読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

ステージから飛び降りる為のエッシャー・パラドックス

中野サンプラザが終わって今年のエビ中、残すは地方とお台場合衆国となりました。

今回の中野サンプラザでのコンサートは、途中から舞台をアイドル原始時代のジャングルに移して、その時代で巻き起こる事件を歌とダンスで乗り切るというSFでした。
その導入部分にあった、謎の穴に飛び込むという演出について思ったことについてまとめていきたいと思います。
全体のライブレポについてはナタリーを見ていただき、ライブ自体の感想についてはどなたかのブログをGoogleで検索してください。

この穴に飛び込むという演出をキッカケに舞台を「アイドル原始時代」に移し、原始のジャングルでそこに住む原住民(GENJUMIN)や無関心地蔵とのエピソードをつないで行きます。
そこに至るまでの流れとしては、スタートからの3曲を歌い終わり、いつものように自己紹介MCへ。MCも終わり、次の曲へと行こうとしたところで、もちが「気になることがある」と言い出し、瑞季に「それ今じゃなきゃダメなこと?」とたしなめられるも、どうしても気になるらしく、軽く無視して「ステージの一番上に穴が開いてるの!」と続ける、安本さんが「わたしもきづいたよ!」といってみんな穴を見に階段を登る。この段でメンバー間の温度差が立ち位置に出て、穴を除き込み降りてみたい衝動に駆られるメンバーと冷静なメンバーに別れる。
発見者のもち、安本さん、ぁぃぁぃあたりは興味津々、ほしなみちゃんは面白そう!って様子を見ている感じだろうか?なっちゃんは「怪我したらどうするの?」「やめた方がいいよ!」と否定的。
降りてみようかどうしようか?というところで、突然先陣を切ってひろのさんが「鈴木いきます」と言葉を残して飛び降りる。そこからは続けとばかりに安本、廣田、星名、柏木、松野と次々降りていく。そして残った中4組と杏野。
なっちゃんの中4組に対して「どうする?」という問いかけ、「みんな行っちゃったし」と流されるように飛び込む瑞季。もうこうなったら仕方ないなという感じでなっちゃんも続き、最後残された実は一番びびりで高所恐怖症の真山が意を決して飛び込む。そして、降りていった先にはドラえもんスタイルのタイムマシンが。という感じ。

最近は春頃の安本さん並みにひろのさんが都合よく使われていて、ひろのさんはそこを100点でこなしているので、非常に伝わりやすい。
ひろのさんが最初に穴へあっさり飛び込むというのはすべての人に何らかの感想を持たせるという意味で巧い使い方だと思う。
その後に続く安本さんは穴を発見してたので中が気になって仕方ないはずだから、早く飛び込んでみたいけど…というところでひろのさんが先に行ったので「あ、行ってもいいんだ!」ってところだろう。嬉々として飛び込む。
ワクワクしながら覗き込んでたぁぃぁぃはあやちゃん行くなら楽しそうという感じでここはコンビで降りていく。
流行りに乗り遅れたくないほしなみちゃんは、ちょっと待ってよー!って感じだろうか。この辺りのタイミングで飛び込んでいった。
そして、調子に乗るけど意外とびびりなもちは何人か降りていったことを確認して飛び込み、りななんは目の前のもちが降りていったことにつられて飛び込む、そのタイミングもちょっと食い気味なくらいで。
結局「危ない」「ヤバい」「やめなよ」といっていた3人が残り、ちょっとどうする?っていう空気になったところで、なっちゃんが中4にお伺いを立てるところは、実際そういう場面ではそういう感じなんだろうなという想像をさせた、ほしなみちゃんなら聞かないで飛んでるだろうな。
そして、瑞季の時の流れに身を任せる感じもイメージだし、やるならやっちゃおう!ってところはなっちゃんらしい。最後に残されて、嫌がるところや追い詰められたら結局やるしかないんだよっていうあきらめで飛び込んでいくあたりは真山りかのリアルだなという妄想が思い浮かぶ。

本来なら、ハイテンションガールなんだから、真っ先に飛び込んでいくくらいの事をしてもいいはずの真山さんを最後に残したり、ひろのさんの雰囲気の使い方、瑞季の事をさらっとスルーして話を続けるもちとか、エビ中首脳会議を思わせる中4組+なっちゃんの会話などを含め、このライブ冒頭部分だけでも最近見始めた人にも面白く、それなりに見てる人は思わずうなづくような内容になっていると思います。

実際はこの後に展開する流れを優先した順番だったのかもしれないし、たまたまこうなったのかも知れないですが、それはどっちにしろ見ている側に一人でもそういう見方をさせたというところに、これまで長い間エビに関わってきた近藤キネヲ氏ならではの演出だと思いました。

この穴に落ちた先にあったタイムマシンの操縦をしてたのが何故かほしなみちゃんで、りななんが何故か用意してたおにぎりを食べるってなった時に「きゃー!」ってなって操縦桿を手放して「みれいちゃん!」って言われてあわてて操縦桿を持つところとか、ホントに名場面だと思いました。

アイドル原始時代でぁぃぁぃが「おいてきちゃったみんなどうしてるかな?」と現代の中野サンプラザへ置き去りにしたファンを思いだしてつぶやいた一言が、見ている客席側とステージ上が別次元になっているんだなという風に捉えられた人がどれくらいいたのか、そして結局現代へは戻ってきていないエビ中はいつ現代に戻ってきてくれるんだろうというところで、考察を終わりたいと思います。

※ちょっと直しました(20121217 16:00)
※BD見たので、瑞季→杏野の順に直しました(20130315 12:45)