読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

20140309

20140309
私立恵比寿中学
「Luck To The Future PART1」
幕張メッセイベントホール

幕張は遠いので年に何度も行くのはツラいのですが、
仕方ないので電車を乗り継ぎ行ってきました、幕張メッセイベントホールです。

指定席だから早く行く必要がないので、開場時間くらいを目指します。
今日は早起きしなくていいのだけが救いでした。

新木場で京葉線に乗り換えようとホームに出たら、
みにちあの1部を見てきた人たちと一緒になったので、
一緒に海浜幕張を目指しました。

海浜幕張到着後、食事組と別れてとりあえずメッセ方面に向かいました。
到着したら物販もあまり混んでませんでしたね。
この時間でもグッズは買えたみたいでまあ素晴らしいことです。

そんな物販の近くで立ち話をしていたら開演時間が迫ってきたので、
席の確認もしたいし、そろそろ入りますかということで中へ…
と思ったら入場列の最後尾が展示場のロビーに伸びてるとのこと、
ロビーに入ったらかなり列が長くてなんだこりゃと驚きましたが
もう仕方がないので行列に並びました。

その列の長さを考えると進み方はスムーズでグングン進み、
入り口も10箇所でチケットを切っていたのでサクサク入れました。
席についたのは開演10分前くらいでしょうか。

はじめての着席指定席だったのですが、場所も良くて、
席についてからの期待感はかなり上がっていました。
スタンドなのでステージからはさすがに距離がそこそこありましたが。

席についてから始まるまでの時間はあっという間に過ぎて、
影ナレが終わって照明が落ちる。
そして、メインのモニターに火が入り、ebitureがはじまる。

メンバーは出てこず、モニターにMVのようなダンスシーンが流れる。
なんだこの無駄にカッコいい演出は。

メンバーが出てきて始まったのは松野莉奈王子による
仮契約のシンデレラ」、なっちゃんいないのにいきなりこれでくるか!
とちょっと不思議な気分で、なっちゃんのいない仮契約を見ました。

この後、古めの曲が続いたので、今日も回顧モードかなと思いましたが、
その後に何故かあまりやらない「サクラ・ゴーラウンド」がきて、
思わずおおっと声が出ました。
そして、「サクラ・ゴーラウンド」が1コーラスのサビに向かっていく途中から、
突然現実が押し寄せてきて号泣していました。

メガネとマスクだったのである程度崩れても大丈夫と
安心してたところもありましたが、ちょっとダメでしたね。
『最後のチャイムが鳴ったら全部夢になっちゃう』し、
『じゃあねじゃなくてさよなら』なんだと思うと、
なんなんだよという思いがこみ上げてきてなんかもうダメでした。

その後が丁度「梅」だったので正気を取り戻しました。
「梅」ありがとうございました!

この次のブロックも「U.B.U」、「チャイム!」、「えびぞりダイアモンド」と
続いて楽しいなと思っていたところに「誘惑したいや」がきてまた号泣。
なっちゃんがいないとはいえ、こんな「誘惑したいや」が聴けるのは*1
あと1回のチャンスしかないのだと思ったら、普段から
ただこの曲をライブで聴くだけでも泣くのにさらにきました。

一旦グループMCで小休止。
柏木さんの「安室奈美恵ちゃん」に対する並々ならぬ思いと
千葉県愛を聞き、高所恐怖症の人間を高いところに上げて
雑に扱う爆笑MCを挟んで、本編はさらに続きます。

カルマと未確認はちょっと久しぶりな感じだなと思っていたら、
唐突な瑞季の「眠くなっちゃった」「花粉症でくしゃみも出る」という謎の流れから、
突然のキッカケで「Lon de don」、よっしゃいけないRemixでつないでティッシュへ。
この辺りはまた楽しくなってました。

本編最後のブロックでは、早々に「永遠に中学生」がきて早くない?
と思ったら、そのままフレサイ、そして「大人はわかってくれない」で終わりました。
この辺の流れに何か意味があるのかな?全くわかりませんが。

ここまで全てメインステージ*2で展開してきたので、
あのサブステはなんだったのかという風に思ってました。幻?

