読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

偽らない気持ちを吐き出し時に あなたは 優しく笑ってくれるかな

さて、2013年のTDC後から2014年の俺の藤井後までの流れについて思うところを。
まずは転校の発表について。
発表は2013年12月26日、これは日付に意味を持っているということは
皆さん思ってらっしゃるところだと思います。
12月26日は2年前、れいなが転校した日でした。
あの頃、2011年は転校が相次いで年始の13人から1人、また1人と減っていき
10人になったところから約半年間「この10人こそが今のエビ中だよな、隙がない」なって
なってたところでもう1人転校することが発表になったのは12月の初め、極寒の新宿でした。

そこから年末に向けて「隙がないエビ中」最後の1ヶ月は感傷的な1ヶ月だったように思います。
そして2011年最後のイベントはMEGA WEB 2DAYSの初日でれいなは転校していきました、
平日だったのでライブは見れなかったんですが、ギリギリハイタッチには間に合ったので、
最後の勇姿を目に焼き付けることは出来ました。
この日のイベントでやった「えびぞりダイアモンド!!」が、史上最高だったっていう話をよく聞きます。
それが12月26日という日です。

その翌日から9人になって、次の年の春にそのままメジャーデビューして、
もしかするともうこのまま廃校(解散)までメンバーチェンジもないのかな
なんていう風にも考えていました。

それでも、いつ誰かが転校するという話になってもおかしくないグループだし、
逆に転入があってもおかしくないと心の片隅には思っていました。
実際メンバー増やせばいいのにって言ってたこともありました。
変化自体は悪いことではなく、その結果が評価されるべきかなという風に考えていました。

でもこの2年でちょっと油断していましたね。

そして、今回の発表となりました。

誰かが転校すること自体は、そこまで驚きがなかったことでした。
やっぱり油断していたとはいえ、いつ誰かがいなくなってもおかしくはない
というところはどこかありました。
特に杏野さん、鈴木さんに関してはなんとなくそういう時が
いつか来るのかなっていう風に思っていたフシもありましたから。
しかし、発表の順番が(結果的に)出席番号順だったので、
最初に瑞季が来たことで体から血の気が引くのを感じました。

理由は女優を目指すということと学業、杏野さんも鈴木さんも同じ理由でした。

発表の仕方が客前じゃないという部分ではちょっと寂しさを感じるところではありましたが、
今の規模でファンの多くに伝えるためには、Ustが一番平等であるという事になったんでしょうね、
これ自体には納得できます。

例えば、クリスマスライブの最後にそんなこと言われても困ってましたね。
あのプレゼント抽選会の前だったとしても後だったとしても微妙を通り越して
ちょっと酷いことになっていたかとは思います。
ましてや、さいたまでやられたらそれはそれで絶望でしたし。

発表の方法も1人でカメラに向かい、思いを話して席を立つというシンプルなもの。

彼女たちは誰1人として涙を見せませんでした。

自分がUstを見始めたのが瑞季が喋べりはじめたくらいだったので、
血の気が引いた状態で瑞季が喋るのを聞き、喋り終わって席を立ち、空っぽになった椅子が映る中、
杏野さんが入って来たことでさらに絶望が大きくなっていくのを感じました。

そして、杏野さんが席を立ち鈴木さんが入ってくるまでは永遠に感じました。
鈴木さんが席を立ち、校長が〆に入ってくるまで多分首が痛くなるくらい体に力が入ってたと思います。

杏野さんは3ヶ月の留学に旅立ち、復帰はラストの武道館になる見込み。
既に次の目標に向けて動き出しているという感じでしょうか。

ブログによると瑞季と鈴木さんは夏頃から話をしていたとのこと、
杏野さんは留学時期を考えるともうちょっと早い時期から話し合っていたんでしょうかね。
今思い返せば、やっぱり誰がいつ転校してもおかしくなかった。

鈴木さんは2013年の2月から3月頃のホームステイの前に辞めててもおかしくなかった。
瑞季はあの時、2年前に辞めなかったことの方が驚きだった。
それでも、ここまで続けてくれたことに対して、3人には感謝しかないですね…。

2年間平和ボケしていた自分にはキツい転校劇、はじめての複数メンバーの同時転校で、
ひとつの時代が終わったなっていう感じは強くありました。
あまりに事態が大きすぎてちょっと理解できてないみたいなところすらあったかも知れません。
今のエビ中が過去になり、歴史の地続きだった部分が減ってしまうところが凄く寂しく悲しかった。

ただ、その延長線上の活動が(今のところ)無くならない予定なので、
受験が終わった頃に元気な姿を何処かで見せてくれればいいなという風に思っています。

        • -

そして、2014年「俺の藤井」で武道館まで最後の杏野さんのステージっていうことで、
まあ感傷的になってましたよね。瑞季も鈴木さんもいつも以上に目で追ってたところはありました。

仮契約のシンデレラ」の最初のパートも、これで最後かも?(武道館のチケットが取れる確証がないので)
みたいな気持ちで見てました。「誘惑したいや」もまたセンターのサブステージでしたが、
今回はフォーメーション的に全方位的な感じになっていましたので良かったです。

