ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学について書いています。

20181223 私立恵比寿中学 クリスマス大学芸会2018「スイートハニーサンデー」(初日:幕張メッセイベントホール)

冬は寒いし、幕張は遠いですね。
2018年は大学芸会が2回という平成最後っぽさのある今年を〆る、
クリスマス大学芸会2018初日「スイートハニーサンデー」を見に
幕張メッセイベントホールに行ってきました。

今回は事前に発表されました*1が、桜エビ~ずのOA*2があるということで、
開場時間のちょっと前までに着くようにと家を出発しました。
年に1回くらいは行くんですが、行きも帰りもやっぱりツラい
という思いに毎回最後にはなってる場所ですね。

予定通り、開場時間のちょっと前に着いてパンフを買って、
展示場側の客にまみれながら*3、コンビニの前で寒さを避けていたら、
OAの開始時間が想定よりも早いということを教えてもらって、
それじゃあ並ぼうかと入場待機の列に加わりました。

開場すると比較的すんなりと入場列がハケていき、
ほどなくして入場、着席指定の自分の席を探して座ると、
丁度ロイヤルボックスの後ろでした。

はじまるちょっと前に理事長こと社長がロイヤルボックスに来たら、
ひろのさんが挨拶に行っていました。動きで分かる。

着席指定から見るステージの上下に停まっているトロッコが、
やけに大きく感じて、なんとなく会場を小さく感じてしまいました。*4

予告の時間通り、17時半にOAスタート。
ほぼ真横みたいな角度から見る桜エビは新鮮でしたし、
選曲も歌も踊りも良かったように思いました。*5
新しい曲が追加されていくたびに茜空さんの歌が
マイクに乗るようになっていくし、村星さんの瞳孔には光が宿りつつあります。
ただ普段対バンイベントには行かないので、ライブハウスで見ることが多く、
普段の凝縮された内容が、たったの3曲なのにステージ・会場の大きさで
拡散していくというか、薄まっていくような感覚がありました。
これは初日、2日目、3日目と見て行った中で感じたことかもしれません。
初日は「おーすごい、よくやった!」と思いました。
そして、「まわるまわるまわる」は最高なんだな。

20分程度のOAの後、
また一旦客入れの雰囲気が戻り、OPVからスタートです。
パティシエのエビ中が、クリスマススウィーツの用意をしている内容、
新しい商品のアイディアに悩むりこちゃん*6からはじまって、
星名さん、安本さん、かほちゃん、マカロンをつまみ食いする真山さん*7ときて、
最後サンデーの上に柏木さんがフルーツを置いて、
「今日の一番人気になりそうだ」というかほちゃんのコメントで、
開店してスタートだったかな。

はじまる前に、もうサークルKもないしやらないんじゃないですか?
と言っていましたが、エビ中唯一のクリスマスソングであるところの、
「Thanks! Merry Christmas K」からスタートしました。

序盤の盛り上がりから、一転して「大好きだよ」が始まった瞬間の
会場から漏れる声、ああ良いもの見たなと思いました。
この曲もっとやってほしいんですけど。

そして、このふわっとした空気間の中に流れたのは
「神様のいうとおり」のイントロ。懐かしい!ひろのさん!
はじまる前にひろのさんの姿を見てしまったこともあり、
ただ感動していました。オリジナルメンバーは星名さんだけですが、
6人でパートを割って歌っていました。

「使ってポートフォリオ」も懐かしく、
「売れたいエモーション!」*8は比較的見る機会がある曲ではありますが、
この辺までの流れ、完全に2014年以前じゃないかと思っていました。*9
「ちちんぷい」「誘惑したいや」の流れは、ダンソン*10も気にならない
というか、まだやってるのかと思ったので気にはなっていたのか……。
「誘惑したいや」もセットリストから外れがちなので、
ありがたいという感じ。「誘惑したいや」は昔に比べると
かなり力強い楽曲*11になったけど、今は今で良い。*12

