読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

思ったことを雑に書きます

由無し事

2017年2月8日以降っていうのは、
自分が思い描いていた未来とはかけ離れていっている
っていうのは動かしがたい事実で、
自分がそれを受け入れられないのかっていうと、
今はちょっと環境的*1に難しいと感じてはいますが、
結局それは時間が解決するものなのかなとは思っているし
薄情だと思われるかも知れませんが、
人間てそういうものじゃない?っていう所まで
行きついてしまいました。

そこで今感じていることは、
全ての物事には終わりがあるという極めて普通のことです。
永遠なんていうものは存在しないし、
終わりはいつ、どんな風に来るのか分かりません。
もしかしたら突然来るのかも知れません。

ここで可能性のひとつとして遠くない将来、
私立恵比寿中学が終わる」ということが
避けられなくなったことに気が付いてしまったんですね。

アイドルとファンっていうのはどこかチキンレースのようなもので、
どちらかがドロップアウトすることで関係が終わる(薄れる)、
決着がついて過去になって行くということは間違いないと思っています。

やはり永遠なんてものはないので、それはそれで仕方ないし、
自分自身が距離を取っていくことになるかもしれないという
可能性は常にはらんでいると思っています。

そんな中で、エビ中に対しては、
運動体としての面白さみたいなものだったり、
藤井校長とゆかいな仲間たちのやることを見続けたいな
っていう感覚になっていました。

そこに存在するメンバーというのが、
その大きな要因ではあるという前提ですが。

私立恵比寿中学は形を変え続けるグループ」である
ということを、いつの日にか自分に都合よく忘れて、
(状況的に)もうメンバーチェンジはないんだろうな、
と思っていると、簡単に足をすくわれるという出来事が起こって、
それを思い出すということを繰り返してきていました。

そして、それはいつも突然に来るし、
今回もそういうことではありました。

ただ「そういうこと」では流しきれない、
考えうる一番キツい内容が起こってしまったので……。

この流れの中で、もう転入はないんだろうなという空気を感じて、
結果的に緩やかに終焉へと向かっていくんだろうなって
思ってしまったことで、ああこの時間は長くは続かないんだな……って。

まあこれはただの可能性なんで、
もっともっと続いていくのかも知れませんが。

実際、真山さんが転校するときがそういう時かなって、
もう何年もうっすら思い続けてきながら、それがいつになっても
グループは残るんだろうし、どういう気持ちで見るのかな?
そもそも見るのかな?みたいなことを考えたり、忘れたりしてきましたが、
期限が見えた(と感じた)時から、どういう距離感をとっていけばいいのか
分からなくなっちゃったなっていう。

ただ「この瞬間を楽しもう」って思ったところで、
着席指定席から立ち上がろうとは思わないですし、
ツアー全通だ!ともなりませんし、なれませんので、
どっちみち、そんなに変りはしないんですが。
こちらの気持ちの問題というかなんというか。

結局は今まで通りの熱量では見るとは思いますが、
想像力を現実が追い越している今の距離感が、
縮まるのか、さらに離れていってしまうのかは分からないなって。

とはいえ、手元にあるツアーのチケットはオーラスの1枚だけなんで、
この目で現実を見るのは数か月後になっちゃうんですよね。

最近よく思うんですが、自分が離れた場所が
酷いことになればいいなって思うことってやっぱり稀で、
多くの場合は「そちらはそちらで楽しくやっていってほしいな」って
思って暮らしています。

たまに酷い目にあえばいいのにって思わないこともないですが。

「つまんなくなった=自分に合わなくなった」っていうだけだと思うし、
今この瞬間が最高って思っている人も否定できないから、
どうにもならなくなって、(悪い意味で)消えたりしなければいいなって。

自分好みに変えることなんてできないんだから、
嫌いにならない距離感を保つことも大事なんじゃない?っていう風に、
自分が好きだったものには特にそう思っています。

*1:過去に収録したものを見ると引き戻されて、どうしてこうなった?って相変わらず思ってしまっているので、まだまま時間がかかりそうだなっていう風には思っています

20161222-1223

過去の諸々

さて、相変わらずの忙しさではありましたが、
何があってもこの時間帯だけは抜けますのでよろしくお願いします
と宣言しておりました、大学芸会がやってまいりました。

当日、職場を出ようとしたところで見事に捕まったりもしましたが、
なんとか抜けて木曜日、そして祝日金曜日も見に行くことができました。

席は両日共に着席指定で初日が下手側の関係者席脇、
2日目が真逆の上手側関係者席の正面でした。

ロイヤルボックスの関係で、2日目の方が若干エンドステージ寄りではありましたが、
だいたいセンターステージの前くらいのほぼ同じ位置から見ることになりました。
アリーナコンサートの着席指定はどうしてもサイドスタンドからとなるので、
たまには落ち着いて正面から見たいものだなとはいつも思います。

