ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学について書いています。

20180617 桜エビ~ず13thワンマンライブ 1部「僕と楽しいことしませんか。」下北沢GARDEN

ワンマン、1年ぶりかな!
この間のアルバムリリイベのファイナルが去年のTIF以来でしたし、
ワンマンとなりますと、前回の水春さんの生誕以来な気がします。
で、今年も水春さんの生誕を観ます。

ということで、久しぶりに下北沢に行ったワケですが、
前に行ったのがいつだったか、北沢タウンホールが改装になる前ですかね。
改装終ってからですかね、もう記憶があいまいで、
下北沢駅の出口の記憶もあいまいです。でも、ここは違う!
ということで、一旦南口の前まで行ってから、下北沢GARDENを目指します。

そもそも行ったことがないライブハウスだったので、
地図を見ながら、ファーストキッチンの逆に行けばいいのかな……
くらいの感じで歩いていたら、近藤氏*1が駅に向かって歩いてきました。
スレ違って「何か用事があって会場に来て、目的が終って帰るのかな?」
と思ってそのまま会場を探していたら、後ろからこっちに向かってきていたので、
「ああ、いよいよここで刺されて終わるんだな」と思いました。
まあ当たり前ですが刺されることもなく、近藤氏も会場を探していたみたいです。

そんな第1アトラクションの後、物販に間に合う時間に
会場に着いて、地下に降りて行って一旦列に並んだんですが、
地下2階の湿気に耐えられず、そのまま地上に戻って
会場の前は人が多かったので、ちょっと離れたところで座っていました。

そんなこんなで開場ちょっと前にまた戻って、
チケットを受け取ってまた地下2階に降りて入場を待ちます。
この空間ちょっと耐え難いなと思いましたが、仕方ないですね。

さて入場、番号もそこそこだったので、スルっと3列目くらいに入り込んで、
視界もそこまで悪くないなという感じで良く見えました。

セットリストはオリジナル曲が並ぶ感じで、
桜エビ、曲増えたなーって毎回思うアレを思いながら見ていました。

桜井さんが曲振りで「私からエールを送ります」
みたいなことを言ったので「ボクエール」なんだろうなと思いましたが、
「ボクエール」の曲の記憶がほぼなくて、これが「ボクエール」か、
と思いながら聴いていました。聴いたことありました。

「みしてかしてさわらして」は前回池袋で聴いただけだったんですが、
ゴチャゴチャしてるけど嫌いじゃないですね。

去年の夏、評判が悪かった「わたしロマンス」ですが、
私は好きなので、イェーイ!シティポップ!と思いながら聴いていました。
TIFの時はまだCD出てなくて、それ以来イベントに行けてなかったので
この間やっと手に入れてうれしかったんです。

MCで今年の抱負を述べよみたいな流れから、水春さん退場。
村星さん「開脚できるようになりたい」、もあちゃん「頭良くなりたい」、
茜空さん「ドラマとか芝居に出たい」、桜井さん「バラエティに出たい」、
川瀬さんはなんて言ってましたっけかね……。
そんなこんなで、水春さんが戻ってこないので皆で探しにハケて行くと……。

水春さん、生誕ソロは椎名林檎の「人生は夢だらけ」で、
前回は中森明菜に憧れてるということで、前回は「DESIRE-情熱-」だったので、
今回は中森明菜のどの曲なんだろうかという感じでしたが、
ある意味意外、ある意味なるほどというラインでの選曲となりました。
www.youtube.com
最初のMCで、今回の生誕ライブをどういうものにしたいのか、
というところで「ミュージカルとかブロードウェイ的な」みたいなことを
言っていたので、なるほどこういう感じの曲が来たのかという風に思いました。

復活後の椎名林檎の曲は知りませんので、
はじまった時には何のミュージカルの曲なのかなーと思っていましたが、
椎名林檎っぽい曲だけど、ミュージカルの曲なんだろうなーって、
ポカンと口を開けて見ていました。椎名林檎の曲でした。
椎名林檎はDNAに刻まれているんだなと思いました。

この曲が始まるところは、ステージ真ん中で暗転板付きだったんですが、
フロアに背中を向けている間にサイリウムの折られる音で緊張したと
ソロ後にMCで言っていましたが、この曲を選んでおいて何を!と思いました。

振るに振れないサイリウムの光が弱まっていくみたいな光景、
なかなかなものでした。私は手ぶらで見ていましたが。

曲中に早着替え*2なんかもあって、なんだろう
エンターテイメント的には目指す場所があるんだろうなっていう風に思いました。
でも、早着替えの後の赤い衣装はシワシワだったので
ちょっと残念というか、完全に出来上がった出し物ではないんだよな、
という当たり前のことは思いました。