他のグループは自己紹介もそこそこだったのに、いつもの自己紹介と5曲の
やっぱりちょっと物足りない感じでしたが、もう全てが見逃したくない時間でした。

そんな空気を察したのかキネオ先生のホンなのか分かりませんが、
杏野さんは「放課後下駄箱ロッケンロールMX」の果たし状パートで感傷的なムードの私を突き放しました。
 
 果たし状 エビ中ファミリー
 お前ら年明け早々ウジウジしてんじゃねぇだろーな
 私たちは前に進んでる
 4月15日、日本武道館で待つ
 (インターネットから引用)
 
そう、もう前に進んでる。

        • -

話は前日に戻って、普段しない前乗りで着いた前橋の海鮮居酒屋で、
エビ中に新メンバーが入るならどんな子がいいかという話題が出ました。
このタイミングで入るなら、3Bで12月にやっていたオーディション組が
完全新規で入ってくるのが一番いいかなとは言いながら、
イカメン(チーム大王イカ、チームホタルイカのメンバー)のプロフィールを眺めながら
導き出された結論はなるべく色のついてない人だよねっていう事になり、
何人か候補を上げてその場はお開きとなりました。

そして、俺の藤井。
イカのステージ終わりでチーム大王イカの2人が群れからはぐれて
新しい場所を見つけるみたいな寸劇が入ったところで、
あの2人が入るんじゃないの?っていう話をしながら続きを見ていましたが、
エビ中の出番時には特に何もなし。
これまでとの違いとしたらebitureの出順と並びが変わってたように思います。
詳細は覚えてないんですが、残るメンバーが3人ずつになってました。

3Bjr全員集合で例の曲をやりはじめた時に最前列下手の真山さんを見た時に、
真山さんの斜め後ろ2列目にそこにいないはずの「シリツエビチュー」Tシャツがいました。

MVの並びなので瑞季がそこにいるのかと思ったんですが、瑞季はセンターの最後列に。
よく顔を見たら中山莉子ちゃんでした。もう1人は?ってなってステージ上を探したら、
上手の端の方にもう1人小林歌穂ちゃんも「シリツエビチュー」Tシャツを着て立っていました。

ここで本当に入るんだなと思いましたが、本編中はそこには触れず
挨拶してハケるときも2人は大王イカでハケていきました。
ここの大王イカの並びは普段のMC時の並びではなく、「シリツエビチュー」Tシャツの2人が
列の両サイドに並ぶというのがあったそうです。
言われてみれば、MCの時は確か下手の端が中村優ちゃんでしたね。

そういうことかーと思いながらも確信を持てずに会場から出ようとしたところで号外が配られていました。
出席番号11番と12番が転入するというチラシでした。
前日の居酒屋で散々話しした、エビ中に入ってもいいと思う人が選ばれていたので、
胸をなでおろしたみたいなところはありました。

理事長(@iam1101)がTwitterで言っていた、
この辺が多分ファンの中にもあるのではないかなと思います。
 「ダンスが得意だから即エビ中!ならどんなに楽なことか。
  エビ中って、そういうことじゃないですよね、きっと。」
 https://twitter.com/iam1101/status/419684395889352704

そういう感覚でまだ見てくれているならまだ見ていられるかなというふうに感じました。

新しいメンバーに関しては、チーム大王イカのこれまで活動を見ていないので
どの程度ポンコツなのかはよく分かりませんが、紅白までの道のりで言えば
半歩下がったかなっていう気はしますけど、別に紅白に行くエビ中が見たいわけでもないので、
そこはまあいいかなという感じです。

放っておいても美怜ちゃんが連れてってくれると思いますので。

まだ武道館までは時間もあるけど、その間にどのくらいのイベントが有るか分かりませんから
11人(杏野さんがいないので実質10人)のエビ中に慣れるのはいつ頃になりますかね。

慣れる頃には武道館で、次の日からまた8人のエビ中に慣れる作業になるんですよね。
結果存在しないことになった(今の)6人のエビ中は、ちょっと自分の思うところとは
違うものになりそうなのでこのタイミングでの転入はありかなと思いました。

気持ちはずいぶん前向きになりました。

俺の藤井直後にやっていたUstの転入生紹介と杏野さんの留学送り出しの雰囲気も良かったし、
今はもう期待感しかないくらいの感じです。
とはいえ、3人のいない空間が気になる時間は短くないと思いますが…。

        • -

もしも、スターダスト芸能3部から、アイドル部門「3B」が出来なければ、
このタイミングでの転校は無かったか?
こういう「たられば」は答えが出ないので、もう考えないようにします。
転校しないことが最良な選択だとも思わないですし。

さて、この年末年始の流れを受けての職員会議になりますね。
今回は一体どんな感じにどうなるんでしょうか?
個人的には今の運営的な部分や演出についてあまり文句がないなっていう状況なので、
多分見てるの専門になるのかな。
 

        • -

2014年へ向けて
 
http://ameblo.jp/shirituebichu/entry-11740142241.html
 
「2014年も沢山の驚きと感動を約束します」
 
校長

        • -

 
とりあえず、驚きはもらったので、次は感動をお願いします。
武道館くらいは感傷的な気分にならせてください、それでもできる限りの笑い顔で
送り出せればいいのかなと思っています。
それは偽らない気持ちを吐き出して新天地へ向かう転校生に向けて。