読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

20160619

過去の諸々

行ってきました、パシフィコ横浜

さて、今回のツアーは2回目に見る事になるわけですが、
そもそもグッズも買いません*1しあまり早く行く必要もないなという事で、
開場後くらいに到着する感じで向かっていたんですが、
新宿で湘南新宿ラインに乗って横浜、乗り換えて
桜木町から歩いていこうと思ってたんです。

新宿駅湘南新宿ラインのホームに降りた瞬間に、
埼京線内をこちらに向かってるみたいなアナウンスでしたので話にならないなと思って、
山手線のホームに向かったんですよ。

そしたら山手線の電車がホームに停まっていて、運転再開は16:40の見込みだとか……。
一瞬車両に乗りこんだもののそのアナウンスを聞いて、踵を返して改札を出て、
都営線から副都心線のルートに切り替えました。

幸いそちらの路線は新宿線が若干遅れで運行していた以外は通常運行していましたので、
副都心線乗り換えでちょっと走ったのを除けば順調にみなとみらい駅まで移動できました。

みなとみらい駅まで来て、パシフィコって入り口が面倒じゃないですか、
ぐるっと回って下降りてみたいな感じで。

そんなこんなで会場に到着して、席に座ったらもう開演時間の10分前でした。
休日で指定席なのに普段より余裕がなかった。はじまる前から汗かきました。
で、急いで席についたのに開演は5分押し。とはいえ誤差の範囲ですね。

さて、2回目の景気良いツアー、セットリスト的なところですが、
インディーズブロック入れ替え曲は「オーマイゴースト? ~わたしが悪霊になっても~」、
今更の話ではあるんですが、8人になってからのゴーストってそんなに回数多くはない*2と思うんですが、
まるで見ていないこともないかな*3と思うんですけど、
昔から結構苦手な曲なので、どうも記憶から消しているようでした、
ビバノンノンのパートを松野さんがやってるのを見ながら、
「あー、これ松野さんがやってるんだー」とぼんやり思っていました。
他に誰が引き継いだのか?って言われても、全く誰がやってたか印象がなくて、
脳内補正ってあるんだなと思いました。

にしても、ゴーストか……夏だし仕方ないな*4……。

仮契約前の小芝居がネタ切れであるという話を突然しはじめるリコ中山さん。
仙台では2年前の楽天優勝の件をパロった内容だったので、誰も分かんないよ!と、
近藤氏批判をステージ上で展開するの面白かったです。本人の台本でしょうが。
じゃあ普通にやろうっていう事で、普通にはじまったのも面白かったですね。
とはいえ、これは回数見てる人向けの演出ではあるかな。

「あたしきっと無限ルーパー」はNHKホールでもやったので、
関東では外してくるかなと思ったんですが、好きな曲なので良かったです。
この曲色々思うところがある曲ではあるんですよね。ポジティブな意味で。

続いての「使ってポートフォリオ」は、いつ見ても大体楽しいのでラッキーだなと思いました。
これでそれっぽい曲流れで、アンコールラスト前は「PLAY BACK」だ!って勝手に思ってました。
中人ブロックは好み的に選曲良かったです。

金八ブロックでは、「金八DANCE MUSIC」か「キングオブ学芸会のテーマ」が定番だった
1曲目で「キャンディロッガー」が来て、新しい夏が来たなっていう感じはありました。
「ちちんぷい」はステージのみに集中、「未確認中学生X」はなんか好きなんだよなー。
できれば!っていう目線でいえば、別の曲の方が良かったかな。

穴空楽曲では、やっぱり「お願いジーザス」と「ポップコーントーン」が双璧で、
「お願いジーザス」では、歌っていない人の表情を結構見てしまったなという感じで、
順に肩に手を置いていく振りで、真山さんがちょっと溜めるのがどういう意図か分かりませんが、
ずるいなーって思いましたね。ちょっと早かったから溜めただけかもしれませんけれど。
この曲、振付が振付と言ってしまうにはドラマチックで、
やっぱりこういう表現でひとつ見せてみてほしいなという風に思いました。

「ポップコーントーン」はどうしても涙腺が爆発する箇所が2か所あって、

もやもやしているでも何かしたい衝動
うん 諦めてしまうことに意味なんてないの

だけど分かっていて欲しいよ 私は私でいられるかな
覚めない夢を今は見たいよ

で、勝手に青春をプレイバックしてしまうんですね。
仕方ないですよ。

「参枚目のタフガキ」は、今回は周りがそれっぽい空気だったので、
前回NHKホールで聴いた時よりも良く感じました。

「MISSION SURVIVOR」は無意味に無意味を重ねてタオルを振り回すので、
基本的には苦手だなーと思いました。楽曲というより空間がですかね。

アンコールの1曲目は序盤で勝手に「PLAY BACK」の気分でいたので、
イントロがかかった時点で白目になってました。あんなに好きだった仮契約が、
ライブだと結構苦痛になったのと同じくらい、元から苦手だったMXはキツいです。
皆さん盛り上がるみたいなんで、個人的に心を閉ざせば済む問題なんですが、
折角の差し替え曲なので、残念な気分になるのは好きにさせてください。

