ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学について書いています。

20180104「私立恵比寿中学新春大学芸会 ~ebichu pride~」日本武道館

明けましておめでとうございます。

昨日に続いて日本武道館です。

今日は地味な客入りを予想していたとはいえ、
多少余裕をもって行った方が良いかな?と思いまして、
所用もありましたので気持ち早めに家を出ました。

都営線の500円フリー乗車券があると思っていたので、
新宿に寄って件のビジョンでも見てからいこうかなと思っていました。

もろもろ用事を最寄りの駅までの道で済ませて
駅で切符を買おうと思ったら、500円フリー乗車券の販売は
三が日で終わりでした。なかなかの躓き方を新年からしてますね。
そう、今年は曜日の関係で4日から仕事始めのところも多いですよね。
自分のために世界は動いていないことに、この年になって気がつきました。

予定を軌道修正するにしても、途中下車するのももうアレだから
武道館に行って、とっととパンフを買おうと思って九段下に向かいました。
都営新宿線のダイヤが若干狂ってはいましたが、各駅に乗りたい側の人間だったので
すぐ各駅が来ちゃって早々に九段下に着いてしまいました。

九段下から武道館に歩く道すがら、グッズを身に付けた人とすれ違う感じは
そこまで前日と変わらない頻度でした。

昨日よりも一時間開場開演が遅いので、それ自体は計算していましたが、
昨日1時間以上並んだ物販列が待ち時間ゼロでさすがに拍子抜けしてしまいました。

FC抽選も変わらず参加賞を受けとる場所と化しているまま、
まさかの開場一時間半前にやることがなくなり途方にくれました。

武道館近くで陽のあたる座れる場所を探して座っていましたが、
リハをやってる時間帯らしく、音漏れが聴こえてしまうので
一定距離をとるために公園のベンチに移動してインターネットをしていましたが、
あまりに寒くもうとにかく室内に行きたいとの思いで武道館を離れて
駅の方に戻りますが、九段下って庶民的な喫茶店的なものが少ないんですよね。

エクセルシオールを見つけての中に入ってはみたものの、
どう見ても満席だったのであきらめてファミマに入って体が暖まるのを待ち、
ホットのカフェラテを買って開場30分前の武道館に戻りました。

暖かいカフェラテも底をつき、そうこうしている間に入場待機列ができていたので
1秒でも早く室内入りたいということで、待機列に並んで開場と共に入場、
場内に入っても冷えた体がなかなか暖まらず、上着が脱げない状態でした。

席は着席指定なのでスタンド、前日と同じブロックの3列ほど後方にずれた場所。
ほぼほぼ同じ風景でしたが、前日にはあったステージ上の装飾がほぼなくて、
これはメッセージ性が強い*1なと思ったり思わなかったりしながら、
ふたつの意味で震えていました。

客入れのBGMは洋楽中心で、最初の何曲かは
prideっていうタイトルに寄せてきたのかな?と思いましたが、
途中からはよく分からなかったので、どういう意図の選曲だったのかは
かりそめさんに教えてもらいたいです。

開演5分前くらいになって、やっと上着を脱いで
場内を眺めていて、前日と比べて全然客が減ると思ってたんですが、
そんなこともなく満員の武道館でスタートが切れるって
本当に凄いことだなーって考えていました。

前日のWアンコール「シンガロン・シンガソン」から
OPVを挟んでの「シンガロン・シンガソン」でスタートしたライブは、
基本的にMC意外は曲がMIXされていて、大学芸会来たなって感じがしました。
実は良い曲こと「YELL」から「Go!Go!Here We Go!ロック・リー」は意外な流れ。
思わず「お!」ってなりましたが、続いたのが「エビ中一週間」で、
結構なボリュームで声が出てしまいました。

一週間の「金曜一人で笑顔の練習」のパートは真山さんでしたが、
貼り紙のセリフもそうなんですが、真山さんらしさをキチンと出してくるので
とても安心感があるというか、なんというか。

そういえば唐突に星名さんのキャッチフレーズが
「今どき革命ガール」に変わりました。
そして、真山さんは髪色をオフィシャル(事務所に許可を得て)で茶色くしました。
昨日の今日ですし、ステージの照明なのでよく分かりませんでした。
星名さんの茶髪はアンオフィシャルだそうですが、
「藤井さんが『似合ってるから……』って言ってたからね!」
と言っていましたが、あんまりいうと怒られるから辞めようということで。

