ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

20160131

FCイベントに行ってきました。
午前中に横浜に到着しているというのは予想していたこととはいえキツかった。
前回、幕張メッセイベントホール*1でやったのも凄いなと思いましたけど、
パシフィコ横浜国立大ホールで追加もあって2公演とか、もう凄いなと…。
FCイベントですよ?

初回の抽選で本公演に当たっていたので、
追加分に関しては、まあ当たればいいなっていう感じで応募したんですけど、
運良く当たりましたので2公演とも見ることができました。

個人的には2公演見ることができたとはいえ、
追加公演を本公演より先にやるのはどうかなとは思いました。
今回のイベントの性質上*2、初見である事が重要なのかなと思いますので、
本公演側が優先されるべきかなと思いました。

実際、追加分に関しては最初に外れた人を優先的に抽選しているわけですから
その辺は考慮していかないと別に損したわけでもなんでもないとは思いますが、
損したと感じてしまう人もいるだろうなと。
いらぬ厄介は避ける方が良いと思いますし。

本公演が当たったから当たらなかった人のために追加の応募は控えた
なんて人もいたかもしれませんが、そこは本人の判断ですので
文句を言うところではないのかなとも思いますけれど。

まあ多くの人が見れる機会を作ったという意味では大きな意味があったとは思います。
この勢いで「エブリシングポイント-special edition-」の上映も大きな規模で
やって貰えればいいのになと思いました。

さて、昼からの公演は開演15分前にみなとみらい駅に着いたのでそのまま入場して着席、
今回はチケット券面の名前と会員証の名前を照合する方式の本人確認がありました。

着席すると恒例の藤井校長の冬歌カラオケで迎えられ、
開演前には星名さんの諸注意映像が流れました。
待ちも並びもない開演でなかなか良かったです。少し焦りましたが。

2階の着席指定だったんですが、2列前に座った方が前に乗り出すタイプの人だったので、
ステージのセンターがあまり見えないという事故がありました。

まあそれでもモニターもありましたし、そこそこ見ることができましたのでまあ良いです。
会場の傾斜が弱いのも理由ですので。
そして着席最前を当てれなかった自分の運の問題ですね。

さて、内容ですがOPVとして柏木ひなた仕掛け人のドッキリ映像からで、
レッスンで集められたメンバー達に当然現れた柏木さんが有無を言わせず
クジ引きをさせるというものが流されました。
クジ引きの結果がその後のソロ披露順だったんでしょうね。
とはいえ、追加があったのでどちらに反映されたのかは分かりませんでしたが。

クジの入ったボックスを持って登場した柏木さんが真山さんに
「私がいなくて寂しかったでしょ?」と聞くと「いや別に」みたいに答えてたのも
いつもの感じなんだろうなと。

柏木さんが「この為だけに来たの!?」って言われてたってことは、
まだ本格合流できてなかったってことでしょうね。
このVTRは本公演のOPでも同じものが流されました。

昼の最初はイベントの流れが分からないじゃないですか。
そこで「キラキラネスキラネス」の冒頭をアタックにして1人ずつ登場する形式だったんですが、
一番最初に出てきたのは安本さんで、「あなた」への手紙を書いてきました、
と言って持ってきた手紙を読みはじめました。

「2009年10月に転校してきてから、いくつもの出会いや別れを…」みたいな内容で、
これはまさか…と背筋に冷たいものが走りましたが、結局英字新聞で隠されていた「手紙」は
安本家のマル秘ノートで、「あなた」とはコンビニのアイスだというオチの話だったわけですが、
無防備なところに一人で話し始めるやつは、ジョークにしてもブラックすぎるなと思いました。
そして本人歌唱では久々の「またあえるかな」。安定感。

これでなるほどと、この後の流れがだいたい予想がつきました。

続いて真山さん、テーマは二面性という事で、
衣装のタイツの模様が裏側が透けててセクシーでしょ、ひゅ〜みたいな流れから、
19歳の自分とは違うゴリゴリのアイドルみたいなこともやっていきたいと
呪文のように「もえもえきゅ〜ん」と必死にやってましたが、
微妙な空気になるよねということで。
話にオチがつく言葉を使えば、オチがついて曲に行けるみたいなこと言って
出てきた言葉が「ちゃんちゃん」で、おどけたポーズから「LiarMask」という、
おい!食い合わせ!と思わせる流れでした。
約1年ぶり?の「LiarMask」に関しては、出来が良かったなと思いました。