それでも、この曲を1人ステージ上で表現する水春さんは、
素敵でしたし可能性は感じました。
19歳、是非良い1年にしてください。

生誕ソロの後は、全員がステージに戻り
スタンドマイクを出してきたので「ひまわりと星屑」かと思ったら、
また違った感じの曲で、これイイ曲じゃん!もしかして
初披露の新曲ってこれのこと?藤井さん、またおかしくなった?
最高なのでは?となりましたが、JUJUのカバーでした。
www.youtube.com
JUJUのカバーの後は、「急なロマンティック」で、
そんな聴いてないんですけど、この曲も悪くないな。

そして、「ハイタテキ!」で途中抜き過ぎじゃないか!
と思いましたが、去年の10月の段階で「大人は分かってくれない」の次に
「アンコールの恋」をやっていたので、発表順に沿ってエビ中のカバーをやる
という試みはとっくの昔に終わっていました。

そして新曲*3の「リンドバーグ」ですが、
そこまで派手な感じはないものの、良い感じの曲。
サビの「リンドバーグ」って言っているところと、その振付くらいしか
イメージは残っていないですが、エビ中にはもう歌えない感じの曲で
良いなと思いました。でも、イントロはmixが入りますね。たぶん。

本編最後に「360°シューティングガール」なんですが、
いよいよこの曲聴いたことない……という感じでしたが、
サビまで来て知ってる!ってなったのですが、嫌いじゃないな。
CDも手に入れたし、ちゃんと聴きます……。

で、アンコールがあったんですが、1年前はアンコール無しで、
全部やってたような気がしましたけど、どうでしたっけか。
アンコールはしたい人はしたいと思うので、本編と分けることに
特に異議みたいなものはありませんが、ふうんと思いました。
でも、アンコールでTシャツを着て出てきたのが可愛かったので、
特に文句はありません。物販Tシャツの袖にリボンを通す、
ちょっとした手間も良いと思います。

アンコールで「Believe」の後に、
ステージ上に「本日の主役」のたすきをかけて一人残る水春さんに、
お祝いをしに色んな有名人が来ているという事で、順に登場。
川瀬さん:サザエさんのアナゴくん、水春さんとの会話の途中から
水春さんもアナゴくんになって、アナゴくん同士で焼鳥屋に飲みに行く
みたいな展開になってましたね。
茜空さん:腕を抑えて走り込んできた藤原竜也カイジ?なのかな
若干扱いにくい空気でしたが、結局ずっとやってましたね。
村星さん:中森明菜が人の耳には聞こえない微振動を
発しながら出てきて、そのまま水春さんも中森明菜になって
聞こえないね、みたいな感じ。
桜井さん:倖田來未がくーちゃんやでー!って出てきて、
そのまま倖田來未vs倖田來未でパチンコ台みたいになってましたね。
もあちゃん:井上陽水はいつ頃の真似だよっていう、
アフロヅラにサングラスでお元気ですかっていう、
やってる本人が絶対に知らないであろうモノマネで、酷い目に。
有名人が集まったところで、最後に「エビ・バディ・ワナ・ビー」で、
ライブ終了という、最終的にはカオス。

とはいえ、去年は桜井さんが生のサツマイモを、
誕生日のプレゼントとして渡していたので、このくらいのお祝いが
丁度良かったのかも知れませんね。丁度ではないと思います。

さて、私は諸事情ありまして、1部のみで終了。
スタンプと物販が同じ列だったので列に並びましたが、
スタンプだけもらって帰ろうと思いましたが、
折角なので生誕ポストカードだけ買いました。

そんなワケで帰路についたので、2部は見れていないんですが、
ブログに上がっていたセットリストを見るになんとなく2部の方が
内容の面白みみたいなものはあったのではないかなと思いました。*4
新衣装も見たかったですね。

1部は1部でオリジナル曲を中心にして、
水春さん生誕ソロとJUJUのカバー差し色に、
ハイタテキ!を一曲入れて、非常にまとまった内容だなと思いました。
1年ぶりに見るワンマンは相変わらず楽しかったです。

強いて言えば「嘘とライラック」を聴きたかったです。

以上です。

*1:近藤キネオさん

*2:早着替え中は間奏で他のメンバーがステージに出てきて、1ポーズ入れてハケるという演出がありました

*3:12か月連続で新曲を発表するという話は知りませんでした

*4:前半カバー中心、後半オリジナル中心のセットリストでした

20180612 血を流したものだけが見れるライブ(日本赤十字社主催 LOVE in Action Meeting 2018)東京国際フォーラム ホールC

先日、献血に行ったんですよ。
そこでポスターを見て、興味を持ったので応募しました。
「LOVE in Action Meeting」。

まあそんなワケもなく、応募のチャンスを増やすために
献血に行きまして、応募しましたところ見事にハズレまして……。
今回は一般枠で申し込んでいた知り合いに拾われて、
赤十字ライブに行ってきました。

