読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

2014年の私立恵比寿中学(夏休み自由研究編)

主演ドラマと新曲が発表されたところ*1ですが、
新編成になってひとつのツアーが終わり、ファミえんが無事終わったということで、
冬の大学芸会11月の横浜アリーナ、神戸ワールドに向けて動き出す
このタイミングで、新しい展開が起こる前に私立恵比寿中学について
思うところをちょっと書いておきたいと思います。


◆2014年今のMCって面白い?

今年に入ってのライブ・イベントの数が例年より少ない*2ので、
MCを聞く機会も限られていますが、春以降のMCについては色々と思うところがあります。

個人的にはアイドルグループのMCで、進行役がやるべきことは、
進行と話題の各メンバーへの振り分けだけだと思っています。

現在の進行役である安本さんはお題振りの後は各々自由演技で、
というタイプなので、進行を途中で放棄しがちです。
そして、彼女の持って生まれたものはボケなので、
話題への参加はボケ側に回ることになります。

それ自体はさほど問題ではないですが、そういう形になるのであれば
もうちょっと明確にツッコむ人、回す人が必要になると思います。

ライブ中のMCはトークショーではないので比較的短い時間で
少なくないメンバーに話を回してコーナーを〆るという形は
ある程度流れをキープする役割の人がいないと難しいでしょう。

まずはツッコミです。
ことツッコミに関しては、今のメンバーには安本さんへツッコめる人がいません。
そこが成立感が弱い理由であると思っています。

現状、ツッコミに関しては廣田さんのみに頼っていて、
基本的に全方位型のツッコミという性質を持っている廣田さんですが、
安本さんにはあまり強めのツッコミを入れません。
それは2人の関係性によるものだと思いますのでもはや仕方ありません。

そして、他の6人のメンバーについては基本的にボケなので、
いよいよ安本さんにツッコめる人がいないということになります。

廣田さんのツッコミ対象から外れがちな安本さんのリードに対して
他のメンバーからのツッコミもないのでオチない。
話題がオチないから回らない、成立感が出ないとなっているように感じます。

そこで思い出すのは進行、トークの回し、ツッコミを兼ねていた、杏野さんの存在。
今にして思えば、杏野なつ中2時代からのポテンシャルは凄かった…。

頭の回転の良さと、思い切りの良いツッコミでMCとして活躍していた杏野さん。
2011年頃のMCは演出から渡されるお題に関して回答者を指名する
という時代があり、その当時からの経験もあったとは思いますが、
彼女の持っていた才能・素養と、グループ内の立ち位置から自然と
そのポジションが任されるようになったのではないかと思います。

そして、杏野なつMC時代の特徴は、今あやふやになっている裏回しが存在したことです。
具体的にいうと、瑞季(と転校までの宮崎れいな)です。
メジャーデビュー以降の話に絞ると、杏野なつ瑞季が両輪でMCを回していたと思います。

今、裏で回せるタイプは廣田さん、真山さん、星名さん辺り。
実際、今は話をメンバーに振る役割は、真山、星名でまかなっているのではないでしょうか。
安本さんがやっているのはお題振りまで、お題が弱いのは台本のせいかどうかは分かりません。

そして、そもそも安本さんがやっていた役割が
他のメンバーに移譲されていないところにも問題があると思います。
安本さんはポイントゲッターだったのです、
杏野さんや、その他のメンバーからのパスを決める役割、落とす役割でした。

その後、その役割を一時的に鈴木さんと分け合う形になったわけですが、
まあこういうことになった今、安本さんをポイントゲッターに戻すわけにもいきません。
オチを任されていた時代の安本彩花鈴木裕乃は面白かったわけです。

それでは、今の安本さんは面白くないのか?
そこについては好みの問題になってくるとは思いますが、全盛期のキレを考えると
今はその当時には遠く及ばないのではないかなと思います。

◆MC安本彩花の理由

ここまでを踏まえて「MC(master of ceremony)安本彩花」の理由を考えていきましょう。

運営(校長)の思惑としては、今の面白をとるか、
成長をとるかという分岐で、成長を選択したのだろうと考えています。

安本彩花の成長を促すというところで、チャンスを与えた。
立場が人間を創るっていうところもありますよね。
これについては、カホリコの教育係という役割も与えています。

運営サイドにしてみれば、この状況を面白がっている部分もないとはいえません。

MCを務めることについては、安本さん側の思惑もあると思います。
この辺については、「対 杏野なつ」という部分が一番大きいと思います。

彼女の思考の中に(杏野なつが抜けてしまったことで空いてしまった)MCをやりたい、
自分がしっかりとMCをすることで安心させたいと思っていることが理由ではないでしょうか。

