないという人も多そうですので、
こんな感じでしょうかね。

私は諸事情あったのでフロアの端に居ました。
目線は斜めですが4、5列目あたりで視界はそこそこでした。

客入れのBGMは、かほちゃんが一人でしりとりしたりマジカルバナナをしたり
鼻歌を歌ったりしている音源が延々と流れていました。面白かったです。

BGMは「吟遊詩人」から、ちょっと懐かしくなっていた、
去年の春ツアーver.のebitureに繋がって、
あの時のように一輪車でステージに走り込んできて、
そのまま一旦はけて、また一輪車を押して出てきたり、
一輪車を戻したりしながら、イベントがはじまって、
吟遊詩人の衣装でセンターに立つと、いきなり
いきものがかりのカバーからはじまったので、
いよいよ楽しくなってきました。

続いての「ポップコーントーン」が気持ち的には頂点で、
その後は高値安定という感じでした。

「ぐらりぐら想い」が好きなので見ることができてよかったですね。
このブロックの3曲*2はかほちゃんの中でストーリーが出来ていたとのことで。

「面皰」が治るまでデートできないでいたら、
その間に彼氏が他の女の人に「ぐらりぐら想い」してしまったのちに、
別れの春になっていて「フユコイ」になってしまった、みたいなストーリーだそうで、

「これよくないですか?」みたいなことを言ってましたね。

こういうの重要だとは思うんですよね、
ストーリーに乗せることで出てくる表情とかもあるだろうし。

持ち楽曲が続いたところで、コーナーを挟んで、
My Little Loverとチャランポランタンのカバーがきたのも、
なかなか配分が良かったような気がします。
チャランポのカバーは知らない曲だったんですが、
アコーディオンのイントロが来たので、なるほどなと思いました。
かほちゃんよく聴いてるらしいですしね。

というワケで、曲中にチャランポの2人が
ご本人登場で出てきてた時の顔は最高でした。
チャランポ妹も言ってましたが、驚きながらも
ちゃんと歌い切ったのは素晴らしかった。

このドッキリを仕掛けた大人の思惑は違った*3のかもしれないですが。

誕生日のプレゼントとして、チャランポランタンから
1曲ということで、明るめの曲か暗めの曲かを選ぶ件で、
生誕でおめでたい感じだけど、暗めの曲が好きなのでそっちで、
ということになり、ステージ上に置かれた椅子に座って
チャランポランタンの「あの子のジンタ」を。
楽しそうに聴いていたので、なかなかライブに行くこともできないでしょうし、
良かったねっていう感じで見てました。

CDはテレビで聴くという、暗めな曲が好きなかほちゃんですが、
当然CDなので画面が暗いままだからちょっと怖くなっちゃうのだそう。

暗めな曲が好きなのは誰かからの指摘でそうなのかと思ったみたいですね。

「Lon de don」がとても好きだという話で歌ってましたが、
全パートを歌うのは、さすがにかなりキツそうで客席にマイクを向けることも。
エビ中楽曲、どれも星名さんのパートだけ、モノマネになってるなと思いました。

最後の曲は新曲を作ってきました、と突然言い始めたので、
どれだけやる気があるんだよ!と思いましたが、はじまったのは「買い物しようと町田へ」。
ぽーぽーぽぽぽ、ぽーぽーぽ、ぽぽぽぽ。

替え歌ver.の歌詞はコチラ

MCの中で非常に有益な情報としては、小林家のお兄ちゃんは、
真山さんが推しだそうで、かほちゃんが生まれて初めて買ったCDの
「LiarMask*4」に封入されていたカードを貰い受け、
学習机の座ったら目に入る位置に貼っているとのことです。
今日のソロライブに至っては、「なんで真山いないんだよ」と言われたとのこと。
かほちゃんはステージ上で「ソロだからだよ!」と言ってましたが。

本人、高音出てなかったとか言っていて、実際声が出きってないところとか、
かすれちゃったり思った通りに歌えてない場面とかもあったんでしょうが、
カバーした曲は想像以上に歌えてたし、パートに区切られていないというところで、
普段とはまた違う歌い方や声も聴けたのでは?みたいなところがありました。
逆に全パートを歌うということで持ち歌の方が歌えてないというパラドックス

