ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学について書いています。

今年も夏が終わりますね(改訂版)

東京MXTVで放送されている「永遠に中学生(仮)2」が、
9月末をもって予定通りの終了ですね。
去年同様、今年も2クール楽しませていただきました。

来週の9/25分の放送を持って終了ということで、
今週分の放送で5thシングルに収録される池ちゃん曲も
これまた去年同様のレコーディング風景と共に放送されました。

タイトルは「UBU」、さらっと聴いた感じではかなり良さげでした。
また振り返って聴いたら何か書きたくなるかもしれません。

去年は「頑張ってる途中」の発表後に、千住緑町商店街でお世話になった
皆さんとのCM撮影、1回だけの千住緑町CMがOAされるなどの余韻がありましたが、
今年は一気に最終回になってしまいますね。さみしいですね。

とはいえ、毎週楽しみだった「永中」が無くなることに、
去年ほどの喪失感がないのは、これは個人的にですが、
文化放送のレギュラー番組「放送部」があるからだとは思います。
こちらも番組の解説を読むところによると1年間の期限付きみたいなんですが……。

でも、なんならTVもキー局での番組がはじまっても
おかしくないなという感じがしたりもしてるくらいエビ中も売れてる感出てますね。

「永遠に中学生(仮)」、「永遠に中学生(仮)2」共に、
堅めの題材を、池ちゃんとマネキン先生、エビ中メンバー達の
雰囲気であまり堅苦しさに陥ることもなく進行してきたと思います。
今年の初期は「夢」をテーマにやってたと思うんですが、
いつの間にかフェードアウトして、レクリエーション要素が増えて行ったのは、
去年の社会科見学から徐々に地域活性に流れて行ったのを彷彿とさせました。

結局、メンバーが楽しそうになんかやっているのが見たいんですよね。

ロケとショートネタコーナーで作る番組に関しては、
正直これ以上のものは出来ないと思っています。
この1年半(休止期間の半年を含む)の
エビ中池田貴史、マネキン先生に構築された人間関係がなせる業です。

去年に引き続き行われた、池ちゃんの仕事場訪問を見れば良くわかると思います。

となると、エビ中が他のスタッフと番組を作るなら、
歌とコントの往年のアイドル番組をここで復興させて欲しいな思います。

ミニゲームみたいなものは「らんど」でやっていますし、
ここは是非とも作り込んだ物を見せるものがほしいです。
永中に関しては、半年という時間を使って方向性の模索から、
最終的にはいくつかの作りこまれた企画*1を行い、最後に池ちゃん曲で
〆るという流れが見えていますが、これは番組自体の作り込まれ方で、
ひとつひとつのものへの作り込みは緩いです。*2

しっかりとスタジオで撮ったの歌とミニドラマやコントを見たいんですよね。
逆にしっかりとしたドラマ出演なんかがあってもいいんですけど。
そういった意味では、これからはじまるツアーも日程は週末に固まってますし、
今後もそういう形式になっていくと思われます。

ロケは永中、ゲームはらんど、残るは歌と演技でしょう。
早く何処かの地上波キー局が乗り出してほしいものですね。

個人的には3年ぶりくらいのエビ中を見ない1か月を過ごしています。
そんな感じで、インが無いのでアウトも無いです。
また今年も楽しかった夏が終わります……。

*1:前回は緑町商店街の町興しCMの制作、今回は立川ステッカーとうどCMの制作

*2:去年から今年で「○○音楽」も減ったのは残念、実際は同じものが一定回数繰り返し流れていたとはいえ、あの感じが好きでした