ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

20170716

さて、東京国際フォーラムです。
春ツアーがはじまったよー、そしてツアーファイナルだよー。
今回のツアーはこのファイナルしかチケットをとっていなかったので、
個人的なツアー初日がファイナルっていうことで、
本音を言えばもっと見たかったですよ。

でも、大宮とか横浜とか行けそうだったけど、
結局行かなかったのは、諸々事情があったにせよ
たぶんこちらの問題でしたから仕方がありません。

いざその時になったら現実が突きつけられるんだろうな
って感覚がありましたから。

ちょっと買い物を頼まれていたので珍しく早目の現地到着で、
13時半頃に会場について物販へ。
ちょっとは時間がかかるかなと思っていたんですが、
物販に入るのにも当日のチケットが必要だと言うこともあったからか、
ホンの3分で用事が終わってしまい、
あと2時間半何してればいいんだ……って感じになりました。

仕方ないので、まずはビックカメラ
買えないカメラを眺めながら時間を潰していたら、
松野さんのフォトブックを買いに来たけど
チケットないから入れないというSOSが来たので、
会場に戻ってフォトブック購入の手伝いをして、
そのままお茶に付き合ってもらって開場時間まで過ごしました。
助かったと言ってもらったけど、こちらの方がよっぽど助かりました。

今日は完全にこちら側の問題でどんな内容でも泣いてしまうだろうし、
なんなら物販で件のリハーサル風景のポスターを見てもグッときてましたから、
だいぶコンディション良くないなと思っていましたが、
お茶しながら、ああでもないこうでもないという話をしてだいぶ気が紛れました。

有楽町の地下通路で分かれる時に
「やっとツアーが始まりますよ、そのまま終わりますけど」と言ったら、
「(私の)ツアーは始まりませんでした」と残して去っていかれました。

そんなこんなで会場に戻って中に入ると、
思ってたより良い席だったので双眼鏡は出しませんでした。
表情まで見えるような席でもなかったですが、オープニングで
柏木さんがメガネかけてるのがすぐわかるくらいの席でしたので。

性質的にセットリストは散々見ていたんですが、
序盤は柏木さんのメガネに気をとられたっていうのもありますが、
初見の曲が多過ぎて進行の感覚が掴めず。

エビクラシー楽曲はほぼ音源で聴いたのみなので初見では情報量が多くて、
やっぱり何回か見とけば良かった!と思いました。
まあそういった部分はこちら側の問題なので。

旗を振る廣田さん、リアルメガネで登場する柏木さん、
全員そろっても7人しかいないステージ。少ないな……。

自己紹介が進んでも柏木さんのメガネが一向にいじられないので、
これはいじっちゃダメなやつなの?何事なの?
と思いましたが、これもブログ*1を読めない病気の私が悪いです。
恐らく意識的にアップが少なかったと思うんですが、
目が腫れてる感じだったんで、コンタクトできなかったんだろうな、
とは思って見てはいました。
そして、レンズの後ろの空間が歪んでたんで、リアルなやつだなと。
廣田さんだけは、曲中にメガネいじりしてたけど。

真山さんの自己紹介の時にのど飛ばす勢いでやるぞって、
声張りすぎて、超音波になってたから何いってるか分からないのに、
客席のリアクションがおかしいな?みたいな態度をされても……。
反省してください。

何を思ったか、かほちゃんが今日はスペシャルな事があると、
冒頭からネタバレをしてきたので、ゲスト的なアレかな?と思いましたが、
岡崎何とかさんはすぐ対バンあるから、今日は良いでしょ?勘弁してよ!
TAKUYAとかにしてください!と思っていました。

エビクラシーの曲群に良い意味でだいぶ削られてた中で、
「スターダストライト」で、やったー!と思ってたら、
「日進月歩」と「ポップコーントーン」がセットリストから落ちるっていう。

「コミックガール」の前振り総集編から、最後にロック・リーのセリフで、
ロック・リーが始まるのとかは面白いけど、NARUTO読んでないんですよね。

奇数のフォーメーションから偶数になってまた奇数だから、
ペアの振り付けでバランスがとれてたところが崩れたけど、
センターをとって上下に分かれるみたいなのは綺麗になっていたような気がします。