星名さんは前日に起きた事件の話。
両親がいないので留守番をする予定でしたが、
レッスン帰りに家の鍵を持って出るのを忘れたことに気づき、
焦った挙句、意味もなく家と駅を2往復して猫のmocaの世話もしなきゃいけないのに!
という事で換気のために開いている窓から入れないかと
チャレンジするものの当然入れず途方に暮れたという話。
塀を登る前に何故か一礼していたり、
おっちょこちょい過ぎるエピソードの後で「キミに39」。
歌詞にあるおっちょこちょいのところを2回歌うという
おっちょこちょいまでやってのけました。

廣田さんはご当地電車の話。
東急東横線を使って来た人でしたっけ?
東急線では珍しい記念PASMOを申し込んでいるので、
お揃いのPASMOを使いたい人は申し込むと良いですみたいな話をしてましたね。
電車の話から流れるようには言いすぎですが、「ぁぃぁぃといく日本全国鉄道の旅」へ。
電車は走りますのところのフリが好きなんですよね。

かほちゃんはステージセンターに置かれた椅子に座って
大人の女性についてインタビューをされてる人を演じてましたが、
彼女の持つ大人の女性のイメージが薄すぎて面白かったです。
犬を連れて散歩してるイメージでしたっけか。本人は動物が苦手だそうです。
散歩のマイムで椅子をステージ後方に片づけるところまで演技して、「ぐらりぐら想い」。

「ぐらりぐら想い」は本当に良いんですよね。本人のなりきり具合も素晴らしい。
MC冒頭の挨拶の感じからすると中森明菜のイメージっぽいんですけど、
彼女こういう曲歌ってないような気がするんですけども。

そして、りこちゃんは私にはやりたいことがたくさんある!といって、
「ステージの上を走り回ったり」、でも疲れてしまうのでやりませんがとか好き放題でした。
支離滅裂なことをいって最後に「ペコリ」と言って暗転、明転して「ペコペコリーヌ」スタート。
これまで見れる機会がなかったので、初めて生で見れたので良かったです。
でも何回聴いても不安になる曲なのは変わりませんね。
バトンもたぶんノーミスでした。

そして、久々の柏木さん。
突発性難聴と言われて驚いたが、きちんと休むことができて良くなったとのご報告。
休みの間は寝てばかりだったのでだいぶ太ったと言っていました。
これまで「おもち」って言ってきたけど、本当におもちになっちゃうよ
みたいな話をしていたのは、確かに顔が四角かった。

柏木さんがはけるとebitureが流れて7人でのライブ。
「完全復活じゃないけど、ひなたが戻ってきてめでてぇな」と廣田さんから一言あって
「こりゃめでてぇな」、続けて「夏だぜジョニー」、「ナチュメロらんでぶー」と
まるで去年の夏のような流れ。

ナチュメロ最後の立ち位置で前を塞ぐ人を掻き分けてからの
星名さんの「ガリ勉最高!」ではじまる、最高の「踊るガリ勉中学生」があって、
その勢いのまま「Lon de don」

7人で5曲連続のブロックが終わって、廣田さんだけ残って生誕ソロ。
本人も触れていましたが、ちょっと懐かしいエビ中の生誕イベントマナーに
則った久々の生誕は最後の生誕と同じ絢香の曲「ツヨク想う」を
有明でのバンド編成の時にバンマスだったsinさんのピアノ伴奏で歌いました。
このソロで見せた歌唱の迫力は、他のメンバーではなかなか出せないなと思います。

生誕コメントの後はメンバーが入ってきてハッピーバースデートウーユー。

久しぶりの曲をと言って始まったのは「サクラゴーラウンド」。
何故かなかなか聴けない曲なので嬉しかったです。
季節感のある曲なんで季節を外すとなかなかやる機会がない上に、
1月2月は例年イベント少な目で、春は去年からはシアターシュリンプもあるから
なかなか春の曲を聴くのは難しいですね。