全体的なセットリストとしては、基本的にはあまり変わらず、
前半、後半、アンコールでいくつか曲が入れ替わるという感じのセット。
エビクリなき今やることも無い「Thanks! Merry Christmas K」で始まりました。
そりゃあそうですよね。ここまでをOPと考えて、本編は次からということで。

そこで、大学芸会用の曲になりつつある「あたしきっと無限ルーパー」が聴けて
本当に良かったなっていう。

「未確認中学生X」から「参枚目のタフガキ」への繋ぎも良かったし、
初日はここで「キラキラネスキラネス」、「Another Day」というレアな曲が来て、
今回はいい感じだなーってこの時点では思っていました。

「キングオブ学芸会のテーマ」、「仮契約のシンデレラ」、
「手をつなごう」と定番曲の流れから、賛否両論の幕間VTR。
酷いといえば酷かったですけど、まあそこにそこまで期待してないっていうか。
内容どうこうよりも2日間同じものが流れたところが厳しかったように思います。

そして、ユニット曲ですが、ドラフトからの流れを
あまり熱心に追いかけてはいなかったのですが、期待値を超えていたのは
尾形回帰の「たまげた恋のエルニーニョ」くらいだったかなと思います、
それは期待値が低めに設定されていたことも原因ですが。
さつきがてんこもりの「新大陸」も角ちゃんの「んでなークリスマス」も
いいフレーズとかメロディとかありましたが、そこまでじゃなかったですね。
特に角ちゃんの曲についてはなんでそうしちゃったのかしらっていう。

「まっすぐ」のカップリングをほとんど聴いていないので、
知らない曲が来るとこれがそれかーって思ってました。
セットリストだけを見返すと、後半までそんなに悪い印象じゃないんですけど、
やっぱり「まっすぐ」の後にくる最後のブロックが地獄だったので、
そういう印象が強く残っちゃってるんだろうな。

「サドンデス」はビーナスパートを初日は真山廣田の順を逆にして、
2日目は柏木小林が残るっていうのをやりましたので、
もう思い残すことなく2016年に置いて行って欲しいですね。
そもそも2016年のモードでもないのに新年にまで引っ張る必要ないと思います。
この後に「MISSION SURVIVOR」、「ちちんぷい」ときて、
精神的な疲れが凄かったような気がします。

そして、本編最後に「春休みモラトリアム中学生」だったんですが、
この直前にも繋ぎの演出がはいっていて、ロックリーのイントロが流れて、
これはフェイクだったんですが、さすがのロックリー大好きおじさんでも
それは無いだろと思ったところで、「エビ中の曲はロックリーダーだけじゃない!
最後の曲は何か予想してください!」みたいな煽りが入ったんですが、
そもそも代表曲としてロックリーを上げる人もいないと思いますし、
予想させた結果がモラトリアム中学生だっていう何重もの地獄で、
初日と2日目でここは変えてくるかと思ったら一緒だったので、
なんだかなーってなりましたね。

私はそこまで 「春休みモラトリアム中学生」が嫌いではないですが、
今年の締めくくりの本編最後に持ってくる曲ではないよなって思ってしまいました。

それと、曲間の繋ぎでフェイントをかけるっていう手法は
1イベントで何回もやるもんではないなと思いました。

以前何度か上がってきた話題としてのアンコールの有無問題と合わせて考えると、
このアンコールありきのセットリストはどんなもんかなと思いますよ。
アンコール自体も「ポップコーントーン」があるから、
あとはどうとでもなるみたいな感じがあって、強引だなって感じてしまいましたね。
初日の「Lon de Don」は音がデカ過ぎて心臓止まるかと思いました。

それにしても、やっぱり「まっすぐ」と「ポップコーントーン」は
特別だなって思いました。今年はこの曲だなって。
「まっすぐ」に関しては秋ツアーに行けなかったこともあって、
ライブで聴くの初めてで、ほとんどハンドサインとポジション変更だけなのに
圧倒的だなって思いました。