「なないろ」で安本さんが曲中に泣き出して、さすがにエモりすぎじゃない?
って思ったら、放たれたキャノンの銀テープが青一色で、うわーとなりました。
……エビ中に個人カラーはありません。

途中一旦ハケてた空に浮かんだ花のセットが戻ってきて青く光って、
「全力☆ランナー」がはじまったアンコールでは、
松野さんプロデュースの自習でもはじまるのかな?と思いましたが、
そこまでではありませんでしたが、アンコールは松野さんに向けた内容でした。

「全力☆ランナー」といえば、松野さんが身を乗り出して
ミルクティーの件がいかに良いかを語っていたよなって。

続くフレサイでも普段メンバーは白のペンラを使ってると思うんですけど、
全員が青にしていて、色とりどりだった会場も青に統一されていきました。

「サドンデス」は全員が右の太ももがかゆくて*2脱落して行って、
最後に残った安本さんが、このツアー初めて勝った瞬間だったそうで、
っていうか、最後に残った人は助けに行かなきゃダメなんじゃないの……。
勝って喜ぶ安本さんを立ち上がった廣田さんが「エビ中にヴィーナスは必要ないわ」
といういつものセリフで一蹴して通常営業に入っていくの面白かったです。
このオチの為にここまでの18公演で安本ヴィーナス無しで来たんだとすると、
キネオ氏の構成力!ってなりますね。

そして「今日、最後の曲」として「えびぞりダイアモンド!!」。
これで「サドンデス」で終わらなくて本当に良かったなって思いました。
個人的には苦手な「サドンデス」ですが、皆さん好きだと思うので
別に良いんですけどこんなもんで終わるなよっていう気持ちが強すぎて……。
松野さんの初音源であるところの 「えびぞりダイアモンド!!」で
終わるのは悪くないなと思いました。

最初のMCから今日は特別なことがあるって
何故かかほちゃんが力強く言ってたんですが、
「なないろ」の青一色のテープとこのアンコールが
メンバーからの松野さんに向けたスペシャルだったんでしょうね。

MCは終始、安本さんトークショーだったんだけど、
年長の二人は安本さんの話を聞いて、真山さんは天井を見上げるし、
星名さんも崩れそうになってましたね。

安本さんが話し出すとかほちゃんしか相づち打たないし、柏木さんしかツッコまない。

それでも最後はやっぱり締めの挨拶は柏木さんがして、
挨拶の後に星名さんがごきげんようまでに一言つけるという
エンディングが長いスタイルは変わらないね。

最後にセットの階段上で並んで 挨拶が終わっても、
このツアーの途中から披露されていた新曲の「日進月歩」も、
ここまでずっとセットリストに入っていた「ポップコーントーン」も
無かったのでダブルアンコールなのかなって思いながら、
椅子に座ったら、感情電車に載せてエンディングVTRが流れてきました。

流れる感情電車は全員でもかほちゃんのソロでもないような、これなんだろうなーって。
何となくの違和感だけ感じながら最後まで見たところで、
「Kanjodensya song by RINA MATSUNO」(だったかな?)のテロップが出て
思わず息をのんだ瞬間に流れ出したエビクラシーのジャケット撮影シーンには8人。

8人であの衣装で手をつないでくるくると回りながら撮影をする姿。
それはあの日までの日常で、何の違和感もない世界だったから、
余計に厳しかったな。

どこまでかわからないけど録音もしてたし、撮影もしてたんですね。
そうじゃないとあのタイミングでアルバム出せないか。

歌が上手いとまでは言わないけど、あれだけ歌えるようになって
あれだけ表現力があがった前途ある人がいなくなったことが余計に辛くなってしまった。
ただただ勿体ないということしか言いようがないです。

普段、終焉後1秒でも早く外に出たいと思うタイプなんですが、
VTRが終わってもなかなか立ち上がれなかったですね。
足元の青いテープを拾ってくるくると巻きながら
虚空を見つめる時間がちょっとあって、客電も点いてるし、
外に出ようと思って通路を抜けようと思ったら、
PA卓のところにかりそめ先生ことザキさんがいたので、
距離も近かったし何か声かけようかと思ったんですが、
「ありがとう」でも「してやったり?」でもないなって、
何も言うことないなと思いなおしてそのままロビーに出ました。