そこには、「杏野なつのポジション」を他の人には渡したくないという意識もあるかと思います。
努力家ではあるが実を結びにくいタイプ*3の彼女は、
ここでひとつ成し遂げたいと思っているのではないかというところもあります。

MC安本彩花の問題点は重い役割が与えられると、
パフォーマンスの水準が落ちるというところにあると思われます。
それは、安本プロデュースの自習とエビクリ(CM監督のくだり)で実証されています。

それでもMCを任された理由は、本人のやる気もさることながら、
杏野なつ瑞季を欠いて他に任せられる人材がいないということもあるでしょう。

後は一度任せたものを簡単に反故には出来ないという状況になっています。
ここは校長の人間性(良くは知りませんが)にも繋がる部分です。

◆MCの素養におけるメンバー分析

さて、ここからは角度を変えて、
安本彩花以上に今MCに向いている」メンバーはいるのか?について。

まず最年長の真山りか
彼女にMCを任せるとすると、恐らくキツめに場を仕切っていくことになるでしょう。
責任感が強い彼女が前面に立っていくことでメンバーが引いてしまう可能性が高い。
今でも彼女の真顔はメンバーから怖がられている節があります。
ラジオ番組*4におけるMCについては、その場に彼女より上位概念の作家・スタッフが存在するし、
生放送ではないので、ほどよく成立しているのでしょう。

そしてもう1人の年長者、星名美怜
皆さんご存知のとおり、星名美怜はフリーでこそ生きると考えられます。
話を回したり、膨らませたりすることも当然出来る彼女ですが、
我々が求めているのは、流れを無視して突然どうしても話したい話をはじめたり、
予定調和の世界を壊す彼女を求めています。
そいういった意味では、MCを引き受けることで、一歩引いてもらっては困りますね。

廣田あいかについては、前述の通りツッコミとしての役割が大きいです。
彼女に関しては星名さん並に脱線することが多いので、
結局本筋を任せるタイプではないでしょう。

松野莉奈は基本的には天然であると思うのですが、
台本通りの進行であればむしろ向いているのかもしれません。
しかし、そうは行きませんよね。
そして結果話を聞いてないとか、興味のある話題だけにしか反応しないとか、
MCとしては致命的な部分があるかもと思います。
完全台本でやるのなら…。

柏木ひなたは台本から外れる仕切りには向かない。
恐らくやらせればできると思いますが、本人が楽しいところに向かってしまうので、
一度台本から外れたらもう他の人が引き戻すしか無い。
安本さん含めた中4のメンバー全員にいえることは、自家中毒気味に盛り上がるタイプ。
廣田さんはちょっとツボが違いますが、4人共ワーッとなったら収集がつかなくなるイメージ。
大阪のラジオ*5、進行は芸人なんですよね。

小林歌穂、中山莉子の2人には、今の段階でそれを求めるのは酷でしょう。

◆これからの可能性

今の体制が変わるとしたらどういうことになるか、
一度決めたことを変えるには理由がいります。

年長メンバーにMCをやらせることは、
一度安本さんに役割を任せた以上ないでしょう。

もしも配置換えがあるとしたら、新メンバーに渡す形になるのではないかと思います。
現メンバーの中で次のMC候補をとなると、中山莉子ちゃんになるでしょうか。
これもひとつのチャレンジを含んでの起用になるでしょう。
サウナの中で喋ってるみたいなMCから一歩抜け出すことを目指します。

もう1人の小林歌穂ちゃんはそういうタイプではない。
以前の安本さんのポジションに一番近いのが彼女ではないでしょうか。
しかも、星名さん的なブッコミ要素も持っているので、その内無双になるでしょう。

中山莉子ちゃんがトークを回して、小林歌穂ちゃんが暴れるMCが近未来あるかもしれません。
逆にその2人に自由のさせるかと、安本さんの腕が上がるかもしれません。
安本さんには、どういう形になるかは分かりませんが、
こんなくだらない考察を越えて行くことを望んでやみません。

未来には楽しみしか無いんです。

今の状況は決して最高ではないのかもしれない。
でも、今は今の最高ですし、これから先には楽しみなことしかありません。

っていう話をマクドナルドで聞きましたっていう報告でした。

        • -

参考
「甲殻不動戦記 ロボサン」TV TOKYO
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/robosan/

エビ中☆なんやねん「スタジオ日記」MBS
http://www.mbs1179.com/ebi/diary/

*1:2014年10月クールから「甲殻不動戦記 ロボサン」、主題歌「ハイタテキ!」

*2:個人的な事情も含めてですが…

*3:エビ☆中なんやねんの「かんさい絵ことば辞典」の件

*4:文化放送私立恵比寿中学 放送部」

*5:MBSエビ中☆なんやねん」