アンコール最後の曲は「ポップコーントーン 」で良かったんじゃないかなって思いますけど。

トロッコは初日と2日目で上下の乗り込むメンバーを変えてくれたばっかりに、
完全に裏目ったので死にかけました。あとトロッコの通路が広かったですね。ははは。

柏木さんがブログでも言及していましたが、
センターステージに出てきたのは最後の挨拶だけで、
初日の途中からそういう事なんだろうなと思いながら見ていましたが、
本当に難しいもんだなと思いました。

2016年ていうのはそういう年だったなって、後に感じる事なのかもしれないですが、
ほぼ毎年ステージクオリティみたいなものが順調に上がってきたグループにとっては、
厳しい一年だったんじゃないかと思います。

大学芸会に関しては、最初のさいたま*1との戦いを続けなければいけないと思っていて、
2014年は東西でやるという事で違いを出して、
2015年は2013年のリバイバル的な設定ではありましたが、
8人で作り上げてきた新しい世界観の集大成になっていたなと感じました、
そして2016年の大学芸会はクリスマスを包括したはじめての試み
ではあったなと思いますが、コンディションと会場の両方にエクスキューズがあったので、
これまでで一番満足度が低いように感じてしまいました。
結局は演者のコンディション次第ですね。

さすがに今回の設定が回収されていないと怒る人もいないかとは思いますし、
前半の衣装は可愛かったのでそれはそれで良かったかな。

今年もOPVは最高でした*2し、局所的にはやっぱり良いところがありましたが、
イベントの全体的な印象はあまり良くなかったかな。
できることをできる範囲でやるには場所も作りも良くなかったのでは?という風に思いました。

とにかく代々木第一体育館っていうのは、コンサート会場として
同規模の会場より劣っていると思っているので、もう勘弁してほしいなって思います。
今回に関しては音のバランスも悪かったし、各種ステージセットの自由度も低いし、
そもそもの形状が向いてないわけですから。

2020年に向けては建て替えられると思っていたら、
耐震工事が行われるということで、今後ももしかしたら使えるのかもしれませんが、
もう二度と使わなくでもいいんじゃないですかね…。

12月の末に丁度良く会場が開いてるなんてことはないとは思いますので、
会場選びは難しいと思いますが、よろしくお願いしたいです。

結果的には2016年を象徴する形になっていたかなっていう印象でした。
代々木第一体育館が好きじゃないことだけでも伝わればと思います。

*1:9人体制最後の2013年末

*2:最後の魚に飲まれるくだりから俄然クオリティが下がりましたが…

20161030

由無し事 過去の諸々

さて、本当に時間も空いてしまいましたが、
そこそこ人生が忙しいので仕方ないですね。

その忙しさとかなんとかをこじ開けて行ってきました、
桜エビ〜ず4thワンマンライブですよ。
チェルシーホテルって好きなバンドがちょいちょいライブしてるんですが、
なかなか行けたことがなかったので、
当日「ここがチェルシーホテルかー」ってなりました。

1部はメルマガ先行で取ったにも関わらずの3桁番代前半でしたので、
ポジション取りを悩みながら入場しました。
中に入るとバーカウンターの辺りで一段高くなっている作りで、
ちょっと迷ったんですが、既に一段上の辺りは人がいる感じだったので、
意を決して前に出て一段低くなったところまで行くと、
最後尾あたりの壁際に人一人分の隙間があったので、
そこにはまり込んで壁に寄りかかって見ることにしました。
2部もあるから…。体力が…。

結果、壁についていたのでステージ端に行った人が
スピーカーに隠れてマイナス位置になるということになりましたので、
そういった意味では、楽して損を取ることになりました。
そして、大して楽でもありませんでしたが、フロア中央に立つのは
ちょっと客入り的に大変そうでしたから仕方ありませんね。

というのも、前回までよりも会場がタイトになっている上に、
入場上限までチケットが出ている様子だったので、これはあきまへんなという感じ。

2部では、さらに地獄の番号でしたが、
知人からの救済もあったので、持っていたものよりは
ちょっといい番号で入場して今度は下手寄りから、
1部の反省を生かして死角のできないような角度で位置取りをしました。
それにしても2部も入ってたな。