募金をやってた藤井さんのところに行って、
職員会議の当日券の話をしようと思ってたんですが、
何かそういう感じでもなく、握手をするわけでもなく
募金して、ただ会釈をして帰路につきました。

そもそも会場に知り合いもほとんどいなくなってしまったので、
いつものことなんですが、なんとなく一人になりたい気分ではありましたね。

去年の春を考えたら、どエラいシンプルな構成のセットでしたかね。
別会場に行ってないので他の公演については分からないですが、
大物の造作は中央の階段、階段から延びるベランダと
アンコールでも使われた吊られた花のくらい?
階段のLEDが演出に大きく使われてたのと、階段の奥で風船が舞ってたので、
色んな事やってるなーとは思いましたが。

気のせいかもしれないですけど、ステージの両サイド潰してたように思いました。
国際フォーラム、デカい!っていうイメージがあったんですが、
スカスカに感じなかったというか……。何回見ても足りないんですけど……。

はじまる前は何やられても泣いちゃうって思ってたけど、
思ったより泣かなかったし、最後は泣くとか泣かないではなく
ただ言葉を失ってしまった。

まあ今回のツアー自体が最後のVを流すためにあったんだなって思うし
1公演しか行かなかった自分が悪いですね。

開演前にカメラが入っている旨アナウンスしてたのは、
スター☆ベガスだと思ってたんですが、EP5にファイナルの全編が入るとのことなので、
今秋?今冬?を期待したいと思います。各地のソロも入るような話でしたし。

でも、1公演とはいえ行けてよかったなと思いました。
追い出しのアナウンスも心なしか最後声を詰まらせていたように感じました。

これで本当に一区切りですね。

VTRの最後で「今、君とここにいる」のロゴが
「 これからも、君とここにいる」に変わったのを見て、
気持ちは「これからも、君と」でも、多分「ここにいる」ことはできないから、
ホントにもう頼ってばかりはいられないよと思ってしまいましたね。
突き進め私立恵比寿中学だよ。


MCの詳細セットリストなどはナタリーで
natalie.mu

*1:名古屋の特典会で目の調子が悪くて、結膜炎だったそうで前日の石川とファイナルはメガネでやると書いていたそうです

*2:松野さんが脱落する件

20170604

クリスマスライブ以来の桜エビ~ずワンマンに行ってきました。
会場は久々の代官山UNITということで、懐かしさもあり。

直前にエビ中のフリーライブと被るという、
強力な向かい風もありましたが、そんな中でも
客入りは前回のUNITよりも良かったんじゃないでしょうか。

基本的に桜エビに関しては、ワンマンに行ければいいかな
っていうところではあるんですが、なかなか行けないんですよね。

この前のワンマン*1の時に動員が少ないみたいな話を
メンバーがステージでしていたっていうのもあって、
何も藤井さんもフリーぶち当てることないのになって思いました。

とはいえ、最近は巨大対バン系のイベントに出たり、
事務所内とはいえ東北産と対バンしたりという動きもありましたが、
まあそうそう動員は増えませんね。

でも、現状と会場キャパを考えれば、
特に少ないわけじゃないと思いますし、メンバーに、
そういう圧のかけ方をするのはあんまり良くないのでは?
って思ったりします。

そういうのは大人が考えてほしいなって思います。

ライブの出来が良い悪いという観点以外は、
大人のすることなんじゃないって思ってしまいますので。

強引に客を増やしていくような感じでやっても仕方ないですよ。

さて、今回の1部は「水春こと水春」さんの生誕ということで、
入場待ちで何度となくサイリウムを配られるというのがありました。
2か月に1回ペースでワンマンをやっていると、だいたい生誕なんですね。

前回は見に行けなかったので、3rd CD-Rを未入手だった私は、
初見の曲からのスタートっていうことで、誰のカバーだろ?
と思ってましたが、サビでタイトルが出てきたので、
なるほど「お年頃distance」ですかっていう感じでしたね。
チョット愚直に!猪突猛進」系といいますか、
今こういうモードなんでしょうね。

