ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

エビ中サブ主総会

20140424
エビ中サブ主総会」
恵比寿ガーデンホール

※ざっくりですので、その辺よろしくお願いします。

壇上には机と椅子とペットボトル
客入れのBGMはジェットストリーム

登壇者(ステージ上手から)
 本多麻衣(SMOOCH)
 山根玄紀(SMOOCH)
 菅野千里(スターダストネット/ブラックタイガー担当)
 隅内香小李(スターダストプロモーション/うっちー)
 古溝由紀(スターダストプロモーション/みぞっち)
 藤井ユーイチ(スターダストプロモーション/校長)
 石崎裕士(スターダスト音楽出版/かりそめ)
 瀬戸シノ(デフスターレコーズ/A&R担当/セトボーイ)
 井上泰斗(デフスターレコーズ
 近藤キネオ(ちりめんプロダクション/現国)
 松井俊(ブックリスタ/Mr.マツイ、DJタミフル


司会進行は校長

運営体制について
 理事長 藤下リョージ(2009年から6期連続)欠席
 校長 藤井ユーイチ(2010年から5期連続)
 副担任 古溝由紀、隅内香小李
 音楽担当 石崎裕士
 レーベル担当 井上泰斗、瀬戸シノ
 現国担当 近藤キネオ
 ファンクラブ担当 菅野千里
 グッズ担当 山根玄紀、本多麻衣

業績報告(2013-2014)

デフスターレコーズ(井上)
 SMD森慎一郎氏、人事異動でチームを離れる
 本人挨拶と後任(イソアイ氏)就任挨拶

 森氏挨拶
  営業から別部署に移動する
  本当に良くしてもらったのでチームから離れるのは寂しい
  後任のイソアイ氏は1年後輩

 2013年度のツアー(とんでん、ジャムボリー/フリーイベント)についての報告
 タイアップ、チャートについての報告(さいたまのBDが音楽部門ウィークリー1位)
 2014年指針

 HOSPITALITY & QUICKLY
 +
 QUALITY & VALUE

 クオリティと価値にこだわった制作をしていく

 バタフライツアー(フリーイベント)日程(既報)
 バタフライエフェクトMV初公開(上映)

 質疑応答
 Q:以前、ツアー中ずっとカメラが入っているといっていたが、
  エブリシングポイントの続編が出ることはないのか?
 A:(井上)この件は近藤さんから
 A:(近藤)私のセクションで良い報告ができると思います
 Q:異動した松井さんが来ていますが
 A:(井上)ノーコメントで
 Q:松井さん司会のトークイベントをまたやってください
 A:(松井)無いと思います

◆音楽班(石崎、瀬戸)
 まずA&Rとは?「Artist & Repertory」の頭文字から
 どうやってパッケージを作っているのか(バタフライエフェクトを例に)
 楽曲提供者の紹介(各曲の作家を紹介していました)
 WK1については、アナログテープで録音した音源を使ってアレンジしている
 MVの企画書を公開(IKIOIからの提案)
 今回のMVは背景にマットペイント(背景画との合成手法)を使っている
 マットペイント(Wiki) マットペイント - Wikipedia
 ジャケット案として「バタフライを泳ぐ水泳選手(男性)」もあった
 デザイナーは増本氏
 羽化する蝶?のイメージを表現するのに、石膏彫刻や
 雑技団的な組体操のモチーフから、最終的にはヨーデル盤のジャケットになった

 過去作品のボツジャケット案
  ボボ・ブラジル意匠のロックリージャケ
   ※以前、職員会議でも話題になった権利元に連絡がつかなくてオクラになったもの
  太った白人男性(これを何故か中肉中背と表現)を使った中人のボツジャケ
  最終的には大人と子供の顔が半々になっているイラストから、中人エー盤ジャケに