その他、MCではかほちゃんの「革命が起こるぞ……」とか、
りこちゃんの「美怜ちゃんは自由だから」とか、「煽りってなんだ?」とか
星名さんの「上ー!(2階スタンド席)」「真ん中ー!(1階スタンド席)」
「下ー!(アリーナ)」とか、結構パンチの効いたワードが出ていました。

前日心配されていた、6人ボケでツッコミなしのMCは
ぎりぎりの綱渡り状態だなとは思いました。

前日は過去シングルのリード曲が結構少なく*2て、逆に今日はリード曲中心で
本当の意味でのオールタイムベストのセットリストだなっていう風に思いました。
リード曲が9曲と、最新アルバムの「エビクラシー」と最新シングルが中心ていう、
ド直球のセットリストだったんだな。

大学芸会名物的な「あたしきっと無限ルーパー」もやってくれたし、
新曲「響」もあって、「日進月歩」もあって。
EP5でもそうなんですが、とにかくりこちゃんは自信がある。
「響」のメイキングみたいなVTRが流れたんですが、
そこでも、心配なんかされたくないし、心配されない自信もあるから、
言葉ではなく当日のパフォーマンスで分からせるみたいなことを言っていて、
やっぱりこの子は凄いなって思いました。

本編最後のMC*3で、
安本さんが言った、「エビ中のことは自分達が一番よく知ってる」
っていうのは当たり前の事なんだけど、色んな意味で重い言葉だなって思いました。
この流れでちょっと言葉を詰まらせていたけど、
「(同情されたくないというような意味合いか)負けたくない」から、
「絶対負けない!」で「涙は似合わない」だったわけですが、
ちょっと言葉に詰まったくらいで声掛けるなよーって思いました。
それが安本さんが言いたかったことじゃないの?って。

「手をつなごう」の柏木さんが独唱の前に「みんな、みんな」って
話しかけるように言ってからはじめていました。
本編最後の「靴紐とファンファーレ」から「スーパーヒーロー」の流れで、
スターダストライトのコーラスが繋ぎの部分に重なってきて、
まさか「スターダストライト」やるの?ってなりましたが、
普通に「スーパーヒーロー」だったので、思わせぶりかよ!ってなりました。
普通に聴いたら「スーパーヒーロー」なんですけど。

アンコールで「えびぞりダイアモンド!!」でドカンと盛り上がったところで、
続いたのが「ゼッテーアナーキー」で、意外だったし出席番号の部分はそのままで
これまたえらく盛り上がりました。

そのままの勢いで「HOT UP!!!」に雪崩れ込んで、
フト、安本さんが他のメンバーとハモるところでかほちゃんと歌う時は
下を歌っているのかーって思ったりして、ちょっと興奮しました。
そこまで意識的に聴いたことなかったので。好きすぎて。

怒涛のアンコールから、結構長めの静寂が訪れて
かほちゃんが「感情電車」を歌いだしたので、もう凄いなとしか
言いようがなくなっていたんですが、最後に「永遠に中学生」で、
なんかもうなんとも言えないなっていう風になりました。

セットリストで前日と被る曲は最低限*4で、これに関しては
フォーメーションのことを考えたらそうなった方がいいだろうなと思いました*5
ただ、そんなことは関係なくほぼベストのセットリストになっていた*6ので、
このグループ馬鹿みたいに良い曲持ってる!と思いました。

とても良いライブでした。
凄いものが見られた、6人でもこれまでと全く遜色ない
戦いができると思いました。

ただ、この光景が自分が見たかったものなのか?
というと疑問符が付きますが、それとは全く無関係で
まだまだ見たいと思いました。

正直なところで言えば、6人(8人だったとしても)では
人数が少ないと思っているので、新しい人を入れる前の思い出作り的な
武道館なのかなって思っていました。

エビ中は何故か「武道館運」*7があんまりよくないと思っていて、
やったら結果が残るのにそのタイミングがなかなか回ってこないという感じ。*8
それが、年始の休暇に被る形で廣田さんの転校という切り札を使って
武道館を引き寄せたから、ステージ建て込み含めて(元旦に恒例のDISH//もありますし)、
ラッキー武道館だし2DAYSでやっちゃおう!ってことかなって思ってました。