2曲目のセクボは何百回聴いてもイントロが良い。
セクボのカバー以外は序盤はオリジナルを固めてきたので、
対バンイベントのセトリっぽいなと思ってました。

エビ中カバー曲は「 揚げろ!エビフライ」で、
皆さんタオルを振り回しますので、フロアには凄い量の埃が舞っていました。
結果的に、1部でのエビ中カバーはこの1曲だけでした。

そして水春さんの生誕ソロは中森明菜の「 DESIRE」。
1stワンマンの時に「少女A」をやった以来*2中森明菜カバーを、
お母さんの手作り着物風衣装で。
衣装そのままで「万華鏡キラキラ」を川瀬さんと。

「こころ予報」、「チョット愚直に!猪突猛進」と来たところで、
新カバーのくるりワンダーフォーゲル」でハローグッバイ、サンキュー。

イントロ聴いて、良い曲だからカバーかな?っていつも思ってしまう
「嘘とライラック」の後、暗転のままマイクスタンドがステージに入れられて、
盛り上がるイントロがきて女子流の「ヒマワリと星屑」。
かなり久しぶりに聴いたけど、やっぱり良い曲ですね。

ここから終盤はしっとり目なオリジナルと、
3B楽曲*3のカバーで最後に3rd CD-Rからの
「ボクエール」だったんですが、これは初めて聴いたんですが、
若干アンダーグラウンド系だなと思いました。

生誕の主役こと水春さんは、中森明菜みたいになりたいとのことでしたが、
まあそれはそれで大変な道なので色々と考えていただければと思いました。
あと「はーどっこい」は結構ナニな感じだなとは思いました。

MCのコーナーは栃木在住と私服へのdisと、
芋好きいじりを順に行う催しと盛りだくさんでした。

序盤に5曲オリジナルを入れても後半にも
ちゃんとオリジナルが残ってるのは頼もしいなっていう感じがありますね。

さて、ここでお台場に行く選択肢もありましたが、
代官山で食事をしまして、そのまま残りました。
こちらが先約だったので仕方ないです。

藤井さんの回せる情報を信用してかなり検索しましたが、
どうやっても2部に戻れませんでしたのであきらめました。

2部ですが、藤井さんは1部終わりでお台場に行くものだと思っていたので、
開始前の注意事項でステージに上がった時にちょっと驚きました。

セットリスト的には曲順がかなり違っていましたが、
基本的な選曲は同じような感じ、カバー曲がテーマに沿った
「雨」に関する曲に差し変わったようなイメージでしょうか。

エビ中曲のカバー「どしゃぶりリグレット」からはじまって、
3Bカバーの「Rainy Day」ということで、
1部とは逆にしっとり目な展開からという感じでしょうか。

「ヒマワリと星屑」「ワンダーフォーゲル」は2部でも披露。
2部ではユニット曲がなく、「やらかいはぁと」が終盤に入っていました。

結局エビ中カバーは2部でも1曲だけということで、
それはそれで結構貴重になりつつありますね。
「どしゃぶりリグレット」が聴けるのも桜エビだけ
みたいな様子にもなっていますが*4

2部のMCコーナーはコント。
前回からやっていたそうですが、前回は見ていないので。
結構ちゃんとした内容でしたが、村星さんがクレイジーな役をやった
と言っていたんですが、イメージ的には普段と大きなブレはなかったかと……。
演技となると水春さんともあちゃんができる感じに。

そういえば、もあちゃんの出番が旧カバー曲以外は
基本ステージにいるようになったし、新曲・新カバーでは
歌割もあるので9割くらいステージにいるようになりましたね。
途中真っ赤な顔してる時がありましたので無理はしないでほしいですが、
良いことだなと思いました。

一通り終わって、本日のライブの感想をというところで、
リコーバーバージョンのダースベーダーのテーマが流れて、
「おいおい、電波かよ」と思いましたが、案の定というか、
藤井さんが出てきて、桜エビの担当者が転校しましたので、
私がやることになりましたという発表。
「転校」っていうところでもっとウケると思ってたとのこと。

