ちょっといいたいだけ

主に私立恵比寿中学について書いています。

楽曲

それはまるでベストアルバム

私立恵比寿中学の5thアルバム「MUSiC」を聴きました。既発曲が3曲*1、発売前にMVが出てたものが3曲*2、 以前からライブでやっていた「日進月歩」*3、 フラゲに合わせてMVが配信された「元気しかない!」と 12曲中8曲が音源を聴く前に触れることができたわけ…

泣けちゃう夜もあるよねっつー話だよね

いい時期にいい曲がもらえたなという風に感じてるんですが、 世間的にはそうでもないんでしょうか?よくわかりませんが。楽曲的なところでいえば、オケは結構壮大というか、 派手目な仕上がりですが、曲自体はミドルテンポで結構地味目だなっていう印象でし…

意味と無意味と始業のチャイム(仮)

「金八」発売されましたね。 フラゲ日に受け取れず、発売日には受け取れたものの とりあえずBDを見ただけで寝ました。 そんな感じで昨日やっと一通り聴けました。BT*1に載ったかりそめ氏の製作記を読んで、 さらに何周か聴いたところで書いています。 歌詞カ…

私立恵比寿中学楽曲大賞2014 ノミネート曲一覧

20141215現在■バタフライエフェクト(20140604発売) ・バタフライエフェクト ・アンコールの恋 ・幸せの貼り紙はいつも背中に (初回生産限定ヨーデル盤) ・ラブリースマイリーベイビー (通常盤) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83…

「負けたくない」から「絶対負けない」

今回はシングルをひと通り聴きまして、「涙は似合わない」は、 8人版の「Go!Go!Here We Go!ロック・リー」*1だなという風に思いました。ロックリーの歌詞は努力や根性にフォーカスを当てた、 「NARUTO -ナルト-」のキャラクターであるところの「ロック・リー…

夏が始まるから 君に会いたくなったよ

今回のシングル*1について、とりあえず全曲フルで聴けましたので 簡単な感想をまとめておきたいなと思います。メジャーデビュー後続いてきたシングル毎に新曲5曲という流れが一旦終わり、 今回は4曲の新曲となりました。*2これまでのシングルに敢えて用意し…

私立恵比寿中学楽曲大賞2013

去年に引き続き、今年も2013年のエビ中楽曲大賞を勝手にやることにしました。 ノミネートはこちら ただ単純に個人的な好みのランキングなので、何の権威もなければ 何の参考にもなりませんがとりあえず今年もやります。楽曲大賞 1位「誘惑したいや」 (1st…

私立恵比寿中学楽曲大賞2013 ノミネート曲一覧

20131212現在■梅(20130116発売) ・梅 ・頑張ってる途中 ・パクチー (初回生産限定盤A収録) ・大好きだよ (初回生産限定盤A収録) ・踊るガリ勉中学生 (サブカル/通常盤収録) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%85_(%E6%9B%B2)■エビ中のユニットア…

胸の高鳴り感じたから、君に伝えるよ

今年も「永遠に中学生(仮)2」から「頑張ってる途中」に続いて、 池田貴史曲が届けられましたね。今回は作詞にマネキン先生も入ってる。 個人的にはこの2人に対する信頼感は絶大なものがあったりします。今年の永中曲「U.B.U」について思うところを書いてい…

スターダストライト -stardust light-(加筆修正/改題版)

※201210に書いたものへ、再度加筆を行いましたので、別エントリにしました私立恵比寿中学のセカンドシングル 「Go!Go!Here We Go!ロック・リー/大人はわかってくれない」 ロック・リー盤に収録されている「スターダストライト」という曲について、 思うとこ…

されるがままに誘惑されて

2013年7月24日、代々木公園野外ステージで行われた、 オリジナルファーストアルバム「中人」の発売記念イベントで 「誘惑したいや」の初披露を見ることができました。ラジオでの音源では良く聴くことができなかった 転調から先の展開についてはフラゲ日にア…

音源と映像から読み解く「手をつなごう」

先週は放送部で音源も流れて、今週はFC向けにMVの披露というわけで、 ライブ以外での「手をつなごう」が手元に届き始めました。まずは音源で聴くと、曲の冒頭にある柏木ひなたのアカペラは、 初めて聴いた時に感じた、荘厳すぎる感じが薄れていて、 よみうり…

季節はめぐってまたサクラ

もうポケモンのEDでの放送は終わってしまいましたが、 「サクラ・ゴーラウンド」っていいですよね。 何がいいって、極端なことをいえば何も歌ってないのが何よりいい。 そう言ったら怒られるかもしれませんが、そこがいいと思っています。何も歌っていないと…

君の手をつなぎ返せないいくつかの理由

最初に断っておくと、曲は往年の小室哲哉を彷彿とさせる感じ*1が 全然いい曲だと思っていますし、後述しますがその今気になっている歌詞も 理由がわかれば腑に落ちるという感じです。さて、特にあえていう必要はない事ではありますが、 これは言わないと死ぬ…

普通じゃない女の子たちからの禁断のアンサー

TX系ドラマ「ヴァンパイアヘヴン」のOPと、 QR「私立恵比寿中学放送部」で、新曲「禁断のカルマ」が一部流れました。 この曲についてはまた新しい挑戦だなと思います。さて、この放送で「禁断のカルマ」の歌詞についての全体像が ざっくりとわかってきたとこ…

