ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学について書いています。

20141221 私立恵比寿中学「エビ中 真夏の南半キュリスマス」

開場前で待つのが苦痛すぎることが分かったので、
ちょっと遅目に行ったら開場前のFC抽選に間に合わなかったので、
今日もまたとりあえず入場列に並びました。今日も椅子が恋しい。

チケットをもぎられてFC抽選ブースに行きまして、
本日も安定感のある参加賞をいただきました。本日は廣田さんの。

前日に休みがあったことで北半で買ったパンフを読んだりもできました。
とはいえ、ファミえん2014も届いてたんですが、こちらは半分しか見れませんでした。

未確認、ロックリーと好きな曲からはじまったんですが、
意外と正面を意識したフォーメーションだったのでなるほどなと思いました。
アップテンポの曲ではありますが、これ意外と客の介入が出来ない曲。好きです。

最新シングルであるところの「ハイタテキ!」はあんまりライブにかけないのは
よく分からないんですが、なんとなくいつも渇望感があります。

ファミえん以来の「ご存知!エビ中音頭」での、
所謂もち神輿が限界を迎えていることが再確認できました。
続いてなんちゃら節がきて、スーンとなりましたが、
安本さんの歌い方が新しい感じですごく良かった。
とはいえ結局のところ、好きではないところはあります。
さらに追い打ちをかけるジャピャ〜ンとMXだったので、休憩タイムでした。

一旦間を置いての「チュパカブラ」初披露で、
これについては楽しさありましたね。
スタート位置とかは今回用のものだったと思いますが、
普通のステージでも見てみたいですね。

「もっと走れっ!!」は「いっせーので」の後の
「1!2!3!」までが見せ場なのにといつも思ってます。
これは北半じゃないの?的な「サクラゴーラウンド」は嬉しかった。
パクチー」、「あたしきっと無限ルーパー」はこれも介入できない系で楽しい。
ガリ勉はいつだって楽しいし、切ない。

バンドセットは北半のストリングスとは違って、この日はホーンが入ってました。
なんか途中でウクレレ的なものを回収しているのを見てしまったので、
「あるあるフラダンス」がどこかのタイミングでくることは分かってしまった。
どうでもいい話ですけどね。結果オーライです。

ティッシュ、売れエモをバンドで聴く時代が来るとは、
あの頃の私には想像もできなかったところではありますね。

最後に「ほぼブラジル」があったわけですが、
「Lon de Don」からサンバダンサーがステージエリアに登場して、
すわっ「ほぼブラジル」か!?やったー!ってなりましたが、
何故かエビフライで、アレ!?ってなりましたが、
結局のところ、サンバダンサーがハケたあとに「ほぼブラジル」がはじまったので、
どうしてこうなった!?となりましたが、まあサンバダンサーと日本人との
血の違いを感じ続けるのも限界だったのかもしれないので、
これはこれで良かったのかもしれませんね。
外国人は面白いですね。

この終わりの流れで最後にステージという名のアリーナを
ぐるり回ったのは、ちょっと蛇足な感じがありました。
アンコール無しだからこういう演出になったのかなと思いましたが、
ギリギリまでチケットの話をしていた公式アカウントのことを思い出し、
さらに2012年3月11日のMEGAWEBを思い出しました。

アンコールを考えないからこその本編だったのかとは思いますが、
アンコールあっても良かったかなとは思いました。
セットリストを見ると北半と南半で曲数一緒だったんですね。

北半、南半と合わせて持ち曲をほぼ網羅したわけですが、
こういう形の流れをいつの日か見た記憶があるなと思ったら、
去年のさいたま〜TDC2DAYSってこんな感じだったなと思ってザワっとしました。
サークルKサンクスのチキンキャンペーンはクリスマスまでだよな、あはは…。

結局2日間で「誘惑したいや」をやらなかったことについて、
いろいろと思うところはありますけど、どういう意図があるのかまでは
ちょっと想像できないですね。

センターステージと8つの浮島サブステージは結果面白かったですね。

今回のような裏表みたいなイベントは両方見たいよなと思いました。
見れたから良かったようなものの、やっぱり行けなかったらツラかったよ。
ビジョン用とはいえ、良いカメラで映像撮ってるんだから、
特に編集しなくてもいいから映像残して欲しいもんですね。
バンドセット言いたいこともあったけど、それはそれで良かったよ。

人が北半の倍くらいいたから、場内の気温も夏っぽかったです。

http://seesaawiki.jp/ebc/d/20141221