ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学について書いています。

私立恵比寿中学楽曲大賞2013

去年に引き続き、今年も2013年のエビ中楽曲大賞を勝手にやることにしました。
ノミネートはこちら


ただ単純に個人的な好みのランキングなので、何の権威もなければ
何の参考にもなりませんがとりあえず今年もやります。

楽曲大賞
1位「誘惑したいや」
(1stAL「中人」収録)
 
1stアルバム「中人」からいち早くライブで披露された曲で、
最初に見たのは代々木野外のイベントでしたかね。
とにかくこの曲が良くて、見るたびに目が潤み続けて早半年ですが、
たぶん一番今年聴いた曲です。
がきデカみたいな振りとか、Cメロが長いとか色々とありましたが、
曲の長さすら気にならないくらい好きな曲でした。

関連記事:されるがままに誘惑されて - ちょっといいたいだけ

 
2位「踊るガリ勉中学生」
(3rdSG「梅 初回生産限定盤B」収録)
 
この曲、曲も良いけど歌詞も良いんですよね。
作詞作曲編曲全てを天才、杉山勝彦氏がやってるからもうそりゃそうなんですけど。
眠気覚ましにコーヒーと洗濯バサミっていうのが何回聴いても凄いなと思っています。

メンバーに関しては、もう歌いだしの美怜ちゃんにつきますね、
美怜ちゃん自体にガリ勉のイメージはないんだけど、
このガリ勉中学生の物語の主人公は彼女以外にはもう考えられないかも。

関連記事:ガリ勉は最高 - ちょっといいたいだけ

 
3位「大好きだよ」
(3rdSG「梅 初回生産限定盤A」収録)
 
「梅」のシングルは3形態共に「M03.」の曲が良くて、
「梅」と「頑張ってる途中」って何だったんだよっていう感じもしましたが、
「頑張ってる途中」はいい曲ですね。

この曲については可愛さと切なさが凄い。

関連記事:大好きでも 緊張しちゃって動けない - ちょっといいたいだけ

 
4位「U.B.U」
(5thSG「未確認中学生X」収録)
 
池ちゃん楽曲はパート割りが秀逸というか、
個性を殺さず、遊びに走り過ぎずという感じでとてもいいですね。

池ちゃんその他の永中スタッフとも2年目の付き合いとなって、
より双方のいいところが出るようになった感じがします。
「頑張ってる途中」の時に感じたストレート過ぎるメッセージ性を
アルファベットで「U.B.U」というオブラートに包んだ
メッセージと世代感でさらにいい組み合わせになったのではないかと思います。

関連記事:胸の高鳴り感じたから、君に伝えるよ - ちょっといいたいだけ

 
5位「サクラ・ゴーラウンド」
(4thSG「手をつなごう/禁断のカルマ 初回生産限定盤ポケモン盤」収録)

世界の普遍性を歌った曲、個人的には「手をつなごう」よりもやっぱりこっち。

関連記事:季節はめぐってまたサクラ - ちょっといいたいだけ

 
真面目に選んだ結果、ネタ曲一切なしになってしまいました。
これ全然面白味がない選曲ですね…。
5曲に絞ったら、「Lon de Don」も「Another Day」も
「中人DANCE MUSIC」も選から漏れてしまいました。
今年の夏は「誘惑したいや」と「Lon de Don」の夏だったと言っても過言ではないです、
夏の楽しかった思い出の多くに場面にだいたい「Lon de Don」がありました。
「使ってポートフォリオ」「Thanks! Merry Christmas K」は
ちょっとバタバタしてる感じがして、楽しさよりもそっちが勝ちましたね。

表題曲あんまり得意じゃない派なのですが、
「禁断のカルマ」は「誘惑したいや」とは別のベクトルに
グッと女を出してきた曲で、まさに新境地だったのではないかと思います。
「未確認中学生X」も振り付きで見れば楽しい曲ですが、こちらも選からは漏れました。
 
____
 
今年は去年の分も含めてユニットアルバムが3枚出たので、
ユニット部門を勝手に作りました。

これが個人で勝手にやってることの利点ですね。
 
ユニット部門
 
神さまの言うとおり / フリンデルガール
・たそがれシアター / 鈴木さん安本さん
・友情ラブレター / Postgirls
 
ユニットの曲でいったらこの3曲になりますかね。
こちらは結果的に全曲鈴木さん曲になってしまいました。
中でもぶっちぎってたのはやっぱりフリンデルガールで、音源が出るまで
焦らされたっていうのもこの選曲基準に大きく影響を与えているようには思います。
その他、歌いだしでいえば「アタリメ」がかなり良いんだけど、
曲全体としてはそこまでじゃないという感じ。
安本、真山、星名の3人のソロは各人の味が出ていて良かったと思います。
あえて順位はつけませんでした。

以上、私が選ぶ「私立恵比寿中学楽曲大賞2013」でした。