ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学について書いています。

20131020 私立恵比寿中学オータムデフスターCOMECOMEツアー2013 〜デラックス・ジャム・ジャンボリー・ネオ〜(Zepp Tokyo)

20131020
私立恵比寿中学オータムデフスターCOMECOMEツアー2013
〜デラックス・ジャム・ジャンボリー・ネオ〜」
東京 Zepp Tokyo

1部 未確認中学生ミズクロップス / 創世
2部 未確認中学生ホークリカ / 飛翔

朝から結構な雨で毎度のことながら困りますね。
朝起きたらもう結構な人がZeppにいて何事なの?と思いましたが、
鈴木さんの生誕イベントの写真ということで納得。
写真を集めてる皆さんは本当に大変ですね…。

写真を買う予定もありませんでしたので、ゆるっとしてましたら、
ギリギリの時間になりましたので家を出ました。
まあ、お台場遠いんですよね。
とはいえ行きます、今回のツアー行けるのここだけなので…。

現地に到着したのは11時過ぎ、開場時間を
前に1時間間違えてたことを知ってガックリ。
ビーナスフォートで時間を潰して開場後に入り口に向かうと
改装中のMEGA WEBに人がびっしり。
天気が悪かったらこうなりますよね。

呼び出しが1000を超えてもまったく人が減ってない感じでした。
MEGA WEBにもまだまだ人がいました。

観覧車下の階段で雨をしのいで
1部は2階席だったので、2000番呼び出しとともに入場。
2階から下のフロアを見たら地獄にしか見えなかったので
なんだか悲しくなりましたが、数時間後にはあの中で
生き延びなくてはいけないということで、
とりあえず1部はいい環境で楽しもうと思いました。

2階は段差がついてるんだから立たなくても見えるのに
皆さん立つんですね…。
ため息をひとつふたつついて立ち上がりました。

終盤まで隣の席が空いてたんでゆったりめで見てました。
曲間繋ぎの演出も、グループMCも良かったですね。
喋る気があまりない子は笑ってるだけになってたりもしましたが。

1部はセットリストも良くて苦手な曲以外は楽しく見れたので、
双眼鏡持ってくればよかったなと思うくらい穏やかに見れました。
これは2部では心が死ぬなと思って暗い気持ちで一旦会場を出ました。

1部にいた知り合いは大体2部に入らず帰ってしまったので、
2部の開場まで1人で雨を避けて震えていました。
入場の呼び出しが250番くらいまでに10分かかっていたので、
2500を超える私はアンコールくらいしか見れないのでは?
と思いながら呼び出しへ待機をしていました。

実際には500超えたら倍速になり、
1500超えるとマッハの進行になったのでするっと入場できました。
下手の入り口から入って、中盤くらいの位置で
視界の比較的いい状態で見れました。

2階席は環境がいいんですが距離が遠いので
表情とかまではやっぱり見にくいわけですが、
2部は表情もわかるくらいの距離で見ることができたので、
それはそれで楽しめました。

特に問題なくホークリカのくだりも衣装も
見ることができましたので、全人類に感謝です。

諸々の曲繋ぎの部分についてとか、整合性を上げたいので、
ちょっと情報を集めていきたいと思います。

1部の終わりで2部を見たら心が死ぬかもと思っていたのは
結果的に憂に終わって、2部も楽しかったです。
ロックリーもあったし、エビーダダもあったし。

噂では多少荒れてた場所もあったそうですが、
直近で出禁が出たばっかりだし、そもそもエビ中主催のイベントでは
飛び抜けた厄介よりも、数の暴力の方がいつも目立ちがちですね。

2階のステージ寄りから校長がずっと見てたのは
結構な圧力になってそうでしたね。

これまでもそんな感じでしたが、
今回は世間に広く知られる形で出禁の言渡しがあったことや、
細かいルールの設定が増えたことを宣言してたので、
自重する人も多かったんでしょうかね…。

個人的にはルールが増えて良いことはないので、
増やさないでほしいんですが、もう仕方ないですね。
本当は問題に個別で対応して欲しいんですけども…。

※一部加筆修正

http://seesaawiki.jp/ebc/d/20131020