そして担当するからにはちょっと変えてきたいと思っているという話から、
ロゴの変更、グループイメージの変更をすると発表。
脱スタダ(系グループのイメージ)をして、行きたいとのこと。
そこで「まずは」と付けてしまったために、茜空さんは泣き出すし、
他のメンバーも、「まずはって、他には何があるんですか!?」
「脱スタダって事務所も辞めなきゃいけないんですか!」 とパニックに。

結局はロゴとグループイメージを変えるだけだったので、
「言い方が悪かった、そんな意味じゃなかった」というフォローも
藤井さんらしい感じではありましたが。メンバーはそりゃビビりますよ。

まあそんな事情があって、藤井さんがお台場に行かなかった
という事だったんでしょうね。

この日お披露目された、*5黒を基調にした衣装と、
ロゴマーク、「カッコイイグループ」を目指すという話、
色分けされたアイドルなんて面白くない、黒は今どきのアイドルの
写真が並んでいる時に違和感があって目につきやすくなるという事でしたが、
正直黒い衣装のグループってそこそこあると思いますけどね……。

そんなこんなですが、件の黒衣装のメンバー毎の
上下の丈が絶妙で川瀬さんと茜空さんはおなかが基本出ていて、
もあちゃんは完全にガード、水春さんと村星さんはチラチラ、
桜井さんはかなり伸びをするとチラッと見える感じ。
まーわかってらっしゃる。

桜エビはアンコールが無いのが定常化してきましたが、
その辺は意図的なんでしょうかね?
全体的な曲数的にも、毎回増える新曲(カバー含む)的にも、
本編で出し切ってるなとは思うので特にアンコールやってほしいと
強く思うわけではないですが、アンコールが起こった時に
どうするのかなーとは思っていますね。

若干、フロアにアンダーグラウンド感が出ちゃってきてますけど、
まだ軌道修正可能な範囲だし、ステージは見ていて楽しいので、
行ける限り見に行こうかなとは思っています。

代官山UNITを聖地にしようとか言ってましたけど、
規模感とか会場内の動線とかは結構限界早そうですよ。

まあそんな感じです。

*1:4/15のwww

*2:私は見ていませんが…

*3:fallin’ snow /momonaki、約束/P-A(エビ中

*4:たぶん2016年エビ中ではやってないと思われます

*5:これから夏だっていうのに…

20170103

人生の先送りの結果、
もうすぐ半年経とうかという感じなので、
次の何かの前にまとめておこうと思いましたので、
エビネギのことを。

年末に仕事を収めてからガクっと体調を崩していて、
年末年始運良く休めたのにずっと寝ていて、
大宮までには体調戻すぞってそんな気合だけで
元日、2日と徐々に調子も上がってきて
3日には出かけられるなっていう感じになってました。
良かった。

そんなワケで、以外にも初めての
大宮ソニックシティに行ってきました。
関東の出なので、良く名前を聞く会場だったんですが
行ったことなかったんですよね。

埼玉は比較的行きやすいのでスンスーンと大宮に到着。
軽く食事でもしたら丁度良いかなって思って
チケットを見たら開場時間を1時間間違えるというミス。
前倒しで間違ってて良かったですね。アハハ……。

大宮駅前でアイスコーヒーを飲みながら、
ただただ時間を潰す為に大宮でのイベント回顧をしていました。
大宮ロフトとかアルシェの公録とか。

そうこうしているうちにやっと開場時間が
近づいてきましたので、ソニックシティの前に。
病み上がりで疲れちゃうんで、
とりあえず会場内に入って座りたいです。
入場待ちしてたら、知り合いにCD貰えたりしました。

そして、入場して自分の席へ。
本日は2階席、下手寄りでした。
この日は着席指定席のシステムが無かったですし、
前1列挟んだ席まではNegiccoのチケットエリアでしたので、
皆さん着席観覧しておられましたが、1列間に挟まっておりますので、
着席しての観覧はできませんでした。
着席指定があれば……。

無い物ねだりをしていても仕方ないですね。
さて、イベントはOPVからスタート。
キネオさん仕事でしょうか、年始から良いVTRありがとうございます。
OPVでの真山さんの衣装が、自分では買わないだろうなっていう
スカジャンでよかったですね。