で、ラストは「スーパーヒーロー」なワケなんですが、
近藤さんツアー終盤で疲れてない?と思いましたが、広島でもやってたので、
これはどういう思考でできた流れなのか聞いてみたいですが、
職員会議のチケットは当たりませんでした。言っても聞かないですけど。

各MCでは、真山さんの自己紹介あおりが抑えめになった割には、
ちょっと声飛ばしそうになってたような気が。アモーレで予想通りの感じ。

父の日の話題では、優しすぎる星名さんのお父さんの話*5と、
真山さんのお父さんは帰省中の為、会場に来ていないというところで、
普段面と向かっては言えないことろをという話で、真山さんがコメントに困っていたら、
誰かが真山さん推しの人たちをお父さんだと思って言ってよ、みたいなフリをしたら、
真山さんは「私のお父さんは一人だから」と毅然とした態度で断り、
結局は「拝啓」からはじまる短文を披露してました。続く星名さんも真似したりして。

ぽー's BARは安本さんをゲストに、カラオケの話と動物の話。
カラオケの話は安本家の父とカラオケに行くと、採点機は使わずに
お父さんの指導*6が入るので、それに則って歌う。
ちなみにお父さんが歌うのはミスチル
動物が苦手という話では、犬猫も苦手だった安本さん、最近猫カフェにいって子猫は克服したらしく、
星名家のMOCAちゃんも撫でることができた、犬に関してはこれから挑戦していきたい。
小林さんは大型犬、中型犬、小型犬全てに噛まれたことがあるので、
今後もいい距離感を置いて付き合っていきたいとのこと。

その他は、ツアーが終盤に来ていること、ツアーできることが当たり前になってはいけないということ、
はじまる前に3階席に行ってその風景を見たこと、廣田さんが声出ししたらステージに届いたこと、
その時に客前(2階通路ですかね)を通ったメンバーは物販中だったので見つかったこと、
別行動をしていた真山さんは全く見つからなかったことなんかを話ししていましたでしょうか。

スクリーンを結構見ていた結果、色んな曲にある、小林さんの変顔ですが、
一発で決めるんじゃなくて、どういう基準か分かりませんが顔を動かすんですね。
頑張っているなと思いました。

柏木さん、ちょっと別次元で歌い始めているので、だいぶ歪になってきたように感じました。
これがグループ的に良いことなのか悪いことなのか、
柏木さん個人的に良いことなのか悪いことなのかは後にならないと分かりませんね。

この日は何か歌い出しに勢いをつけすぎて吹っ飛ばしてる人が何人かいたような気がします。
そこに引っ張られてAメロヤバくない?みたいなのもあったような……。
モニター音出てんの?みたいな感覚でしたが。

全体的にマイクの音量が微妙だったような気がしましたね。
星名さんが声を張ったら何言ってるか分かりにくいのはいつもの事ではあるんですけれど。
ドーナツから登場して開口一番のコメントが何言ってるか分かりませんでした。

会場内、湿度と気温が高かったような気がしますので、
ステージ上厳しかったのでは?と思いました。
あんまり汗をかくイメージじゃないなっていう人も結構汗をかいていたような。

あと、ステージ上の照明色濃すぎない?って思いながら見てました。
BTに上がるステージ写真も、ライブ中にスクリーンに映る画面も暗いところ多いな
って感じますけど、それって世界観なのかな?曲の世界観かな。
ライブの世界観的には明るいんじゃないかなって思ったりもしますが。

残り2回、期待してくださいと言ってらっしゃいましたが、行けるもんなら行きたいですよ!
今回のツアーはあと国際フォーラムに行けるので、全部で3回見ることになるんですが、
たぶんここが1番席が良かったはずなので、後は何も期待せずに空間を味わう感じで行きたいですね。
気持ちを整理して楽しみたいと思います。

横浜は遠くてツラいとは思いながらも、結局は来月も行きます。

まあそんな感じです。

*1:桜エビーず物販ていうのは見てみたいですが…

*2:たぶん13回やっています

*3:そのうち5回くらい見てました

*4:2014年のファミえんラスト曲の呪いが解けません…夏ならエビ中音頭やってよと思う派です

*5:お弁当のドレッシングを持ってこさせてた件

*6:安本さん曰く「いっちょ前に」