読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学についてブログを書いています。

由無し事

20161225

いよいよ何ヶ月も経ってしまいましたが、 新しいことも特にありませんのでまだ書いてなかったのを……。桜エビ~ずの5thライブ、2部に行ってきました。当日まで行けるかどうかわからなかったので、 行けるんなら当日券で入ろうかと思ってたんですが、 たまたま…

思ったことを雑に書きます

2017年2月8日以降っていうのは、 自分が思い描いていた未来とはかけ離れていっている っていうのは動かしがたい事実で、 自分がそれを受け入れられないのかっていうと、 今はちょっと環境的*1に難しいと感じてはいますが、 結局それは時間が解決するものなの…

20161030

さて、本当に時間も空いてしまいましたが、 そこそこ人生が忙しいので仕方ないですね。その忙しさとかなんとかをこじ開けて行ってきました、 桜エビ〜ず4thワンマンライブですよ。 チェルシーホテルって好きなバンドがちょいちょいライブしてるんですが、 な…

あの時の道の続き

諸々人生の事情も重なり3rdワンマンに行けなかったので、 TIFで桜エビ~ずのCD-Rを買いました。TIFも金曜日には行けませんでしたので、 今年は物販で写真も撮れませんでしたね、去年は楽しかったな…。*1 さて、TIF2日目のSKY STAGEから、私のTIFもはじまった…

もう何も思い出せませんが

【FC限定】第9回「エビ中東西サブ職員会議 ~ろくなもんじゃねぇ東の巻~」今回に関しては時間も経ってしまいましたし、 イベントの性質を考えて、メモ全体ではなく気になった部分を ピックアップして個人的な感想をまとめようかと思います。 なんにせよ、今…

20160402

「桜エビ~ず2ndライブ~はるいろ咲乱舞~」に行ってきました。代官山自体も10年ぶりくらいだし、UNITにははじめて行ったので、 駅からの距離感も中の規模感もよく分からなかったのですが、 到着が開場時間のちょっと前になってしまったので焦り気味で向かう…

Limited Edition

今回は映画館なので、上映中はもちろんですが、 ティーチインの最中もメモはあまりとらなかったので記憶に残っている部分で。今回は運よく12/1のれいなゲスト回と12/4真山さんゲスト回を見ることができました。劇場版の内容がわからない時点では、EP3中心の…

今年もファミえん行きます、楽しみです

ファミえん セットリスト比較最後の曲予想は「スターダストライト」です。 願望です。※予想はハズレました!2015年の結果です。 http://d.hatena.ne.jp/iitaidake/20150824/1440409959過去のファミえんについて http://d.hatena.ne.jp/iitaidake/20130728/13…

King of Literary exhibition

King of Literary exhibition http://seesaawiki.jp/ebc/

観劇メモ:SEVEN FILM 第一回プロデュース作品 「VOTE」を見てきました

20150524 SEVEN FILM 第一回プロデュース作品 「VOTE」 東京 下北沢・B1劇場今年も宇野ちゃんの舞台があったので見に行ってきました。 前回、前々回とは違う、新しいプロデュース公演への出演となりました。今回の舞台は、架空の都市エデン市*1の市長選挙の…

2014年の私立恵比寿中学

最早現場に行ける割合が減っているので、 現場の環境変化についてはそこまで大きく感じることはなくなったかもしれません。これは(あくまで自分にとって)環境が悪くなっていないとは思ってはいませんが、 2012、2013と加速度的に変化してきた状況に比べれ…

突然ですがこんばんわ、寒くなってきましたね…

ちょっと昔のメモを漁っていたら、 名作MCの呼び声も高い「メンバーをおでんに例えたら」についてが 発掘されたので、突然ですが転載します。この記事の背景としては、宮粼さんの転校から約1年、 メジャーデビューをして中野サンプラザ公演を迎える前日に ち…

2014年の私立恵比寿中学(夏休み自由研究編)

主演ドラマと新曲が発表されたところ*1ですが、 新編成になってひとつのツアーが終わり、ファミえんが無事終わったということで、 冬の大学芸会11月の横浜アリーナ、神戸ワールドに向けて動き出す このタイミングで、新しい展開が起こる前に私立恵比寿中学に…

選びし者の恍惚と不安のふたつ我に在り

もう今週末はファミえんですね。今年もまたTIFと日程がバッティングしたということで、 好むと好まざるとにかかわらず、選択を迫られることになりましたね。私は別件もあって悩みましたが、今年もファミえんに行くことにしました。*1そんなワケで、ファミえ…

アロッタファジャイナ版「かもめ」を観てきました

20140302 アロッタファジャイナ 「かもめ〜21世紀になり全面化しつつある中二病は何によって癒されるのか、 あるいはついに癒しえないのか、に関する一考察〜」 渋谷ギャラリー・ルデコ宇野愛海さん出演のAチーム千秋楽を観に行きました。前回、宇野ちゃんが…

手探りの世界の手触り

これはちょっと久しぶりの感覚で、今まさに不安と期待が入り交じっているワケです。この不安はどちらかというと彼女達の心配しているのではなく、こちら側の問題。これまでと今、そして近未来の変化にどういう形でついていけるか、 もしかすると「ついていけ…

それは、歪な多面体

物事の今を現す魅力とは実は「らしさ」の対角にあるもの。今、「らしさ」と言われているものは、 メンバーのもつ個性、グループの集団としてのらしさだともあまり考えにくく、 楽曲や打ち出された戦略に向けての言葉だと思っているところがあって、 「らしさ…

点と点と点と線と線と線とその角度

点と点が繋がると線ができて、 点と線、線と線を繋ぐと角度ができる。その角度が急だったり緩やかだったり 更に繋がったり、捻れが生まれたりする。一瞬の出来事では作られないその繋がりだったり、 角度や捻じれに一喜一憂して行くことが楽しみなのです。そ…

全力の影響下の世界

これはそもそもそういう視点では見ていなかったものが、 周囲の変異によって変化していく中、その変化へ傾倒していく新しい 色々な存在に対してなるべく固有名詞を使わないようして思ったことを まとめようと思ったんですが、結局うまいこと行かなかった例で…

ぼんやりとした光の向こう ステージ上1センチの世界

その分と言っては何ですが、普段なかなか見れない、 いろんなものを見る機会がありました。 そこで普段と違うステージを見ていて、 ぼんやりと頭に浮かんできたことがありました。 それは、自分が「アイドルに求めているものは何か?」です。ここからは本当…

チケットと謙虚な心

最近思うことは去年の秋以降、爆発的に人が増えて、 これまでそれほどアイドルに興味がなかったような人や、 距離感が違うところから来ている人が増えているのかなっていうことです。 そういった人はやはり早くその場に馴染みたい、 (自分も)早く楽しみた…

自己紹介の歌も発表されたエビ中ですが、あなたから見たエビ中メンバーの紹介をお願いします

2011年10月の10人エビ中について、 当時はやっていた質問サイトで質問に答える形で書いたものです。 この直後にれいなが転校することになるんですよね。 今にして思えば短かった10人エビ中の自分なりの分析というか。 「もっと走れっ!!」が披露されたか、…