夕方まで仕事をしていましたので、
現地に到着した頃には既にチケットの引き換えが開始していて、
ああ、これは早い者勝ち系の配券だったんだなぁ……
と遠い目をしながらチケットを引き換え。

結果的には1階のセンターブロックの最後列、PAの前の席でした。
とはいえ、国際フォーラムのホールCは程よい大きさで、
傾斜もあってなかなかの見晴らしでした。

もっと早くチケットの引換をしていたら……とは思いましたが、
まあ手数料のみのチケットですし、贅沢は言うまい。

一応、事前に前年のこのイベントのセットリストを確認したら、
一組当たり基本的には5曲という事で、先週末のお台場フリーも
5曲だったよなと思いながら着席して始まるのを待ちました。

ライブ自体はandrop、エビ、BiSHの順で、
andropとエビの間に高校ダンス、エビとBiSHの間に、
白血病を克服した、タレント・モデルの友寄蓮さんと、
妹の小林麻央さんを亡くした、小林摩耶さんの話がありました。
山本シュウことレモンさんが結構好きに動き回るので、
終演は21時半くらいで、全体的には結構長いイベントになりました。

で、エビ中ですが、お台場のフリーと同じ5曲だったら
面白いなというか、それでいいんじゃないの?と思っていましたが、
「このフォーメーションは!」的な感じで、
「禁断のカルマ」からスタートしました。
カルマを聴いて、「え、吸血?」と思いましたが、
まあ、イベントのテーマというかなんというかには
かすっているような、いないような……。今日はそういう感じなの?
このまま調子に乗って「チュパカブラ」が来たら、
流石に怒られるだろう……と思いましたが、
そんな心配はよそに「大人はわかってくれない」が続きました。

吸血鬼の気持ちを大人はわかってくれないという意味でしょうか……。
小林先生に答え合わせしたいです。

さて、3曲目からは平常運転というか、2018年の私立恵比寿中学でした。
「HOT UP!!!」で対バンイベントでは迫力を見せるみたいな
思想があるんじゃないでしょうかね。
実際、この曲はパンチ力あるからどんな場面でも上手くハマる気がします。
曲数が多くて、少なくても。介入要素も皆無ですし。
やっぱりステージ上からの
私が好きな曲だからそう感じるのかもしれませんが。

いつもやるからもう飽きたというご意見も耳にしました。
個人的には知ったことではありません。

4曲目は「でかどんでん」で折角でかどんでん衣装を着てきてますし、
最新シングル曲ですしね。やりますよね。
と言いますか、「でかどんでん」をテレビ*1で歌詞付きで見て、
本当に歌詞に意味が無くて、これは悪くないなって思ってきているので、
そこまでがっかりはしない曲になりました。3分9秒しかないですし。

そして、最後に「自由へ道連れ」をやって、
対世間へのご挨拶も忘れないという、
結構良くできたセットリストなのでは?と思いました。

曲紹介で「椎名林檎さんのカバー」っていうフレーズって、
本当に強いと思うので、このコラボは今ももちろん、
後々まで威力のあるものなんじゃないかなって思います。

椎名林檎の世代ってどのくらいの年代なんだろうなっていうのはありますが、
私は新宿系自作自演屋時代はそこそこ聴いてましたが、
休業→東京事変あたりで振り落とされて、再ソロからは
ほぼほぼ追えていないんですが、椎名林檎のカバーをしますといわれれば、
それが知らない曲だったとしても*2、おおー!ってなりますので、
やっぱりネームバリューは凄いなと思いますよね。

この足がかりを逃す奴がいるかよ、っていうタイミングで、
出した曲が「でかどんでん」ですので、この人たちは持っているのか持っていないのか。
まあ答えは未来の歴史で証明していくしかないワケではありますが。
さてどうなるのか。

今回のカルマと大人は、「ファミリーをあがった清掃員へ」という
非実在的な存在へのメッセージだったのかもしれませんね。
2012年、2013年頃に見に来てた人に向けてというか。
まあそんなことがあるのかどうかは良くわかりませんし、
そんなもの存在しないとは思いますが。
ちょいちょいそういう方向性の対バンイベントありますよね。

ということで、血を流したものだけが見れるライブ
だったはずなのに、私の流した血では見せてもらえなかった上に
血を流していない人に入れてもらったというオチの献血ライブでした。

以上です。

*1:「月~金お昼のソングショー ひるソン!」6/6放送分

*2:実際「自由へ道連れ」は知りませんでした

20180609「でかどんでん」発売記念フリーライブ in お台場 ダイバーシティ東京プラザ 2F フェスティバル広場

フリーライブに行くのはいつぶりだろう。
お台場のユニコーンガンダムの下、フリーライブに行ってきました。

どうも「未確認中学生X」のツアーファイナル豊洲以来っぽいので、
4年半ぶりですかね。お久しぶりです、お元気ですか?

