ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学について書いています。

20180422 私立恵比寿中学 SHAKARIKI SPRING TOUR 2018~New,Gakugeeeekai of Learning~(新・学芸会のすヽめ)大宮ソニックシティ 大ホール

大宮は収容人数が少ないから当たらないんでしょうね。
と思っていたので、一応という気持ちで申し込んだのですが、
どこでもいいから入れてくれと思っていたら、
最終日の国際フォーラムが外れてこっちが当たったんですよね。
まあそんなもんですね。

さて、大宮ですが昼に近くまで行く用事があったので、
そちらでゆっくりと昼飯を食いまして開場時間くらいに電車に乗って
大宮に向かいました。手前で乗り換え必要だったんですが、
そんなこんなでも20分くらいで駅に着きました。

去年のエビネギの時が初のソニックシティだったんですが、
それから時間を置かず(個人的な感想です)に2度目のソニックシティです。

大宮の駅側から、入り口がぐるっと回って反対側なんだよな、
とか物販混んでるの厳しいな、とか色々と思いながら入口へ。
当たり前ですが既に開場されていて、そのまま会場内へ。

とりあえずパンフが欲しかったので、物販列に
列は階段を上って伸びていて、これは帰りに買った方が良いな
という判断で一瞬並んでみたものの即離脱しました。

今回の座席は着席指定、ちょうど前の列が途切れたあたりだったので
前を気にせずに見れました。

ステージ上の本のセットを見ていて、小林画伯の本と、
「Star name(星名)」っていうタイトルの本があったので、
みんなあるのかな?と思いましたけど、あとはあんまりピンときませんでした。

最近は着席なのを良いことに双眼鏡で見ること多かったんですが、
今回は持って行くのを忘れたので、ステージ上をふわっと全体見ている時間が
いつもより長くてフト思ったのは、ほしなみちゃんの踵が
ステージに全然ついてないなということでしたね。
他のメンバーに比べて1.5倍くらい宙に浮いている感じがありました。

ほしなみちゃんはずっとキラキラ飛び回るティンカーベル
イメージなのでそういうことなんだよなっていう
自分の中での納得がありました。

浮わついてるっていう意味ではないです。

そういえば、「U.B.U.」の振りが見たことがないような動きだったので、
もうこんなのU.B.U.じゃないよ……と思いました。別に悪いことではないです!
柏木さんの上半身の動きとか、りこちゃんの全身の勢いとか。

途中の謎のパントマイムから、「誘惑したいや」につながる件、
何これ、情操教育!って思いました。
世界の全子供に見せたい。

「でかどんでん」の初見での印象は、
エビ中の製作チームでは、まだこういう感じが流行ってるんだなー
っていう風に思いましたかね。

個人的には比較的苦手な傾向の曲ですが、
これをどうやって売るんですかねーっていう感じはします。
「響」をリードにはしないんだろうな*1っていうのはありましたが、
また違った変化球でくるのかっていう感じでした。
シンガロンちょうど良かったのになっていう。

逆にシングルのリードででもなければ、即セットリストから外れる系*2
曲になりそうだから、リードでよかったのかも知れませんが。

自分の中で、ちょっともうこのグループは説教臭いグループだ
っていう観点に立ってしまっているので、「まっすぐ」も
「靴紐とファンファーレ」も「響」も、もう素直に聴けちゃうところがあります。

見終わって、ツアー史上、最高だったかもしれないと思いました。

基本的には、去年の春に続いての「エビクラシー」ツアーだなとは思うんですが*3

選曲は新しめの曲が中心でしたが、特に物足りなさもなく
それだけ、エビクラシーと穴空以降の楽曲が良いということなんですね。

ホールコンサートでツアーを回るようになってからでいうと、
2016年の春ツアーがこれまでで最高かなーと思ってましたが、
今回はそれを越えそうな気がしています。

これまでなら藤井さんのところでに募金して帰る流れでしたけど、
メンバーが立つとなったらそれどころじゃない感じだったので
今日は募金せずに帰りました。

前述のとおり、パンフが買いたかったので、
終わり次第、即ホール内から通路まで出たら捕まりることなく
物販エリアに潜り込むことができました。

ソニックシティはロビーの導線が複雑なので、
階段の上にいる人は下の状況わからないし、アナウンスも無かったので
出たい人も募金に並びたい人もいっしょくたになっていたので、
後から出ようとした人、席が奥だった人は大変そうでしたね。

まあその件に対して怒っている人もいましたが、
普通に出れている人もいるわけですし、本人の判断ミスも
あるんじゃないのかなとは思いました。

そもそも帰りの狭い導線でやったらこうなるっていうのはありますし、
運営側の見込みが甘いというのは批判されても仕方ないですね。

さて、この完成度の出し物をやり続けていくことで、
時代を突破できるのかっていうところは、非常に思うところではあるんですが、
そこは大人の考えることですし、客の側からすると楽しめたかどうかなので
良きようになっていくことを願うだけですね。

seesaawiki.jp

*1:年始に初披露の曲を6月発売のシングルのリードにはしないだろうというところだけですが

*2:エビマニ系

*3:ちなみにこの日のセットリスト的には「藍色のMonday」、「なないろ」、「感情電車」、「コミックガール」以外が入っていましたので