 どうやって実現するのかが思いつかないような企画が上がってくる
 (そういう意味では、デザイン側の)スタッフも楽しんでいる

 質疑応答
 Q:以前、楽曲はコンペ形式で選曲されているとの話だったが、今回はどうやって?
 A:(瀬戸)タイアップ先の意向も含めて決定している、
  複数の候補から選ばれているという意味では今回もコンペ
 Q:これまでは全体で5曲だったが、今回は4曲になったのは何故?
 A:(石崎)(経緯としては)デビューの段階からMV付き盤のアイディアもあったが、
  理事長が楽曲の力でやっていこうという方針を示したので、曲を揃えて行くことになった
  楽曲制作にもコストがかかる
  (5曲ずつという)毎回ミニアルバムを作っているような感覚でやっていた
  今回(3種、4曲、MV付き?)、試しにこの形態にしている
  (これまでも、今回もベストかどうかはわからない)今後もベストを探りながらやっていきたい

◆FC秘密結社★ブラックタイガー(菅野)
 ブラックタイガーの説明
 会報は学期末に発行する予定、その為にイチゴ狩りに行ってきた
 イチゴ狩りの映像(鈴木、松野、中山/FCでイベント後から公開済み)
 ゆるキャラでやっていきたい(この辺よく意味が分かりませんでした)

 ---
 ※20140501追記
 FCイベントやりたいって言ってましたね
 ---

 質疑応答
 Q:新しい動画が上がると古い動画が消えています、どうにかならないか?
 A:動画は基本的に消えません、iPhoneでは20本目までしか表示できないということがあり、
  この辺の対応を検討している
 Q:幕張、グランキューブの配信はあるか?
 A:配信の予定はありません(FCではかどうか不明)
 Q:黒い封筒が家族に見られるのが気まずいのですが…
 A:そういうヒヤヒヤ感も楽しんでください

◆SMOOCH(山根、本多)
 エビ中との関係は(スターダストの)100%子会社
 過去の商品説明
  O-eastワンマンのグッズ、バスの組み立てて無いものがあれば買い取りたい*1
  初期型ハートペンライトが社内に見本1つも残っていない、引き取りたい(限定200本制作)
 なんとかオークションで売らないで、手元においておいて欲しい
 新担当、本多さん挨拶「中学3年生…13年生だと思います」(山根氏「だいぶサバ読んでるね」)
 物販のお客さんは10代、20代のオシャレ感度が高い人が多い(SMOOCH調べ)
 次のツアーの新製品紹介(レインポンチョ等)

 SMOOCHPREMIUMのポロシャツについて
  最初の商品として企画するにあたり、
  オシャレマスターといえば校長なのでエビ中とコラボすることにした
  ポロシャツは質の高いメイドインジャパン、ワニをとってエビにした
  目を閉じて着たらわからない、なぜなら同じファクトリーだから

 本多「これまでみんな大好き、ビジュアル担当のイズミが担当していましたが…」
 生誕グッズをメンバーとともに企画している

 質疑応答
 Q:iPhoneケースを待っているのだが?
 A:(本多)(検討している云々歯切れが悪かったが)考えています
 Q:(iPhoneケースを)今年度中には?
 A:(本多)頑張ります
 Q:AE*2の企画であった過去グッズの投票による復刻をやってくれないか?
 A:(山根)個人的には復刻したい、もう在庫がないものもあるので

◆演出・映像制作(近藤)
 2011年この時期に着任しました
 (げんげんさんの流れを受けて)「無関心地蔵と俺の藤井を経て、校長をいじってもウケない」
 (O-east以降の)大箱ライブの演出、映像作品を担当してきました
 いろいろ用意してきたが、(前が押したので)持ち時間が無いので…
 (校長「いいよ、あるよ」近藤「俺の好きなようにさせろ」)

 ただひたすら面白いものを作ることを目指している
 (着任した)3年前に比べると、(客層が変化して)若い人、
 女性も増えて混在している全員に楽しんでもらいたいと思っている

 見た全ての人が面白い、かわいい、楽しいというふうに思ってもらえるように

 武道館の演出について
 OPVの件
 全部見ると長いので、最後の空撮になるところを
 (武道館のOPV校舎からなっちゃんが駈け出してくるくだりから)
 撮影期間は2日間、エビ中はご存知雨が多い
 (空撮に繋がる部分を)どうしても撮りたい、これがないと成立しない
 名古屋から業者を呼んで空撮をした
 精密機械なので雨が一粒でも降ってきたら撮影ができない
 校長は(天気が悪い中)「1回だけ飛ばせ、1回だけ飛ばせ」と言っていた
 天気待ちをすることになって、15分待ち、さらに15分待ったところで雨がやんだ
 やんでると思い、ダッシュで撮影しようとしたら雹が降ってきた、さすがエビ中
 結局は4テイク撮って、なんだかんだでできちゃうところがエビ中らしい