(これから新メンバーを入れるとしたら)
今後いつ武道館に戻れるか分かりませんしね。

そしたら全然そんなつもりがない感じなので、
驚きと共に期待が沸き上がりましたね。

6人体制での初めての曲「響」の披露前にメイキングVTRで
真山さんが「6人最初のステージなのに新曲やらないわけないでしょ?」
って発想は頭おかしいですからね。

まあ新曲くらいはあるんだろうなって、
ちょっと思っちゃってるこっちも頭おかしいんですけど。
だってこの人達は前日に7人編成で武道館やってんですから。

そういった諸々の事があって、今のエビ中には
新メンバーを入れる隙が無くなってしまいました。

とはいえ、今後解散(廃校?)するまで今のメンバーである
とは思えないので、いつかどこかでその時が来るとは思っていますが、
今のラインに乗ったエビ中にはかほりこクラスでも足りないくらいの
天才じゃないと無理だなって感じになってしまいました。

結構エビ中って負け組の美学っていうか、
いつでも目の上にたんこぶ*9があってなかなか突き抜けることもできないし、
大きな結果を残すこともできなかったグループだからこそ、
暖かい目で見続けるみたいな感じがあったように思っていたんですが、
いよいよそういう話ではないですね。

そこに真山さんがとうとう9年目にして
「私がエビ中である」と言い出したのでまたおかしなことになってきたぞって。

奇しくも前回の武道館*10へ至る経緯で、メンバー3人が抜けることになり、
残る6人でやりたいとの提案を突っぱねた校長が、4年経って
あの時に追加したメンバー含む6人になったグループにゴーを出したこと
についてはどっかで話を聞きたいですね。
あの時の判断を今どう思っているのか、そして今6人で活動を始めることについて。
(このレベルまでくるのに)4年かかったと思ってるかな?

個人的な思いでいえば、コンセプトありきのグループなので
コンセプトは守る方向でいった方がいいと思っています。
成人メンバーを残すのも考え方(結果的に永遠に中学生というコンセプトが引き立つ)だし、
今いるメンバーでやるのが(短期的には)一番勝てる方法だとは思うんですが、
どこかで新しいメンバーをいれていかないと(近い将来の)終息に向かう
ことになるんじゃないかなって今でも思っています。 6人は少ないよ。

とはいえ、どの時期のエビも魅力的ですし、当然今6人っていうのも。
あの頃は良かった的なことをいう人もいるとは思うんですが、
どっかでギャンブルして欲しいなって思ってます。

校長、ギャンブル自体はあんまり好きそうじゃないけど、
こと勝負となったら黙ってられないタイプだと思うので、
そういうタイミングが来ること、その時に賭けた勝負で負けないことを祈ってます。

まあ見てるこちらからすれば、エビ中は結果論だと思って
見ているところがあるので、これまでもだいぶ下手なこと*11はしてるけど、
これだけ結果が出てるので、楽しみが続いていて良かったなって思ってます。

最後に真山さんが「(私たちが)幸せにするよ」って言っていたのは、
完全に廣田さんへのアンチテーゼだし、決意表明だと思うし、
お別れが上手くできないやつが出ちゃったなっていう風に思いました。

真山さんがエビ中なんだから、幸せにしてくれなきゃ困るよ。

なかなかまとまりませんが、
とにかく凄いものを見せつけられたっていう感じですね。

seesaawiki.jp
natalie.mu

*1:開演が1時間遅いのに長時間やるのかな?っていう肌感覚

*2:「まっすぐ」、「大人は分かってくれない」、「シンガロン・シンガソン」、「えびぞりダイアモンド!!」

*3:挨拶ではなくMC

*4:27/29曲中9曲

*5:実際、1/5の配信でかほちゃんは7人と6人をやらないといけない曲はキツかったというようなこと言っていました

*6:前日のセットリストにも特に不満はなかったですが

*7:そもそもの環境運が良くない可能性があります

*8:今回が3回目のステージで、はじめが「ゆび祭り(2012)」、2回目が「合同出発式(2014)」、そして今回

*9:お姉さん方であったり、登坂車線であったり

*10:20140415「私立恵比寿中学 合同出発式 ~今、君がここにいる~」

*11:1/5の配信で無関心地蔵(20121215 私立恵比寿中学年忘れ大学芸会「エビ中のジャングル大冒険」のセット)の請求額で今だったら飛ばされてるって話もありました

20180103「私立恵比寿中学迎春大学芸会 ~forever aiai~」日本武道館

日本武道館に行ってきました。

去年は年忘れ大学芸会がありませんでしたので、
2017年をまだ終われない気分でこの日を迎えてました。

とうとうこの日がきました。

今日に関してはかなり混むだろうなというところがありましたので、
とりあえずパンフが買いたいということで開場時間の2時間ほど前に到着、
普段の指定席ライブの会場到着時間よりもだいぶ早めになります。

まずは事前認証*1をということで、リストバンドを巻いてもらいます。
ここはそこまで待ちませんでした。

そのままの流れでFC抽選で参加賞をもらって、さて物販に並ぼうかと。
この時点で開場時間まで1時間以上あったかなと思うんですが、
既に今から並ぶと開場には間に合わない可能性がありますとアナウンス。
本気でいってんの!?