とはいえ、歌詞の内容考えると1年間の曲だから
春じゃなくてもいいと思うんですけどね、実際。

7人パート最後は「スーパーヒーロー」。
大サビの柏木さんパートは真山さん。

一旦MCを入れて、8人で何かできないかを考えて、
これならという事で柏木さんを呼び込んだら泣きながら出てきて、
「スーパーヒーロー」で感動して泣いちゃったと。

もう一度ピアノのsinさんを呼び込んで、「蛍の光」を。

柏木さんの負担を減らすために、イヤモニじゃなくて
転がしのモニターから音を聴いて歌うから、
この少しの間だけは静かにして欲しいと言ってスタート。

蛍の光、本当に良かった。
どっかで聴きたいなと思っていたし、まあタイミング的にもFCイベントですし、
柏木さんも参加できましたし本当に良かったなと思いました。

歌い終わって、やっぱり8人がいいねと言っていましたが、
やっぱり8人がいいよね。そうだよね。

ソロが一巡するまで一人ずつの登場だったので、
ソロの順番が最後だったリコ中山は40分ステージに出られなかったから、
ずっと袖にいたのがツラかったとのことでした。

内容的な捻りは前回のシャッフルみたいなものもなかったですし、
謎企画の推しブロックみたいなものもなかったですが、
一番真っ当なものを見せてもらえたという意味では非常に満足度が高かったです。
逆を言えば、普通のライブじゃんと言ったら普通のライブでしたが。

客電が点く前に終演の影ナレ映像が流れて真山さんのナレーションが
最後までひと噛みもなく終わったところで悪いドヤ顔でピースして映像も終わり、
客電が点きました。最高でした。

イベント的には2時間ぴったりくらいで丁度いい感じだったのではないでしょうか。
物足りないくらいが丁度良いですしね。

さて、追加公演と本公演の間が約二時間、
次の開場までは約一時間と微妙な間がありまして、
クイーンズスクエアに戻って食事って感じでもなかったので、
無料Wi-Fiを求めてパシフィコ横浜の展示ホールへ行きました。

窓際の椅子に座って。ぼんやり携帯を眺めてたら結構早く時間が過ぎて、
開場時間を過ぎたので国立大ホールの方に戻りまして入場。

あまり気にはしていませんでしたが、会員証を持ってきていない人の列は
結構長くなっていたらしいです。まあ仕方ないですね。

さて、本公演は追加公演の席の斜め後ろでしたが、
視界がそこそこいい場所だったので良かったです。
でも、着席指定席の後ろに一般席があると良さが半減しますね。

申し込み自体が一般席の方が多いんでしょうから仕方ないとは思うんですが、
最前が当たる可能性を放棄している*3のになとは思います。
まあこの辺りは考え方だとは思いますが。

追加公演よりもちょっと早く席についたので、かほちゃんの影ナレVTRも見られました。
開演前は星名さんのVTRが流れて場内暗転。

さて、本公演は真山さんのソロからスタート。
進行的には昼の追加公演と同様、それぞれのMCとソロ曲から。

真山さん、テーマは同じく二面性。
今回もタイツの柄の話をしていましたが、最終的には二面性よりも
(ソロの)2枚目のCDが出したいです、と偉い人達にアピールして
最後はこちらも同じく「ちゃんちゃん」で強引に〆て、「LiarMask」でした。
「老醜ブレイカー」もたまには見たいなとは思っていますが、
ソロシングル2枚目へのアピールということで納得しておきましょう。

星名さんは結局昨日の晩はどうなったのかを教えてくれることもなく、
みぞっちに来るまで送ってもらう時に、家の近くでお母さんに電話しようとして、
スマホをスワイプしても動かなくて壊れた!と思ったら、自分の手のひらだったという
新しい話をして、これからも応援よろしくお願いします、と「キミに39」。

松野さんは「たー」の面白エピソードとお母さんのおっちょこエピソードの
ほのぼのとした家族の話から「できるかな?」での流れが凄すぎるんですよね。
抜群の構成力と、そこから子供がはみ出る瞬間がまだまだあるのが、
今の松野さんの魅力かなと思っています。

かほちゃんは大人の女性インタビューで入りの部分から、
追加公演とほぼ同じテンションで、同じような薄い話をして最後に
キャリーケースを引くときに見立てたマイムで椅子を片付けて「ぐらりぐら想い」。