一旦ブレイクしてVTR、VTRの中も休憩中。
続くメニューの確認をしたりなんだり、何故か4人*13しか出てこない。
真山さんは何かを知っているような感じで
さらっと口を挟んでは流していく。*14気になる柏木・星名。
かほちゃんがカップ焼きぞばを作り始めたので、これは「For You」が来る!
と思いましたが、1分くらいでお湯を捨ててしまったので全然戻ってない
カップ焼きそばをただただ口に突っ込んでいくというVTRでした。

そして、ユニット曲「中目黒の冬風…NAMIDA」。*15
こ、これは完全にハロプロ……と思いながら見ていました。
前山田楽曲だとのことなので、才能が完全に発揮されていると思います。
初めて聴いたのに初めてじゃないみたいな気分。
振付けはミキティ(本物)がやっていればいいのになぁと思いながら見ていました。
実際のところはどうなんでしょうか?

続いて「b.l.a.c.k_h.O.l.e」。*16
西寺郷太のおしゃれ楽曲っていうことで、黒のスーツにハットにステッキ。
こういうのを真山さんと星名さんがやるとスベってるな
っていう風に思いながら見ていましたがどうなんでしょうか。
ステッキを使った振付けも格好つけるとスベると思っているので、
どれもこれもだなと思いましたが、私以外の評価は分かりません。
これは私の中の問題でした。

最後に件のミディアムバラード「リフレインが、ずっと」。*17
JUDY AND MARYっぽい*18なって思いながら聴いてたんですが、
想像していた曲はTAKUYAじゃなくて恩ちゃんの曲でしたっていう。
後半掛け合いっぽかったような気もしますが、かほりこ良かった。

今回のユニット曲は3曲、年代別(真山星名は学年が違いますが)の
組み合わせだったようですね。全組ともに2人組。
そして、前述しましたが「For You」は無しでした。

ユニット曲終わりで再びVTRになったんですが、
ここでも安本中山は出てこず。
最初のVと同じ4人で進行、1人サンタに扮装したかほちゃんが
「プレゼントだよー」と書かれたディスクを再生すると……
春に発売の5thアルバムの発表でした。

この日は既に発表されていた新曲、
5thアルバム収録曲として「BUZZER BEATER」が初披露。
MVも(ショートだけですが)見ていたのですが、
全く印象に残っていなくて。

今回フル尺で、流れる歌詞をチラ見しながら聴いたとこらろ、
曲はそんなに悪くないと思うんですが、
歌詞がちょっと厳しいなって感じましたかね。
バスケに寄りすぎな歌詞なので、タイアップ含めると
悪くないのかもですが、曲単体ではちょっと弱いかな?
でも、 サビは嫌いじゃない、そんな気がします。

これからの新譜は全て、過去最大の敵「エビクラシー」との
戦いになるので、本当に頑張ってほしいなって思います。

さて、いよいよトロッコに乗り込んでの
楽曲は「サクラ・ゴーラウンド」です。これもまた懐かしい。
今にして思えば、この頃ビッグタイアップ連続だったんだな。
なんでこの辺りで売れなかったのか……。
2013、14年で紅白出てないといけなかったのでは……。

そして「スーパーヒーロー」こそが、
バスケのタイアップが来るべきタイミングと曲
だったんじゃないでしょうか。

結局、2年遅くれてるなって思ってしまいました。
「スーパーヒーロー」、実際は3年前*19ですが。
この曲も定番セトリからは外れている感じなのですが、
ファミえん感は薄いので大学芸会でやり続けていって
ほしいなっていうところはあります。

MCを挟んで本編最後のブロックは
小林歌穂リビアによる「EBINOMICS」から。
面白いんだけど、曲の本編がはじまるまで長すぎるのでは?
と思いました。ここでメンバー紹介。

「熟女になっても」「イート・ザ・大目玉」の今年の曲から、
最古のオリジナル楽曲「仮契約のシンデレラ」へ繋いで終了。
仮契約のシンデレラ」のイントロでは安本ギアから
引用された演出がありました。*20
今後も外の仕事を取り入れて行ってほしいなと思いました。*21