終演後でもパンフなら買えそうだなとは思ったんですが、
とりあえずこの時間に来ましたし、ひとまず並んで厳しそうなら
列から離れればいいかということで列に並びました。

物販への列は武道館の二階の周囲を1/3周くらい回って延びていて、
奥からさらに折り返してきた先が階段の下の列に続き地上の列に繋がっていました。
まあ仕方ないので待っていますと、次々に完売のアナウンスが聞こえてきます。

Tシャツもサイズがあったら買っておいてくれと頼まれていたのですが、
開場時間を過ぎてやっとの思いでたどり着いた物販では、
Tシャツは緑も黒も全サイズ枯れていました。
まあ到着時点で緑は既に枯れていたようなので予想通りでしたけれども。
ということで、パンフを買いまして会場内に入ります。

一旦席を確認して、知り合いのいた注釈付き着席指定席*2に行ってみると、
ステージ上の視界はゼロでスクリーンの裏側からミラーで見る感じでした。
「これ注釈付き過ぎでしょ!」って言われましたが、
私にできるのは、これが注釈付きか……と震えるのみでした。

開場からそこそこ時間がたっての入場だったので、
客入れBGMは開演前に流れてきたエビ中の曲くらいしか聴けませんでしたが、
ああこれはやらないんだなって思うと残念な曲が多かったですね*3
そもそも普段からあまりやらない曲なので仕方ありませんでしたが。

ライブは廣田さんプロデュースの各メンバーの個性を誇張した感じの
VTRからはじまって、最初のブロックはその設定を引っ張る形で。
ここの選曲が比較的好み*4だったので、
彼女がメンバーになったのと、私が見始めた時期が近いことで、
だいたい同じくらいの期間を過ごしてきたから相通ずるものがあるな
と思っていたら、作り込みのコーナーが終わったら、
ここからがエビ中の本領発揮だみたいなことを言い始めたので、
そこで失神しました。

途中で安本、廣田、柏木世代のMCから、
「いつかのメイドインジャピャ~ン」だったわけですが、
この演出*5にはグっと来るものがありましたね。

後半にもVTRがあったとはいえ、結局このMCの時に
他の4人はハケていたけど、くっつきブンブン世代には休憩無かったですね。

この曲を含めて、「きっとインフィニティー!」だったり、
「大漁恵比寿節」だったりは今後やることはさらに減るだろうなと思いました。

「金八DANCE MUSIC」の「ポン」に合わせて
銀テープが打ち出される演出は本当に頭がおかしくて面白かったです。
逆に普通に歌詞の中に「ポン」が含まれているところで飛ばないのが
勿体ないと思いながら見ていました。
廣田さん的には、他の演出を削ってでもこれをやりたかった
とのことでしたので、良かったんじゃないでしょうか。
ステージの手前から生えるキャノンの本数は過去見たことが無い状態でした。

そのほか、セットリストでは彼女のキャリアで一番多くやったであろう
仮契約のシンデレラ」をやらなかったのが意外でした。
もっとインディーズ期の曲をやるかなと思っていましたが、
「えびぞりダイアモンド!!」と「売れたいエモーション!」だけでしたね。
これも意外でした。とはいえ、インディーズ期のリード曲では
そんなに良いパートもらっていないんですよね。
あとはマントつけてたのに「スーパーヒーロー」がなかったとこでしょうか。

廣田さん自身がエビ中としての集大成を見せるという側面も
もちろんあったと思うし、自分がいないとなかなか成立しないであろう曲、
今後は披露する機会が減るであろう曲も入れていたとは思いますが、
どちらかというと「これからのエビ中」をディスプレイする方向で
演出していたようには思いました。

廣田さん自身のソロ曲が一曲もなかったという部分にも
現れているのかなっていう風には思いました。
電車*6の歌は長いからいいけど、「コミックガール」は聴きたかったかな。
「コミックガール」好きなので。*7