 エブリシングポイント
 次回作制作が決定した(前回のツアーオフショットVTR)
 安本さんのレッスン着のポケットに頭を突っ込むメンバー
 グランキューブ大阪に向けてのリハ
 安本さんが「1よりも2の方が面白いですよね」とカメラマンに向かって言ったら、
 ちゃんと言ってと言われて「1よりも2の方が面白いぜ!」とカメラ目線で言いなおす
 次のツアーにも密着する

 (初ワンマンの)O-eastから、武道館、次のツアー、
 (今度の)ファミえんまで同じ(演出)チームでやっている
 本人たちが一番輝ける形でやっていきたい

 質疑応答
 Q:武道館でO-eastをセルフリメイクした理由は?
 A:アイディアは早い段階からあった
  さいたま・幕張大阪は(セットや演出が)スペイシーでカッコ良かったが、
  武道館は学校モチーフであたたかいイメージで(行くことになり)、
  学校のセットはパースがちょっと狂ったティム・バートンのような雰囲気で、
  とひとつひとつ思いついていった結果、ファーストワンマンのOPVのリメイクに辿り着いた、
  古くからいる人も新しく来た人も楽しめるものを目指している

◆マネジメント(藤井、古溝、隅内)
 校長「古溝から」

 古溝
 ※古溝さんだいぶ緊張してかなかなか言葉がでない
 エビ中の一番近くにいるマネジメントから…
 私はエビ中好きなんですよ、好きなものを皆さんに好きと言ってもらえると嬉しい
 ※考えてきたものが飛んでしまった様子でパニクっている、校長苦笑
 職員だよりにいっぱい書いていきます
 (友人知人が)1度見に来ると好きになってくれる人が多い、まず見に来てもらうのが私達の仕事
 素敵なグループを広めていきたいな(と思う)、すいませんなんかこんな感じで

 隅内
 メンバーがどうやったら輝けるか、試行錯誤している
 皆さんに協力してもらって作っていく

 藤井
 今後も良い所は残し、悪いところは変えていく、
 (とはいえ)間を取りすぎて中途半端にならないように真剣に考えていく
 今までのメンバーが好きだったからもう来ないという人にも、
 また来て欲しい、楽曲は残っている

 質疑応答
 Q:生写真のサイン・コメントが読みにくいのでペンを変えて欲しい、
  生写真のサイン率が落ちたが、メンバーの負担になることなので増やせとはいえないが、
  2部制のイベントの際に1部と2部で写真が変わると(客側の)負担が大きい、
  発売スパンを考えて欲しい
 A:(藤井)1部と2部で分けるのを辞める(撤回して、検討することに)
  それじゃない方がいいっていう人もいるか…どうするかなー、
  ちょっと時間をください、来週には。
 Q:古溝さんがかわいくなっているんですが、どうしたんですか?
 A:(藤井)激痩せしたらしいです
  (古溝)ちょっと痩せました、年末から頑張ってます、頑張ってる途中です

続いて、メンバー登壇の流れでステージ上の机等の撤収に時間が掛かる
校長もトイレに行ってしまい変な間が開いたので、近藤氏がマイクを持ち
「校長はあーゆー人なので、ダボとか爆発しろとか言っていますが、
 ぼくとかりそめで止めていきたいと思います」(意訳)

◆メンバー登壇
 1人ずつ新しいエビ中、今後についてのコメント
 最後にバタフライエフェクトを披露
 校長の終了コメントで、星名さんが「ごきげんよう」で〆ようとしたところで、
 柏木さんが「ばいばーい」と大きな声で言ってしまい妙な空気に、
 星名さんに柏木さんが「ごめんなさい…」と謝る
 改めて「ごきげんよう」で〆て初めてのサブ主総会は終了

メンバーのコメントはメモってませんでした、すいません

*1:ちなみに販売されていないはず

*2:ももいろクローバーZのFC「Angel Eyes」