アンコールを受けて、今日は客席で見学のかほりこがVTRで
大阪のPRをした後に、これまで放置されてきたサブステージをとうとう使いました。

選曲的にうわー!近くで見たい!って曲ではなかったのと、
さらにフォーメーション崩れるのもったいない!という曲でもなかったというのと、
スタンドだから人に埋もれて見えないこともなかったので最高でした。

そして、サブステで3曲終わったところでまたVTRが流れはじめて、
それがなっちゃんからのメッセージでした。
1/4以来に見る動くなっちゃんは、これまで以上に美しく、
何者にも邪魔をされない視界で見るには刺激が強過ぎるかもと思いました。

実際、ボーッとモニターを見てました。自分で撮ってる感じも良かった。

なっちゃんのVTRが終わって、明かりがついたのと
多分同時くらいのタイミングでに星名さんが「ガリ勉サイコー!」と叫んで、
「踊る!ガリ勉中学生」が始まりました、モニターから正面に目線を戻すと
正面のスタンド席の通路にメンバーがいました。

驚いて後ろを振り向くと、そこには安本さん。
ちょっと離れたところには真山さんがいました。

着席指定の座席から身体をひねって見るにはそこまでが限界で、
一旦正面を向いて逆に体をひねればいいことは、その時思いつきませんでした。
とはいえ、距離もあるので間近の安本さんをずっと見てました。

ガリ勉の後、エビフライの途中で、席のすぐ隣の通路を通って
メンバーがステージに向かっていく時、うわあ近いと思いました。
これまで何回もそんな距離で見たことあるだろという話なのですが、
大箱のライブでこんなに近くで見れるなんてことは想定していませんでした。

最後メインステージでのイッショウトモダチで安本さんが泣き崩れて、
他のメンバーも泣いたり目に涙をためたりしてる中、瑞季と鈴木さんは
晴れやかな顔をしている感じがしていました。

そこまで距離が近くないので本当のところは分かりませんが。

この幕張は本来、瑞季と鈴木さんの転校ライブになる予定だった
とのことなので、元々結構気合が入った感じだったんではないでしょうか。
モニターもメインとは別に同等の大きさのものを2枚左右に設置してましたし。
美術発注時には武道館決まってなかったのかなとも思いますし。

そんな中でもこの日1番良かったのは鈴木さんで、
これまで見てきた中でも最高の鈴木さんでした。

去年の終盤からいつも自信ないと言い続けていた歌がすごく良くなってて、
毎回最高を更新してるから、12/26以来、見る度に本当にいなくなっちゃうの?
って思ってしまいます。辞めないで…。

それは瑞季もそうで、全然歌えない状況を脱してきていて
そういう意味ではなんで居なくなるのかなってなりますが、
それはこっち側の話ですね。でも、辞めないで…。

大阪は会場に行けないのですが、この幕張の後で
同じレベルのもの*3を求められたらシンドイだろうなと思いました。
これまでだったらまあ多少のことがあってもなんとでもなると思えましたが、
今度ばかりは箱を開けてみるまで分かりませんからね。

それは楽しみでもありますが、この期に及んでは恐怖の方が大きいですね。
リスクも何もない立場なので、それ以上はなんとも言えないんですが。

正直なところでは、これ以上のこの空気感を武道館で
もう一回作るの難しいかもなとも思いました。
見てる最中も、まだ武道館あるからって思ってたんですが号泣でしたし。

このテンションで武道館に行ったらすごいけど、
その場になったらどうなっちゃうんだろうな…。
ビシっとキメても、グダグダになっても、ホンワカとしても、それはそれでいいんですが。
できれば集大成を見たいけど、

とはいえ、気合が空回りしなければいいですね。
幸い武道館には屋根もありますから、多少悪天候でも大丈夫ですしね。

とりあえず、こんな感じです。

*1:かほりこが入ってもやることになるかとは思いますが、今の「誘惑したいや」は変わるものがないレベルだと思っているので

*2:袖通路を含む

*3:パフォーマンスではなく、ボリュームだったり構成だったり