逆にセットリストに「幸せの貼り紙はいつも背中に」、
「全力☆ランナー」なんかが入っていたところを考えると
他のメンバーのお気に入りの曲*8を最後に一緒にやろう
っていう気持ちもあったのかな?なんても思いました*9

「幸せにする、幸せになる」がキーワードのようでしたが、
「私にはもうできないからあとは残った皆さんで」みたいな感じもあって、
すごく突き放した感じが残りました。

でも、廣田さんにできないことは「アイドル・エビ中」として、
ファンを幸せにすることであって、「廣田あいか」としてはいくらでもできるのにな、
みたいなことをぼんやりと考えていました。

これからもエビ中を応援して欲しいし、
なんなら他のメンバーに推し変して欲しいというようなことを
盛んに言っていましたが、今後立場が変わっていくというところで、
別に間違っていないとは思いますが、
それはそれとしてあなたが幸せにすることもできるのではないですかね?
エビ中に丸投げしていくのもいかがなものか?
っていう風に思っちゃったんですよね……。

まあなんだかんだいって、全般的には彼女らしいなとは思いましたし、
妙なサプライズを挟ませないように自己プロデュースを申し出たんでしょうし、
それを了承して自分のエモに走らなかった校長、キネオさんの判断は
非常によかったなと思いました*10

そこには最後のシングルである「シンガロン・シンガソン」だったり
「YELL」が廣田さんへのメッセージを多分に含んだ曲だったと思うので、
さらに「DearDearDear」は要りませんよね、っていうところも
大きかったとは思いますが。

自分の世界観を崩されることを一番嫌う人でしょうし、
相互の信頼感を感じられました。

恐らく廣田さんは意識的に感傷を殺しに来ていたので、
最後の挨拶でちょっとだけ声を震わせていたのも意外だなと思いました。

セットリストの構成も含めて、最後の最後まで分かり合えないなって
思ったところも多かったですが、本人のこだわりだったり、
自分が好きなエビ中というグループに対する自分なりのプロデュース*11だったり
作り込みも凄かったし、ボリューム感もあって、サービス精神は感じました。
だから余計に突き放した感じを強く受けちゃった気はしますね。

というわけで、色々あった2017年が終わりましたという感じでした。

これからの廣田さんが何をするのか、現時点では全く見えていないので
なんとも言いようが無いですが、廣田さんなら意志の力で
色々切り開いていってくれると思いますのであんまり心配はしていません。

これからも色々やっていって欲しいし、なんならちょっとだけでも
皆さんを幸せにしてあげて欲しいなっていう風に思いました。

seesaawiki.jp
natalie.mu

*1:事前認証自体はあっさりしたものでしたが、とにかくリストバンドがないと物販エリアにも入れないということで

*2:ちなみに西の1階スタンド

*3:「歌え踊れエビーダダ」とか「面皰」とか

*4:「ポップコーントーン」からはじまる意外性とか、「フユコイ」、「なないろ」、「感情電車」とか

*5:松野さんを中心とした過去映像をステージ上のモニターで流しながら

*6:ぁぃぁぃといく日本全国鉄道の旅

*7:セットリストにあった個人的なイメージでの廣田曲は 「きっとインフィニティー!」「大漁恵比寿節」「金八DANCE MUSIC」「ちちんぷい」あたり、「大人はわかってくれない」と「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」も印象強めですね

*8:ちなみに1/4のパンフに載っていた好きな曲3曲に入っている曲が1曲もセットリストに含まれていないのは、柏木さんだけ

*9:当然、1/4のセットリストとの兼ね合いもあるとは思いますが

*10:実際のところはどのくらい大人の手が入っているかは分かりませんが

*11:1/5の配信で柏木さんに対するキャラクター付けがどういう意図だったのか良く分かっていないという話だったので、それはそれでなんか凄いなって思いました

「どうせレポとかするんだよね」20171213 真山りか生誕ソロライブ「まやまにあ」マイナビBLITZ赤坂

さて、師走のド平日ですが赤坂に行って参りました。

当日の朝にぬるっと会議が入って若干焦りましたが、
早退する予定時間の前までの会議だったので、助かったなと思いながら、
とはいえ、おかげで自分の仕事は何もできずに職場から逃げ出して
マイナビBLITZ赤坂へ。

電車に乗り込んでみて、ちょっと早すぎるかな?
とは思ったんですが、なんだかんだで出られなくなる可能性があるので、
会議終了即出発をしてしまいました。
ガンバレ、明日の自分。