確か「まっすぐ」と「シンガロン・シンガソン」では
フリーライブがあったという風に記憶しているんですが、
どうでしたでしょうか。

上記の通り私は行っていないので分かりませんが、
久しぶりにコンディションが整ったといいましょうか、
人生に余裕ができたといいましょうか、
全てはタイミングです、運よく見に行くことができました。

優先入場くらいの時間に到着して、
とりあえずCDを買いまして、無銭エリアからライブを見ます。
そんなに頑張る位置でもなく、日差しが強かったこともあり
日陰になる場所でライブの開演を待ちました。

優先入場の呼び出しが800番くらいまであったので、
800枚も優先券出てるのか!優先入場とは!?概念……。
と思いましたが、4年半前の「未確認中学生X」の豊洲でも
優先入場券は800枚だったらしいです。
もしかして、規模が変わっていないのでは……。

一旦、ダイバーシティに行ったりして無銭エリアに戻るところで、
CROWN POPの子達が夏Sのチラシと自分たちのティッシュを配っていました。
丁度出てきたところだったらしく、素人じゃない人が前を歩いてるな
と思ったら、そういうことでした。夏S頑張ってください。

さて、小1時間ほど初夏の日差しに焼かれていると、
やっとフリーライブが始まりました。
とにかく「でかどんでん」の衣装が見たかったので、
「でかどんでん」の衣装だっていうことでだいぶ興奮をしてしまいました。
とはいえ、無銭エリアからですので距離があります。
優先エリア後方からのカメラで映している映像を、
ダイバーシティの壁面モニターに流してくれていたので
そっちばっかり見てしまいました。

カメラ前のアリアから手が伸びると
映像に影響が大きく出る感じではありましたが。

さて、ライブはCD収録順、「でかどんでん」からのスタートでした。
春ツアーは大宮、横浜しか行っていませんので、
初の「スウィーテスト・多忙。」はほぼブラジルとかそのラインの
気持ちよさ、柏木先生の振付が堪能できるほどの視界でも
聴きこみ具合でもありませんでしたので、楽しいなっていう感じでした。

そして「熟女になっても」の初披露。
SUSHI BOYSのパートはどうなるんだろう、結構尺あるのに……。
と思っていましたが、曲が始まってワンコーラス目が終るくらいで、
安本さんがステージ袖に走っていって、スワ、トラブル!?ってなりましたが、
流れてきたSUSHI BOYSパートをかほちゃんがハワイの空気にあてられて買ってきた
サングラスをかけてYASUSHI BOYS*1 が全編披露。これはすごい。
思わず口から「これは凄い」と声が漏れましたよ。
安本さん、ちょっと最高なんじゃないの?と思いました。

帰りにTwitterを見たら、藤井さんも「熟女最高だった」って
言ってたので、多分最高だったと皆さんも思っているでしょう。


4曲目の「響」まで歌ったところで、
CDの曲順で歌いましたとタネ明かしが入って、
最後、椎名林檎さんのカバーアルバムにも参加させていただいています、
からの「自由へ道連れ」でした。

あの横浜で見た時から見ていなかったので、振り付きは初めて。
振りが付いていても良いものは良いですね。*2
4曲で終わりかも?と思っていたところがあるので、
5曲だったのはちょっとお得な気分というか、
自由へ道連れ」が聴けたのはホントに良かったですね。

フリーライブの後に、久々のハイタッチに参加しました。
これは多分、夏だぜジョニーの新木場イベントぶりではないでしょうか。
ライブが終って、フラッと列に並んだのでそこそこ早めだったはずなんですが、
優先エリアに800人弱いたのでなかなかエリア外の列は進まず。

その間に前日にうっすらとした予告があった
桜エビの桜井さんともあちゃんが、ワンマンのチラシを配りにきました。
他のメンバーもみんないたらしいんですが、列が動いてステージ前のエリアに
入るところにいたあやめちゃん以外は見かけませんでした。

ハイタッチはまあハイタッチですので、
安本さんに最高だった話すらもし忘れたっていうか、
こんなに早かったんだっけなって……
フリーイベント4年ぶりの人の感想しかなかったです。
かほりこの2人にいたっては、近くで見ることもほぼないから、
まぶしさに目がつぶれかけました。

ハイタッチ後、疲れたしお腹も減りましたので、
フードコートでつけ麺の大盛をかき込んで帰路につきました。

これまで、来るか来ないかで来ないを選択していたワケですが、
折角だから行けるイベントには行こうと思いました。
始発で云々みたいなのにはさすがに無理なんですが。

まあそんな感じです。

*1:修正しました

*2:横浜の時のも好きです