リコ中山はスキップして入ってくる予定だったところで、
客席から奇声か上がってそれに驚いて
キョロキョロしながら普通に出てきてしまいました。
今回もやりたいことはたくさんある、けど早く歌いたいと
持ち時間を持て余していたようでした。
そして、聴いてる人を不安にさせる歌ランキングで上位に入ると思われる
「ペコペコリーヌ」の最後にあるバトンを投げてキャッチする時の
自分の回転を追加公演のノーミスに気を良くしたのか、回数を増やしたらしく、
キャッチミスして逃げるように帰っていく途中で挨拶をしていないことに
気づいたリコ中山は振り返ってお辞儀をして帰っていきました。

廣田さんは全電車の話ですが、ダイヤ改正に合わせて
何も考えないで作った歌詞の内容が実情に合わなくなりつつある問題を指摘。
「2016年版」とか歌詞を変えていかなきゃいけないかも?みたいな話をしていましたが、
この後の「ぁぃぁぃといく日本全国鉄道の旅」では一部歌詞を変えて歌っていましたね。
こういうところに力を感じますよね。

最後に安本さんが、新しい「あなた」への手紙を読んで、「またあえるかな」。
手紙のオチはフカヒレまんへの思いでしたとさ。

柏木さんのMCは、休んでいる間に太ったけど、
本格的にパフォーマンスできるツアーのはじまる時には
痩せてみせると宣言しておりました。
最近やってない曲についても言及していましたね。
EP3の「あるあるフラダンス」件に続いて。
「I can't stop the loneliness」は自習の時にやろうとしたら
メンバーに却下されたそうで。
他にも「エビーダダ」とか「スターダストライト」とか
手にメモって読み上げてました。

ソロは基本的に一緒*4だったので、
7人ゾーンの内容を追加公演と本公演で変化をつけると、
どちらかしか見れない人にとっては不満になるので、
変えない方がいいんじゃないかなと思ってましたが、
まあ変えますよね。

1曲目の入りも曲も一緒でしたが、2曲目で「ほぼブラジル」がきたので
「やったー!」という思いと共にセットリスト変えるんだなあ、と。
結局は好き嫌いもあるんでね。

3曲目の「ナチュメロらんでぶー」で戻ったかと思いきや、
「梅」が来て指定席後方で大騒ぎがはじまって振り向いたら地獄が見えたので、
もう二度と振り向くのは辞めようと思ってステージに集中しました。

「ほぼブラジル」もそうですが、「ちちんぷい」があったり
本公演は本公演でセットリストは良かったんですよ。
とはいえ、これはたまたま両方見たからの感想ですね。
どちらかしか見ていなければ、隣の芝生は青い理論が出てたんじゃないかと思います。

同じ生誕ソロの後に、廣田さんがMCしている最中に他のメンバーが出てきてしまい、
袖で出たり入ったりをしていたら廣田さんに気づかれて、結局呼び込まれてから
ハッピーバースデートウーユーを何故か廣田さんの指揮で歌っていました。

その時廣田さんが「そもそも指揮ができるわけじゃないから握手会なんかで
間違ってるとか、正しい指揮の仕方とかをすごく言われる」という話をしていました。

そして、本公演の懐かしい曲は「中人DANCE MUSIC」で、懐かしいって!
と思いましたが、初披露がトロッコだったり、その後もあんまりやってなかったりで、
もうそういう域なんだよなと思いました。9人時代は遠くになりにけり。
あと後半では「幸せの貼り紙はいつも背中に」があって、
最後に「スーパーヒーロー」でした。本公演の大サビ担当は安本さんでした。

また柏木さんを呼び込んで、昼は感動して泣いてたんだよねーと言われると、
柏木さんは泣いてないよ!って言ってましたが、その虚勢の意味は?となりました。
照れるなよ、柏木。

そして、最後は追加公演と同じく蛍の光を8人で。
2回目も最高でした。

追加公演、本公演を通じて、ソロの前にやっていたMCの内容は、
メンバーそれぞれの人間性が出ていたような気がしますね。

しっかりネタ・小道具なんかを仕込んできた安本小林の師弟コンビ、
自分のソロ曲に繋がるテーマを選んでちゃんと落として曲に入っていく松野廣田、
話したいことをオチとか関係なく話した星名さん、
オチを「ちゃんちゃん」で強引につけた真山さん、
めちゃくちゃな内容だけど最後に「ペコリ」で暗転して曲に繋げたリコ中山。