本編は「一月一日」の合唱から、正月らしさ。
ここからは何曲かずつ交互に、歌ってない人たちは
そのままステージ上に残ってセットのコタツで
みかんを食べたりしながら待つという流れ。
ずっとステージ上に残るのは珍しいですね。

というか、待ちで相手方の曲を口ずさんでいたり、
手振りをマネしていたりとか、なんというか一番見たいものを
見せてくれていたのではっていう。
バチバチ感の全くない対バンだからこそですかね。
バンというよりも合同イベントなんだな。

Negicco自体は何度かイベントで見てる程度で、
そんなに詳しくないんですが好きな傾向の曲をやるグループなので
Negiccoパートも楽しく聴けました。

エビ中はセットリストの前半は結構古い曲をやっていたので、
大宮でやっていた頃を彷彿とさせるセットリストかな?
と思っていましたが、そんな気分だったのは中盤までで、
あの頃とは持ち曲の数が違いますよねっていう。

「中人DANCE MUSIC」は、珍しく振りアリで見れました。
折角だったので、たとえ2階席でもセンターで見たかったですね。

「アイドルばかり聴かないで」「フユコイ」のシャッフルでいうと、
特に「フユコイ」では、5人(Megu、Kaede、星名、松野、小林)で
歌っていたので、エビメンも普段歌わないパートも歌っていたので、
スペシャル感がありましたね。

「アンコールの恋」「まっすぐ」から、Negiccoを2曲挟んで、
「MISSION SURVIVOR」が来たので、油断できない!と思いました。
こんな感じだと、ラブスマでしょって感じなのにやらないなと思ってたら、
「ラブリースマイリーベイビー」だったので、ああそう来ますよねっていう。
これが今一番盛り上がるセットリストですからね。

まあ結果的には「まっすぐ」と「ポップコーントーン」が浮くという、
よく分からない感じになってるなと思いました。
Negiccoさんと交互にやる以上、まとまりがないのは仕方ないですが、
結構顕著に出てたかなっていう風には思いました。
後でセットリストを見直した時よりも、会場での方がキツめに感じました。

そして、このイベントの要ともいうべき、
双方の池ちゃん楽曲「頑張ってる途中」「ねぇバーディア」を交換。
「ねぇバーディア」は、良い曲なので是非くださいと思いました。

最後は両グループで「圧倒的なスタイル」「永遠に中学生」
をやって、最後に「エビネギ・オーライ!」ということで、
徹頭徹尾楽しいイベントは終了しました。

最後に今年の抱負を聞かれた星名さんは「中学生を極める」という
抽象的な仕上がりだったのはご愛嬌ですね。

本当に申し訳ないのですが、「圧倒的なスタイル」の
ラインダンスはお断りしてしまったので、「永遠に中学生」での
肩組みもご遠慮することに成功しました。
ノリが悪くてごめんなさい。

さて、このイベント、演者と見た人だけが得するイベントでしたね。
それって本当に正しいと思うんですけど、誰が得するんだろ?
って思ったりもしました。

2組なのに3時間やって、曲の交換とかシャッフルとか
イベント用のオリジナルコラボまでやって、
OPVでロケにまで行ってるし、見ているこちらは楽しかったから
全然いいんですし、ホントにステージ上の空気も良かったし、
年始がこういうイベントなら年末からゴリゴリで行く必要ないし
単発だから丁度いいよねって思ったけど、本当に誰が得するのかな……。

そんなことを客が考えてもしょうがないので、
楽しいイベントだったんで、よろしかったら来年もお願いします。
3部の年始イベントへの参加もなくなったわけですし。

ということで、大宮の後はFCイベントに行く予定でしたし、
シアターシュリンプも東京の楽日のチケットが当たったので、
春ツアーは最後に行ければいいかなってなってたんですけど、
まあこの世は自分の為には動いていないなっていう。

自分の為にどころか、考えられないような事も起こりますし、
こんなにライブを見る期間が空いてるのは初めてですね。

エビ×ネギの運営会議も仕事で行けませんでしたし、
なんか歯車が狂ったままで、今日まで狂い続けちゃったな。

結局この日から今年まだアイドルのイベントに行っていないので、
そろそろライブを見に行きたいなって思っています。