とはいえ、やっぱり思ってたよりもだいぶ早くて
赤坂に早く着きすぎて、外は寒いし途方には暮れました。

いつぶりか覚えていないくらいぶりの赤坂でしたが、
赤坂サカスへのアクセスの良さは異常ということでしたが、
駅から地上に上がってはみたものの、寒いので結局地下に戻って
暇潰しをしていました。

寒風の入ってこない場所を探して座っていましたが、
ゆってもそこも寒かったですね。眠くてぼんやりしてしまいました。

開場15分くらい前になって、満を持してBLITZの前には行ったんですが、
開場した後でも全然間に合う整理番号だったのでさらに待っている中、
あと1時間は普通に仕事できたなと思いました。

時間が読めない人間として反省しましたが、
赤坂久しぶりだから仕方ないね!

そんなこんなでやっと入場しまして、
ドリチケで交換した水をぶら下げて会場内へ。
場内は懐かしさすらないくらい久しぶりでしたね。

昔より会場が小さくなった気がするのは自分が成長したからでしょうか?
思わず検索しましたが、初めて行ったのは改装前でしたが、
さすがに2008年*1以降にも来ているのでただの勘違いでした。

さて、会場内に入ってざっくりとポジションどりをして
客入れの曲を聴いてたんですが、aikoかかってるなって思ったくらいで
すぐにVTRがはじまりました。

去年の生誕と同様に開演約30分前から約30分間の一人喋りです。
今回はブログで質問を募っていたので、愛用のiPadをスワイプして
ひっかかったものに答える形式。

質問を覚えてる範囲でいくつか。

・オリジナル変身ポーズを見せてください
 →つくばテレビ制作の「ももえび学園」という番組では必殺技*2
  やったなというエピソードから、ゴリゴリの平成仮面ライダー的な変身ポーズ*3を披露
・長く3番をやっているが、本当に好きな数字は?
 →好きな数字は1、みんなの一番になりたい
・どうして星名さんが運転する車に乗ろう*4と思ったのか?
 →星名さんが生誕で流すVTRを鎌倉にドライブして撮影をしたいという希望があり、
  選ばれた相手が自分だった、ただ一緒に行ったのは事務所からのオファーがあったためで
  プライベートなら断っていた可能性がある、安全運転だったとのこと
・「夏の扉*5」の真山ソロバージョンが聴きたい
 →序盤躓きながらも1コーラス程度歌唱 *6
ポケモンGOの進捗、その他おすすめアプリなど
 →夏、横浜のポケGOイベントでTAKUYAに会ったエピソード、
  レベル的にはそんなに上がっていない

最近、藤井さんに「きれいになった、おしゃれになった」と言われて
うれしかったという話に続いて、最近言われてうれしかったことは?みたいな
質問もあったと思いますが、藤井さん以外にも「”最近”きれいになった」と
言われる機会が増えたがが、うれしい反面「最近?(怒)」という風には思っているそうです。

VTRでは唐突にラジオ体操*7が始まり、その途中でぶったぎるように終わって、
また客入れの音楽が流れてきました。
この時は「恋愛レボリューション21*8と再びaikoさん*9だった気がします。*10

VTRが終ったタイミングで円陣の声が聞こえましたが、
また客入れBGMが流れ始めるという微妙な感じになってた気がします。

さて、客電が落ちてebitureが流れてきましたけど、
テンポがちょっと違うなと思いました。

EDMアレンジのebitureに乗って煽りながら出てきた、真山さんが
ステージのセンターに立って、アカペラで
「辛くなって不安になるときに、いつも目の前で揺れる光の海
 ありがとう蛍の光、もう電気をつけて行かなくちゃ」
と「蛍の光(Demo)」の一節を歌って本編スタートでした。

実質1曲目は「春の嵐」で、
この曲は序盤にやりたいんだろうなって思いました。
後半になるとコンディションがアレしますし。
春ツアーでソロ見れなかったので、見られて良かったです。

シンガロン・シンガソン」は、1/3までは外せないよなっていう感じですね。

最初のMCではハタチの集大成のライブになるけど、
あんまり思い入れがないと言い出してましたね。

OPのebitureはさつき が てんこもり氏にお願いして
mixしてもらったオリジナルで、 アレンジのテーマは「パリピ」、
いわばmayatureであると。みんなノレてなかったねとdisっておられました。