アンコールは「フレ!フレ!サイリウム
自由へ道連れ」「YELL」で初日は終了しました。

個人的に結構見る間隔があいているので
自由へ道連れ」は、毎回何か変わっているような気がして、
見るたびにこんな振付けでしたっけ?となりますね。
秋ツアーにも対バン系のイベントにも行っていないので、
ちゅうおんぶりでした。ちゅうおん振付けないし。
でかどんでんフリーと血を流したものだけが見れるライブ
からもう半年だよ……。

気を取り直して、
初日が終っての感想は、インディーズ期の曲こそ少なかったものの、
セットリストの空気感は2014年くらいまでの雰囲気があったな、と。

今でこそ「エビマニ」*22があったり、生誕ソロでの掘り起しがあったり、
さらには2017年秋のツアーがあったことで、所謂干され曲にも
多くは無いながらも披露する機会があったりするわけで、
そこまでではないとはいえ、「大好きだよ」*23であったりとか、
「使ってポートフォリオ*24 「 サクラ・ゴーラウンド 」 *25 であったりとかは、
そんな中でも回数が少ないので、印象に残りましたね。

ユニット曲をグループアレンジして大胆にセットリストに入れてくる
っていう飛び道具を使う可能性があるっていうことだけでも、
今後の幅ができたのでは?という感じがあります。
ユニット曲というと、いつもくっつきブンブンでしたしね。

単純に発表時期で区切っているわけでもないですし、
初日テーマ は「スウィート」で「ハニー」なんでしょうから、
と思っていたので全編を通して甘酸っぱい感じで押しきるのかな?
とも思いましたが、結果的に今と9人時代が丁寧にミックスされた
感じになっていたかと思います。

そう考えてみると、9人時代っていうのは、
スウィートでハニーな季節だったのかもしないですね。

ということで、終わった後、本当に帰るのがダルかったんですが、
帰らないわけにもいかないので帰宅しました。

そして、事件が起こります。

      • -

2019/1/15
安本ギアオマージュについて追記

seesaawiki.jp
20181224 - King of Literary exhibition
20181225 - King of Literary exhibition

*1:2016年春ツアー千秋楽のゲスト出演の時はダマだった気がします

*2:オープニングアクト

*3:この日はジャンフェスとAKBグループの握手会がありました

*4:2016年末、2018年始はトロッコが無く、トロッコを見たさいたま(SSA)と比べるとイベントホールは少し小さく感じました

*5:セットリストは、M01.グラジェネ M02.まわるまわるまわる M03.リンドバーグ

*6:ひらめいた瞬間にストップモーションになるんですが、その目がヤバい……と思うクオリティのサイコ加減だった気がします

*7:安本さんが運んできた6色のマカロンの紫色のをつまんでいます

*8:3日間を通しても、えびぞりと永中とこの曲だけがインディーズ期の曲でした

*9:ちなみに「HOT UP!!!」とか「日記」の新しめの曲もここまでにありました、「HOT UP!!!」は最高です

*10:「ちちんぷい」のイントロで唱えられる、曲と無関係の過去から来た音の羅列(振付けが無関係じゃない)

*11:イメージとしては、儚い切ないだった

*12:力強さの根源はリコ中山、儚さの根源は鈴木裕乃

*13:真山、星名、柏木、小林

*14:「特別なメニューがある」→「ユニット曲でしょ?」、「リフレインが、ずっと…?」「味が想像できない!」→「それ、ミディアムバラードね」

*15:安本彩花柏木ひなた

*16:真山りか星名美怜

*17:小林歌穂中山莉子

*18:主に「小さな頃から」

*19:2016年

*20:ロボットダンスから自由に動き出すみたいな演出、ギア見てないですけど……

*21:かほちゃんの秋田仕事からの秋田分校とかも良いなと思っています、秋田分校行ったことないけど……

*22:2014年に初回、2018年3月にFCイベントとして開催された、干され曲を披露するコンセプトライブ

*23:2013年「梅」カップリング

*24:2013年「未確認中学生X」カップリング

*25:2013年「手をつなごう/禁断のカルマ」カップリング