内容的にはアンコール含めて20曲、オリジナルも6曲に増えて、
カバー曲もエビ中の曲にこだわることも、ハロの曲に固まることもなく、
3Bjrの資産も使ってバランスの良さも感じるので非常に楽しかったです。

中でも1曲目には「ダイビング!」をやるでしょ?という正しさの中、
空さんのロンダートではじまったのに、その次の瞬間にはトラブルでハケるという
ウルトラCでスタートするのは持ってるなっていう。

新曲に関しては、1部で聴いた時よりも2部で聴いた時の方が良かったかな。
初めて聴いた時にはガチャっとした感じを強めに感じたけど、
2回目は、ほどほどで良かったかなって感じでした。

「こころ予報」はメタルかな?と思ったら、
ヴィジュアル系の感じなんだなっていうところに落ちました。
「初恋模様」は1回目はハロプロかよってなりましたが、
「オスグッドコミュニケーション」は1番お姉さん的グループっぽさがあるかなと。
平成の結果オーライかなと思いました。あれも平成です。

3Bjrが存在しなくなって、手放していった諸々を拾い集めてる感じもあって、
藤井さんなりの3Bjr補完計画なのかなって思ったりもしますね。
それにしても当時の3B曲は空気が変わるので良いです。

以前もやっていますが、フライングキッズとかジュディマリとか、
なかなか面白味のあるところを持ってくるのは相変わらずいいですね。
ハロ選曲も丁度聴いてた時期の曲が多いので楽しい。

さて、この日は生誕ライブにもなっていましたが、
村星さんが「私がオバさんになっても」、川瀬さんが「MajiでKoiする5秒前」ということで、
完全な大人チョイスでしたが、ここでも藤井さんくらいの世代の人にとって
広末涼子は特別だと思うので、川瀬さんは買われているなと思いました。
あと森高は他にもいい曲があるので、これと渡良瀬橋以外から選曲してください。

現状、事務所の諸先輩方とは距離感がありすぎて、
芸能の空気に馴染んでないからMCが狂ってるままなのが面白いですね。

村星さんは結構ヤバい系なんだけど、そんなにぐいぐい来ないから
たまにスッと会話に加わってきたときに「ヤバ…」ってなる時があるんですよね。

結構、誰を見るでもなくボンヤリと眺めているんですが、
曲中の表情については、水春こと水春さんが一番やり過ぎなところがあります。直系。、
空さんは表情良い感じなんですが頭を振りまくるのであまり見れないんですが、
動きが止まったところで後れ毛がズルい!ってなりますね。
丁度よいのは川瀬さんで、村星さんは相変わらず瞳孔が開いてる。
桜井さんは曲に関係なく笑顔が多いかな。
桜井さんは時にとてもいい表情が出るので、もう少し大人になったらね!って感じます。

お姉さん的グループであるエビ中は、狭義のアイドルではもうない
という気がしているので、何やっても別に良いし、
そうなってくると、出てくるものが好みか好みじゃないかだけになってるな
っていうのが最近の感じです。

そういう意味で、桜エビには狭義のアイドル成分を感じに来ているので、
個人的な棲み分けはできている感じがありますね。

川瀬さんが一番アイドル性が高いと感じているんですが、
そんなに声も高くないのにマイクに声がのるので、安定感がある。
茜空さんは逆にマイクのりが悪くてちょっとかわいそうかな。

会場選びに迷走している感じはありますが、
抑えた箱からイベントは始まるというアレもありますので、
それはそれ致し方ないですね。

最後に次のライブの発表となったわけですが、
丁度クリスマス開催ということで、
「クリスマスには皆さん予定がないと思いますのでライブをやります」
という意訳ができるMC台本をSHOWROOMの作家が書いていたとしたら、
SATSUGAIされても仕方ないなと思いました。
下品な台本読ませないでくださいよ。

ちなみに、この翌日のエビネギ会議はチケット持ってたのに行けませんでした。
もう死にたさしかありませんね。

12月後半も人生的には同じような空気になってるので、さてどうなりますか。
自分が何のために生きているのかという疑問への解答を求めるような
2016年第四四半期になりますね。

藤井さんが「エビ中一週間展*1」のTシャツを着ていたので、
「渋谷だから?渋谷だから?」と言い続けたらステージから苦笑をくれました。

以上です。

*1:2011/10/6~12に渋谷のgalaxxxyで行われていた「ご存じ!エビ中一週間展 」