最後のコーナーでプレゼント企画の「あっち向いてぽー」が
はじまったところで、上手の柵外エリアで見ていた校長が
「これ終わんねーぞ!」って叫んだのもハイライトでした。

その後「(残り)30分しかないのに…」、
「本人が楽しいならいいけど…」ってなってたのが面白かったです。

既に着々と進行(全然、参加者が減っていないながらも)している
舞台上とは別に、校長他、スタッフ陣が色々と改良ルールの会議をしてましたが、
そもそも1000人規模の会場でやる企画じゃなかったですよ!
あと、かほちゃんが2階席には参加資格がないようなとことを言ったことに
校長は驚いてましたが、実はかほちゃん本人はカウントしてたり、
チェックがざっくりすぎるなと思いました。

イベント全体的には、他メンバーの稼働がない自習っていう感じでしたね。
内容的にもかなり本人の自由度が高そうなので、
プレイヤーとしてのセンスだけじゃない部分が見える感じですね。
大変ですね。

また機会があれば、「あっち向いてぽー」をやりたいけど、
いつになるかは分からない、でも「自習」があれば、
みたいなことを言ってましたが、自習は憧れ的なところがあるんですね。
少なくともかほちゃんにとっては。

さて、順番的にだいぶ先の廣田さんであったり、柏木さんであったりは
内容までは分かりませんが、クオリティは想像できるところだと思います。
松野さん含めた新木場自習組はかなり期待が持てますね。
松野さんは前回の新木場自習3公演の個人的ベストプロデューサーだったので。

今のエビ中は旧メンバーの自習を経て、
プロデュース頭を使える人多くなってきたという印象なんですが、
逆にそういう資質が無さそうな中山さんとか、星名さんとか、
安本さん真山さんとかがどうなるのかな?と思うところありますけれども、
まあ皆さん大人なので、過去の実績もありますしね。中山さん以外は。

自習も回を重ねてだいぶハードルが上がった(動員も)イベントなので、
そこを一旦崩してって感じだったのかもと思いましたが、
かほちゃんが初っ端からかなり完成度が高かったので、
あと続く人たち大変だよと思いました。

実際かほちゃん(われら)の師匠である安本さんが次の開催を睨んで見に来ていて、
既に胃が痛くなってるらしいので、そういう事です。


その後のチャランポランタン補正も相まって、
去年のツアーの影響はかほちゃんにとって大きそう。
あとはあの時期からちょっとずつ活動に馴染んできていた
っていうのもあったのかなと思います。

ステラボールはフロアが横長で最後方でもステージまでが
絶望的な距離感ではないのが良い所かなと思いますが、
PA卓が邪魔なので帰りに出にくいのがたまにキズですね。
そのおかげでいいこともあったりはするんですが。

できればなんですが、2階で見たかったですね。
席数少ないからほとんど上がったことない気がしますが。
ここではいろんな形に区切ったり、椅子をおいたりして*5使っていたのを見てたので、
改めてやっぱりすごいなと思いました。

今後も生誕ソロコンサートが続いていくわけですが、
安本さんと松野さんのは申し込みませんでした。

まあちょっと開催が混んでいるので全部はいけないな
という判断だったのですが、この感じだと松野さんの回に
申し込まなかったのはちょっと悔やまれますね。
新木場の自習で才能が炸裂してたので。

それにしても、新潟→仙台→品川の3連チャンすごいなと思っていたら、
明けて火曜は秋田に行ってるっていう、まじ鉄人かよ!若さ!

MCの中で、かほちゃんが「16年目を生きてる」みたいなこと言ってましたが、
厳密には17年目を生きてるような気もします。

まあそんな感じです。

*1:これには他の全メンバー分の説があります

*2:「面皰」「ぐらりぐら想い」「フユコイ」

*3:思惑がハズレすぎて、かほちゃんが特効があることをバラしてしまいました

*4:真山りかデビューシングル

*5:動員に苦戦するところはいろんな使い方をしていたような気がします