ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

20140626

開催がド平日ですし、開場時間は就業時間内ですし、
抜群に抜けにくい日だったんですが、そこはまあ出世とか関係ない人生なんで、
開場時間の30分前くらいにZeppの前に到着しました。

そんな時間に着いても、私の整理番号は青海駅の改札くらいの番号なので、
開場しても当分中には入れないわけですが、まあTシャツでも買おうかなということで。
結果、開場する頃に物販に行ったらサイズがありませんでしたので、
ご縁がなかったということで。白いTシャツなかなか着れませんし、仕方ないです。

そんな番号だったので入場する人を眺めていたんですが、
氣志團をお目当てに来てる感じの人がすごく少なくてちょっと意外でした。
まあこのシリーズは回数もありますし、対バンのメンツ的にも今回は弱いですよね。
普段から一緒にやってる人達との対バンの方が楽しいですもんね。

とはいえ、この客の割合を見て、
この世には、いよいよアウェイの環境が無くなってるな、と思いました。

たとえアウェイだったとしても、イベント自体が楽しくなるであろうことは
ほぼ決まっているという氣志團(そもそも好きなんですが)への信頼感が強かったので
あまり心配はしてはいませんでしたが、ここまで客の割合で勝つとは思ってませんでした。

今回のセットリストは「ヨソイキ」だなという感じがしました。
結果的には(ほぼホームだったので)セットリストは何でも良かったと思うし、
もっと冒険してくれても良かったんじゃないかなとは思いました。

前半のエビ中パートだけをとったら、フリーイベントにちょっと色がついた
くらいの内容だなと感じました。新譜+シングルのリード曲中心でしたし。

そんな間隔ではあるものの、フリーのイベントにもう半年行ってないですし、
今回のツアーも全体を俯瞰で見れていないので今日のこのセットリストが
今やるべきものなのか?みたいな部分にも言及は出来ないところがあります。

とはいえ、まとまりは良くて盛り上がりによってはいるなと思います。
この辺は好みの問題が大きいですし。

この日はMC最小限なのが対バン仕様の部分かなと思いました。
皆さんご一緒に系の自己紹介をやるよりも、1曲でも多くやる方が
対バンではいいと思いってます。

エビ中パート最後の「幸せの貼り紙はいつも背中に」での
ステージ上を照らすライティングが、普段なかなかないくらいの雰囲気がありました。
特別な色のついていない光が、ただメンバーを照らしているのがすごく良かったです。

「Go!Go!Here We Go!ロック・リー」が、最近ちょいちょいセットリストに
入ってるのはどういう風の吹き回しなんでしょうかね。良い曲なんですよ。

これについては今更ですし、特に書くことでもないんだと思いますが、
あれだけキラキラしていた「仮契約のシンデレラ」は騒ぐだけ騒げばいい
みたいな曲になってしまったなと改めて思いました。
前の方にいても後ろの方にいても変わらないんだなって。

そして、今回もロングイントロでした。
ロングイントロはここ最近の使われ方でスペシャル感も薄れてしまったように思います。
都合の良い物を手に入れるとすり減ってしまうまで使う傾向にある気がします。

前半のエビ中から氣志團のバンドセットへの転換の時に流れていたMIXが、
エビ中氣志團の曲で作られていたので、スペシャルだし楽しいなと思いました。
このMIXはEX 申し訳ないとの偉い人が作ってたらしいのでなるほどなと思いました。

衣装は去年の氣志團万博の成功を引きずること無く、
制服というモチーフを活かす形でグローバル計画の白セーラー衣装に眼鏡*1でした。
スケバン衣装でも良かったけど、成功体験を引きずるの良くないから
切り替えてきててよかったなと思いました。

氣志團は1曲目から「大人はわかってくれない」をはじめるし、
「喧嘩上等」でエビ中をバックダンサーにして歌うし、「バタフライエフェクト」を演奏するし、
安本さんの誕生日を祝うし、アンコールでは「ラブリースマイリーベイビー」を歌ってました。
いつものことだけど滅茶苦茶腰低いし、お客さんだけでなく、
対バン相手も含めて楽しませようとする感じがとても良かったです。

どうせなら、エビ中が印西で何度かカバーしていた
One Night Carnival」を一緒にやってくれるのを見たかったですが、
これは氣志團万博までおあずけなんでしょうかね。*2
ZeppTokyo、千葉じゃないしな…。

自分たちの事以外手を拔かない氣志團は本当に素敵だなと思いました。
主催イベントで今更ムキになって曲をやる必要もないでしょうしね…。

*1:登場時のみでmatsuriture中にフロアに投げ入れてました/黒縁

*2:たぶん万博でもやりません