この夏、勇気をもらった曲ということで、
LiSAの「だってアタシのヒーロー。」をカバー。
例えば自分が今21歳だったら、たぶんこんな曲聴いてるよな……
って思いながら聴いてしまいました。
歌詞が良いという話でしたが、ここ最近のエビ中のモードとも近いなと思いました。

ガールズロック的な流れで「君のままで」。
なんか突然フェイクとか入れてましたけど、
この曲はたぶんソロでやりたかったんだろうなって思いました。

グループの曲でもあり、安本彩花のソロ曲でもあるわけですから、
何かエクスキューズがある時にしかソロで歌うことはできないでしょうから。

今年1年は曲に支えられてきた、
(その中でも)「だってアタシのヒーロー。」を 歌いたかった*11

「サドンデス」は自分の推し以外のオタクを
次々OUTにしていくのは痛快ではあったけど、水を飲みながら見ていました。
岡崎体育のライブのVTRにCVで出たお返しに今回用のボイスを用意してもらったとか。
利用できるものは利用すればいいと思います。

「Shen-Shen Passion Night 」年1披露のキョンシー曲。

「PURPLE LOVE」はこういう曲は田村ゆかり楽曲なんだろうな、
と思って聴いていたんですが、その割に歌詞が紫で真山さんに寄っているな、
こんな曲を田村ゆかりさんは歌っているのか!と思っていたら、
春奈るなさんとのデュエット曲で持ち歌でした。さすがに人生甘くないな!

ちなみに帰りの電車内でなんの曲か検索していましたが、
答えが出てこなくて何故だ!と思っていました。

VTR「まやまさんぽ(長崎編)」は、家族と行った
長崎旅行で撮影してきて、編集を自分でやったとか。
映像がスマホ撮影っぽいなと思いました。

内容的には、待ち合わせ場所に突然に長崎を指定してきて、
先に着いたからポケGOをやっていて待たせた挙句、
長崎まで行ったのにリンガーハットでちゃんぽんを食べて、
眼鏡橋周辺を走って終わりというクレイジームービーでした。
待ち合わせで肩を叩いた手(撮影者)がお父さんだと思うとウケますが。

VTR明けはスタンドマイクで聴きなれないイントロ、
下北沢ダイハード」で夏帆のCV歌声として歌った「39クラブ」でした。
これはもうやらないだろうなと思うと、非常に得した気分ではあります。
ドラマは録画だけして見ていませんが、歌の場面は見ました。

「老醜ブレイカー」と「イーアルサディスティック」は
もはや懐かしいというか、やっぱり年に1回しか聴けないからなー。

「Thanks! Merry Christmas K」は「今年も聴けて良かったね」と
言っていました*12が、本当に来年から聴けることなさそうなので。
何回聴いても半分ずつ別の曲にしてくれ……って思っちゃうから、
実質4年、人間的な進歩がない。

れにちゃんからLINEをもらった強さ自慢*13からはじまったMCは、
「正解!越後製菓!」、水を飲みながらのMCが難しい。
「普段は「副音声」廣田あいかがいるから、私喋んなくてもいいかなって」
ステージドリンクは「スポーツドリンク*14」と「水」。

今年は数々の別れがあった もう決まってる別れも先にありますし 。
昔はお別れするのが寂しすぎて、寂しさが怒りに変わってしまって。
寂しさを上手く表現できなかった。

「(普通に)「さよなら」って言えることがとっても幸せなんだなって感じた。
上手にさよなら、バイバイって言えたかな、言えてないこともあるけど……。
(そういう時に)いい曲をいただいたな」、今年のテーマみたいな曲でしたね。

「さよならばいばいまたあした」は、かほちゃんの曲だと
思っているところがあるんですが、真山さんがあんまり声を張らないのが
基本的に好きなので、非常に心地良かったです。

歌う前の「上手にバイバイって言えたかな」っていうところで、
「できるかな?」の「いつか上手に お別れができるかな?」を思い出してました。

「Liar Mask」では池袋のアニメイトを思い出してました。

曲が終って「これが最後の曲でした、言うの忘れてた」だって。
「盛り上がる曲じゃないから別にいいでしょ、そんな真山も好きって言って」
「アンコールあるから、アンコールは(2曲)あるから」といってハケていきました。

真山コールに乗って出てきて、アンコール1曲目は「蜃気楼」。
「蜃気楼」はアンコールでやる曲ではないとは思いますが、
ライトとか手先の振り付けと合わせてくるとやっぱりエグいなっていう。
去年久しぶりに見て感動したのには敵わないなって思いましたが、
年に一回しか見れない出し物だし、これを見せられたら仕方ないかな
っていう風に思いました。でも、やるなら本編で、だとは思います。

