読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

あの時の道の続き

諸々人生の事情も重なり3rdワンマンに行けなかったので、
TIFで桜エビ~ずのCD-Rを買いました。

TIFも金曜日には行けませんでしたので、
今年は物販で写真も撮れませんでしたね、去年は楽しかったな…。*1
さて、TIF2日目のSKY STAGEから、私のTIFもはじまったんですが、
2日目、3日目の3ステージは見ることができました。

1ステージ15分はやっぱりキツかったですね。何よりも勿体ない。

MCを途中に入れて全2曲で、全ステージこの構成だったようで。
エビ中カバーも入れてほしかったとか、続けて見ると飽きるとかの意見も
あったようですが、オリジナルにこだわったのは良かったんじゃないかなとも思います。
TIFってそういうところあるじゃん?どういうところかはよく分かりませんが。
例えば「Believe」を外して、代わりにえびぞりやるのも違うんじゃないかなって。

結局15分て、オリジナル3曲は時間の問題でできないし、
MCを削るだけ削って3曲やってたとしたら、ガンダム前のステージを
たまたま並びで見た知り合いに「MCすごいですね…」って
言われることもなかったと思うと、それはそれで良かったのかもねと思いました。

とにかく、ワンマンに行けなかったので、ステージを追っていったら
オリジナルが全部聴けたのは、個人的には嬉しかったですよ。
中でも「Believe」は良い曲だなと思いました。完全なる好みの問題ですが。

オリジナル3曲は、どれも良い曲だなと思いました。

ただ曲も良いし、歌詞も良いのにタイトルがことごとく良くない気がします。
そこだけが残念に思えるっていうのもすごいことだと思うんですよ。

CD-Rの整えられた音は聴きやすかったですね。
先にライブで聴いておいてよかったなと思いました。

さて、TIFの感想を書くために書き始めたわけじゃないので、
本題にいきたいなと思います。

今、私が桜エビ~ずを楽しく見れている理由は、
あの時無かった未来だけど、自分が見てみたかった未来だから。

CD-Rを聴いて、これってあの時に藤井さんが選ばなかった
選択肢の一つなのかなと思っているところがあります。

桜エビ~ずのオリジナル楽曲を聴いてまず思ったのは、
エビ中がいまさら出来ない曲」をやっているなという事。

2011年の 1月に発売された「チャイム/どしゃぶりリグレット」の後に、
このCD-Rが次のCDとして出ていたらどんな未来になっていたんだろうか、
っていうのを思わせたんですよね。

現実には、ティッシュ、ゴースト、もっと走れっ!!になるんですが、
これはこれでその時々で間違っているとは思わないんですけど、
結局はカップリングの方が好きだったりするわけです。

ティッシュもゴーストも自分の好みではないんですが、
その時には違う選択肢は存在しなかったので、それはそれで楽しんでたけど、
「チャイム/どしゃぶり」の路線に戻してくれと思ってた気がします。

結局すんなりは戻ってこなかったエビ中ですが、
5年経って「フユコイ」みたいな曲を歌えるようなグループになるとは
思ってもみませんでした。

そもそもこんなに続いていることが奇跡に近いですしね。

そんな成長を遂げることで、さまざまな方向性の曲が
表現できるようになってしまった彼女達にはできない曲なんですよね。

それと同時に、あの頃の藤井さんが避けて通った道を進んでいってると思いました。
「僕らのハジマリ」、「はっぴースキップ☆ジャンプ」は今の桜エビ~ずを感じるから。
今後も歌っていくとは思いますが、これには今が詰まってるよ。

また「Believe」はそれとはちょっと違う印象を受けるんですが、
これを初音源として出してくるのは、やっぱり違うルートを歩いてる感じはしますね。

あの頃に見たかったエビ中を感じるとはいっても、
重ねて見ているというよりも、むしろあの時と違うから、
新しい切り口だから面白いなっていう風に思っています。
だってあの時はこうならなかったわけですから。

次の音源がどうなるか分からないですが、
2011年春くらいの気持ちから新しくはじめられるんだから、
そりゃ楽しい感じがします。

藤井さんが自分で書くくらい、川瀬あやめさんに対する期待を
すごく感じるので、彼女に注目しても損はないかなっていう風に思いました。
全てが粗削りではありますが、6人とも面白さがあるので、
人生の余裕があれば見ていきたいなと思います。

逃げない藤井さんが見たいな。

*1:ただの思い出補正で、待ち時間が長くて熱中症になるかと思いました