まだまだいろいろ勉強中、そう頑張ってる途中

インプットが無いのでアウトプットがなかなかできない状況ですが、 「頑張ってる途中」について思うところがあったのでまとめてみたいと思います。「頑張ってる途中」凄くいい曲だし、それぞれのパート割についても適材適所で 文句の言いようもない。という…

ガリ勉は最高

ほしなみちゃんが世界の真ん中なのは 皆さんご存知の通りだという前提で話を進めます。この「踊るガリ勉中学生」におけるほしなみちゃんは正に主役のガリ勉役、 最初の「ガリ勉最高!」から「生まれた理由」「愛とはなんなのか」を 知りたいと叫ぶところまで…

大好きでも 緊張しちゃって動けない

「大好きだよ」に思う、そもそもこの歌詞のような恋愛観で生きてるので 歌詞についてはもはや疑う余地がないんですが。確か真山さんが「これまでのエビ中の恋愛ソングは 片想い・失恋ソングばかりだった(意訳)」と言ったのですが、 この件は「どしゃぶりリグ…

ebiture

ebiture 作詞作曲:前山田健一 歌詞 スターダストの スターダストの スターダストのエビ中です (ファーストシングルのツアーでは「デフスターの」と歌った場合もあり、振りが違う)新ebiture 作詞作曲:ヤナガワ タカオ(フレ!フレ!サイリウムアレンジ) 歌唱…

私立恵比寿中学楽曲大賞2012

2012年のエビ中楽曲大賞を勝手にやることにしました。ノミネートはこちらメジャーデビューシングル 「仮契約のシンデレラ」 ・仮契約のシンデレラ(3形態共通) ・放課後ゲタ箱ロッケンロールMX(c/w 3形態共通) ・揚げろ!エビフライ(c/w 初回限定エー盤) ・歌…

永遠に中学生

「永遠に中学生と私」今となっては肩が組めない人間には ちょっとツラい曲になってしまいましたね。 まあ、そんな人間は少数派なので問題はないですが、 私はあんまり肩を組まないタイプなのでそっとしておいてください。*1そう考えると「永遠に中学生」とい…

売れたいエモーション!

「売れたいエモーション!と私」この曲は今でもイントロで心が躍ります。当時、歌詞が若干ゲスいなと思ったりもしましたが、 星名さんが「売れてお金持ちになりたいな」っていうの、 当たり前じゃない?売れてお金持ちになるべきじゃない? っていう感じです…

もっと走れっ!!

「もっと走れっ!!と私」途中にコントというか、セリフが入るのは どしゃぶり以来の感じでしょうか、こちらは完全にコメディですが。 白組放送委員と紅組放送委のやりとらないやりとり、 バックに流れるのは「天国と地獄」、こういう引用が多かった季節 のよ…

ご存知!エビ中音頭

「ご存知!エビ中音頭と私」もち(柏木ひなた)が育ってしまい、 もち神輿が出来なくなると共に披露されなくなった曲という印象です。 とはいえ、何年もファミえん *1 くらいでしか やってなかったような気はします。地元の偉い人の挨拶とセットで。 自分が…

オーマイゴースト?~私が悪霊になっても~

「オーマイゴースト?~私が悪霊になっても~と私」ティッシュ*1の次にこの曲が来たことについては、 もうこれはこれとして楽しむしかないんだなー っていう感覚にはなりましたね。実際、2011年は年始早々に 「チャイム/どしゃぶりリグレット」*2が発売され…

エビ中一週間

「エビ中一週間と私」楽しい。ただ楽しい。たぶん、初めて聴いたのはClub Asia*1だったように思いますが、 音源自体はちょっと前に聴けてたのかな? もう昔の話過ぎて記憶が曖昧です。*2個人的にも、自分の周囲の世間的にもこのシングルでは、 「エビ中一週…

ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜

「ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜と私」この曲が出てきた時には、 「あぁ、こういう感じなのか……」と思いました。 面白い・面白くないで言えば、面白いんだけど……っていう。「ティッシュ」という単語に下世話なものを感じてしまうのは、 完全にこちらの問…

どしゃぶりリグレット

「どしゃぶりリグレットと私」この曲といえば、やっぱり柏木さんなんですけど、 加入して最初のシングルでこのポジションをやるっていうのは、 当時にしてみてもすごいことだなと思っていました。繰り返しになりますが、当時はのパート割は、 歌えるメンバー…

チャイム!

「チャイム!と私」このCDが出る頃といえば、 開催されるほとんどのイベントを見に行く感じになっていました。それは基本的には隔週で週末の都内で開催という、 こちらにあまり無理がなく単純に見に行きやすかったことも あったと思います。ただ、1枚目の「…

えびぞりダイアモンド!!(okadada remix)

「えびぞりダイアモンド!!(okadada remix)と私」えびぞりダイアモンド!!のカップリングは えびぞりダイアモンド!!のokadada remixということで、 バックトラックが気だるい感じになってます。「スターダストのエビ中です」から始まるこのremixは、 必要以…