最後は「ポップコーントーン」。
蛍の光から本編はずっと別れがテーマになってしまったのは、
今年を象徴する出来事だからに仕方ないですが、最後にポップコーントーンで
真山さんの気持ちが出たのではないでしょうか。

声を張り上げていた*15ので、音程とかアレでしたけど、
最終的には曲もいいし、真山さんも良かったですね。

最後のMCで「ハタチ目前のライブ」とか、
とにかく、今年でハタチなのか21歳なのかあやふやで、
誕生日まであと何日かというところもあやふやで、
しまいには20代最後*16にまでなってましたね。

「お前らが血と肉を捧げるのは誰だ?」「真山ー!」で記念撮影。
「言い方おかしいところは、受けとる側でどうにかして」
「(終れない空気に)明日は武道館のレッスンがあるので」

全編勢いで喋ってるなっていう感じが非常によく出ていました。

去年は、はじめての試みだったこともあって、古参向けメドレーとか
ハタチまでの活動の決算的なところもあったセットリストだったので、
今回はやりたい曲を選んだっていうコメント通りに、エビ中楽曲に関しては
比較的やりたいものをやってるんじゃないかなって思いました。
「貼り紙」と「フユコイ」は去年やったしね。
20161216 - King of Literary exhibition

去年のセットリストから消えたソロ曲は、
「ハチのムサシは死んだのさ」だけで、デュエット曲と「春の嵐」が増えて
持ち曲(実質年一披露曲)は6曲(+39クラブ)ということになりました。
20171213 - King of Literary exhibition


よっぴー*17が「 年一とかじゃなく、もっとやればいいのに! 」って
Tweetしていましたが、逆に今まだ受験生がいたり、
グループの活動が凪ぎの状態に入ることがあるような感じだったら
そういうこともあったかもしれないけど、今やメンバーに学生の方が少ないわけだし
義務教育の子もいないので、グループの活動を優先している以上、
そういう活動の隙間がないんですよね。


お姉さんとこのリーダーみたいに一人だけまとまった仕事があって
他のメンバーの稼働の仕方を考えなきゃならないみたいな状況にもなってないですし。
映画とか拘束期間の短いタイプのドラマ*18とかではなかなかそうはならないから、
やっぱり安本さんに朝ドラ食い込んでもらうしかないなと思います。

音楽ナタリー「エビ中真山りか、やりたいこと詰め込んで“まやまにあ”魅了した21歳生誕ライブ」
natalie.mu

----
エビ中の真山だからこそできる事を
詰め込みました!

主観バリバリ、でも後悔してない!
----
lineblog.me

年明けの武道館、1/3はやっぱり今年と地続き*19で、たぶん1/4が3Bライブ*20みたいな感じなのかな。

一旦そんな感じで。

*1:新規開業

*2:グランドファーザー

*3:恐らく仮面ライダーオーズの変身ポーズがモチーフ

*4:星名美怜生誕で流れたVTR

*5:松田聖子、2011年に「MemorieS~Bitter Sweet Pineapple~」というカバーアルバムに宮崎れいな真山りか星名美怜柏木ひなたの4人で参加、カバーしている

*6:振付けも1度だけ披露した(柏の葉)時のバージョンをやってた気がします

*7:秋田弁のラジオ体操

*8:モーニング娘。

*9:れんげ畑

*10:恋レボ21→21歳、れんげ畑→歌詞に「むらさき、むらさき」だそうです

*11:アニソン(僕のヒーローアカデミアED)ではあったが、アニメからではなくラジオで聴いて気に入った、アニソンを歌えという空気にも対応できる選曲だったとか

*12:20161223 私立恵比寿中学 クリスマス大学芸会2016「エビ中オーシャンズガイド」DAY 2以来

*13:おつよいでしょ?

*14:ポカリ(商品名は伏せてということでしたが)

*15:アウトロの安本パート

*16:20歳最後

*17: ニッポン放送 吉田尚記アナウンサー(ミューコミで共演)

*18:廣田さん、りこちゃんの咲、tvkのかほちゃんのドラマがこのタイプ、真山さんが出ていたとなりの関くんとか

*19:年忘れ大学芸会+かほりこ加入からの体制の終わり

*20:aka俺の藤井