「かほはあんな喋り方ができるんだ!」ってMCで誰かが言ってましたが、
普段は真面目に話し出すと途中で笑っちゃってダメなのにって、
ロボサンもマキアートもやってきたのに!?ってなりました。

そして、見事だったのがソロ衣装の見た目もすごかったんですが、
MCの内容も家族についてのちょっといい話をして、
「できるかな」を歌いだすとか本当にすごい。
自習の時の構成力にも驚きましたが、この短いMCで
エピソードをちゃんと話して曲に繋げるというのはまた驚きましたね。

「たー、ってお父さんのことなんですけど」って多分ここにいる人はみんな知ってるよ!
と思いましたが、そういうキラーフレーズもしっかり織り込んでくるところとか本当に見事。
想像を遥かに超える構成力と完成度を目地してるんだろうなと思いました。
ロボサン以降の松野さんは目が離せない度がグンとがありました。

同じくテーマトークできた廣田さんは、ダイヤ改正の季節にかけてきたり、
ご当地横浜に関連する話だったりこちらも見事でしてが、完全に電車一本だったので…。

そして、真山さんのテーマ二面性のトークは19歳と
所謂それっぽいアイドルの狭間を揺れる感じだったり、
ソロをまた出したいとかいろいろと勝手に焦燥感を感じてしまいましたが、
なんにせよ「ちゃんちゃん」でおどけたポースをして落すのとか、
誰に教わってきたんだよ!って感じでしたね。
本人にとっては照れからくるものなんでしょうが、
そういうことばっかりしてたらイカンよなと思いました。

リコ中山はいつだって支離滅裂で世の中をたまに睨んで行ってほしいなと思います。
去年の10月に安本さんからの助言でコンタクトの度数を上げて、
「前がよく見えるようになった」と言っていたのに、また悪くなったから
度を上げたいと言っていて心配になりました。
進むの早すぎじゃないですか?

安本さんは大人が悪いんだろうなとは思います。
本人にとっても面白い内容だと思うからやっちゃうんだろうけど。

言われてみればなんですが、世界が大喜利の限界を迎えている
キャッチフレーズをみんな言わずに名前を普通に言っていた*5のは良かったように思います。

最後の生誕イベント*6の時も廣田さんでしたし、今回も誕生日にFCイベント*7ということで、
やっぱり持ってるなっていう感じでしたね。
グループに対する貢献度による、功労賞的な部分もあるのだろうなと思いました。

昼にシアターシュリンプの公演詳細が出て、
帰りに「エビ中の全国共通穴空センター試験」の試験問題(チラシ)が
配布されていたので本公演ではアルバムの発売日なんかも出てくるのかな
と思いましたが特に何もなくてちょっと拍子抜けしました。

こういう意味でも、昼に見た人は先に情報を知ったワケで、
不公平感が生まれるんじゃないのかなとはうっすら思いました。

これを書くのに時間がかかっていたので、なんだかんだ反芻していたような気もしますが、
やっぱりパシフィコ横浜の2公演がFCイベントってすごいことだよなと改めて思いました。

みなとみらいの駅からパシフィコ横浜に向かう時もいつも思いますし、
この日は終わって帰る時にも、クイーンズスクエアでの
柏木生誕とか松野生誕のこととかを思い出していました。
松野生誕は本当の予定だった時に休みで日程変更になったんだよなーとか。
そんなに回数は多くなかったような気はしますが、
印象的なことの多い場所ではあります。

TFT東京ファッションタウンビルもですが、
パシフィコ横浜もなかなか来るのに気合のいる場所なんですよね。

まあ、そんな感じです。

*1:応募者全員当選イベントだったので大きめの会場を使う必要があったとは思います

*2:廣田あいか生誕と柏木ひなた復帰

*3:着席指定席導入後、着席指定が最前になったことは無かったと思いますので

*4:MCの内容は微妙に違いますが

*5:全員かどうかは覚えていませんが、

*6:20130120 川崎ラゾーナ

*7:1月31日の14時27分生まれということで、16歳最後のライブと17歳最初のライブという1日で2つのメモリアルなライブをやったところも