ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

ちょっと足りないくらいが丁度いい

私立東京エビ流中学を見に行きました。

整理番号は天文学的数字だったので、自分の番号の待機列は
入口から遙か彼方に離れた場所に作られていました。
そこから遠くに見えるBLITZを見ていると、絶望感でだいぶ泣きそうでしたが、
集合・開始の時間が普通に働いていたら厳しい時間帯だったのもあるのか、
入場がはじまると結構なスピードで列は進んでいきました。

ちなみに私も普通に働いてはいます。

私が入口のたまりにたどり着いたのは、当然もうだいぶ後半になります、
途中まで入場は10番区切りで呼び出されていましたが、呼んで入っていくのが
その半分くらいの感じでしたかね。
自分の番号の前くらいになると、呼び出しは20番区切りになってました。

ざっくりとした本人確認を受けて、3000円を払って入場。
入口でドリンクチケットとCDを受け取りましたが、たまたまソニーの森さんでした。
顔を見て、笑顔で「あ、どうも!」と言われたので、やっと森さんから認知をもらえたみたいです。
森さんに認知をもらった感動で、小さくガッツポーズをしながらドリンクを交換して入場。
会場内はまだ後方には結構余裕がある感じでした。

ぐるりと手すりのあるところを探しましたが、そんな番号ではないので、手すりは無理。
そりゃそうですよねっていうことで、だいたいいつもの下手寄りに陣取ってはじまりを待ちました。
会場内では既に女子流とエビ中のMVが交互に流れていたんですが、
ここでは女子流のMVの画質に圧倒されてました。なんでエビ中のMVこんなに画質悪いの……。
これはまあ元の画質もそれほどでもないというか、そもそも微妙なフィルターが
良くかかっているので仕方ないという部分と変換にミスってるとしか思えない感じのところもありました。

それにしても女子流の曲はどれもこれもすごいなーと思って聴いてました。
「サヨナラ、ありがとう。」のMVで感情がぐわっと押し寄せて来てたんですが、
まあリズムにだけのってそのまま見てましたけど。いい曲だな。

1周回ったのか良くわかりませんが、仮契約のシンデレラのMVの終わりで、
iPhoneに脚つけて校長が入ってきて場内のUstがはじまったのかなってところで、
権利にうるさいでお馴染みのディズニーのエレクトリカルパレードに乗り、
私立東京エビ流中学のメンバー登場。
軽く挨拶して一旦全員ハケて、改めてebitureで入場してきたエビ中が先。

フロントに立ったりななんが腕をクロスして「禁断のカルマ」からスタート、
カルマの最後センター真山で終わるので、そのままのポジションで「大人はわかってくれない」へ。
普段だとセンター後列から前進して歌い出すところをはじめから前列で。
カルマの最後か大人の最初のフォーメーションを今回用にしてるんですかね。良くわかりませんが。
そして、大人終わりで「約束」に。約束も曲間のフォーメーション移動無しでスタート。
曲間に暗転自体はしたものの、色付きの明かりが差してたので、ポーズもカッコよかった。

MCと給水を挟んで「おんなじキモチ」のカバーを。
件のぁぃぁぃがセンターで他のメンバーが左右に開くところは数の迫力がありましたね。
曲の終盤女子流メンバーも入ってきてLet's get together nowでした。

カバー含めて全部で4曲、物足りなさを残しつつエビ中パート終了。

ebitureでの入場から3曲立て続けにやったエビ中とは対照的に、
まったりと女子流はスタート、まずは1曲目にやる新曲の「運命」についてMC。
運命のMVは山邊さんの背中が凄いらしいんで、とにかく見ろと。
「ふたりきり」は多分初めて見た、「Attack Hyper Beat Pop」はタオルなんだね。
そして、「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」のカバー。
エビも最後出てきて、全員でヘドバンやってました。
大サビやってるぁぃぁぃとかは普段やらない振りをできて楽しかったみたいですね。
フェンダーギブソンはエビのを使ったそうです。

ゆび祭り以来の女子流でしたが、毎回見るたびに良かったなーと思います。
曲がやっぱりどれもこれもいいのはすごいとしか言いようがない。
エビの楽曲の良さとはちょっと質が違うんですけども。

みんな出てきて「誰もが知ってる曲を」ということで、SMAPの「世界に一つだけの花」を。
これはとにかく安本さんの歌い方が良くて、声自体は全員(14人)のユニゾンだから
特にどうこうっていうのは無かったんだけど、とにかく幸せそうな感じで。
普段はやっぱり振付もあるし、なかなか立ち止まって歌ってることも少ないので、
余計にちゃんと見てしまったとこをはあるかもしれないです。
最後はぐるぐる回ってましたけど。

なんかさんざん聴いたような気もするんだけど、後半歌詞が全然わからなくて、
どうでもいいけどなんか衝撃を受けました。SMAPの新曲も同発なんだってね。

最後に一人一人感想を言ってイベントは終了。
お見送りハイタッチをして退場。

最終的には客の入りもそこそこで押したりなんだりもそれほどじゃなかったのかなと思います。
全体でいえば、カバーで1曲ずつ交換したのと「世界に一つだけの花」を含めても
9曲で約1時間でホントに物足りない!と思ったけど、このイベントに関してはそれが丁度良くて良かった。
どちらのグループも新譜の販促イベントとは思えないセットリストでしたが、
楽しい気分で会場を後にしました。

エビのUstが下手、女子流のUstが上手からの映像だったので、
ずっと下手から見てた私は女子流の方のUstが結構新鮮に見られました。
今回のUstについてはエビも女子流も画質アレだったのですが。
あとは女子流の方がベースブリブリのイメージがあるんですが、
エビの方が低音効きまくってて、振動すごかったです。